湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

これ以上出っ歯を進めない!出っ歯防止方法とは?

出っ歯を防止するためには日常生活を改善しましょう


出っ歯を防止するためには、日常生活のちょっとしたことを改善していくことが必要です。

口呼吸をやめたり、舌で歯を押さないように注意したりすることで、出っ歯の進行を防止できます。

ただ、根本的な解決を望むのであれば、歯科医院を使うと良いでしょう。

歯科医院の先生に相談すれば、出っ歯を最適な形で治療していく計画を立ててくれるはずです。

口呼吸は出っ歯になる原因のひとつです

出っ歯を防止したいなら、まずは口呼吸をしないようにした方が良いです。

口呼吸をしてしまう方は、外気を取り込もうとより大きく口を開けて呼吸してしまいます。

そうなると、より出っ歯になりやすいと言われています。

鼻呼吸に比べて、口呼吸はリスクも大きい呼吸方法なので、起きている間は鼻呼吸にシフトできるようにしてみてはいかがでしょうか。

ちなみに、口呼吸を続けていると外部からの悪影響を受けやすくなります。

ウイルスや細菌の侵入も多くなるので、病気にもなりやすくなってしまうと言えるでしょう。

もちろん出っ歯には関係ないと思う方もいますが、口呼吸は色々な弊害を生むものなのです。

ただ、寝ている間は自然と口が開いてしまうことも多いです。

これに関しては仕方ない面もあるでしょう。

近年は対策用のグッズも多く販売されているので、それと合わせて利用していくと良いかもしれません。

口呼吸は出っ歯をより加速させてしまいますし、何より周りの人から見ても見た目が悪いと言えるでしょう。

口を閉じていれば見えないのに、口呼吸だと口が開いてしまうので、人に見られることも多くなります。

それは精神的な負担にもなり、ストレスも溜まりやすくなるでしょう。

もちろん、ウイルスや細菌によって肉体的にも病気になってしまうかもしれません。

舌で押すクセがある人はやめましょう


出っ歯が気になっている方は、つい舌で歯を触ってしまっているのではないでしょうか。

舌を普段収納しているスペースではなく、前歯の裏側に置いているという方も多いです。

そうなると、徐々に舌が歯を押してしまって、より出っ歯になると言われています。

「そんな、歯で押しただけで出っ歯になるわけない」と思っている方も多いですが、長年その生活を続けていると、実際に歯が動くケースもあると言えます。

歯で押している間は気づきませんが、毎日のように押していると気づかないうちに歯が動いてしまっているのです。

対策したいという方は、舌を意識的に正常な位置に置くことをおすすめします。

本来、口を閉じているとき、舌はどこに触れているでしょうか。

前歯とか下顎という方は要注意です。

本来は上顎に付いているのが自然な形となります。

出っ歯を舌で押してしまっている方は、意識的に触らないようにしてください。

また、舌を使いすぎると歯にさらなる影響を与えることも考えられます。

現代人はより骨格も昔の人と変わってきているため、出っ歯になりやすい人も多いと言えます。

生活習慣も大きく関わっているので、自分で歯を動かしてしまうことのないようにしましょう。

歯並び矯正で正しい位置に戻すのが効果的です

出っ歯をこれ以上悪化させないためには、歯並び矯正をするという方法もあります。

歯列矯正を行っている歯科医院はたくさんありますし、専門的に扱っているところも多いです。

そういうところに相談すれば、出っ歯の進行を防止することが可能だと言えるでしょう。

そのまま放置していても根本的な解決にはなりません。

出っ歯は「もうこれ以上進行しないだろう」と思っていても、実は徐々に気付かないように動いていると言われています。

人によって違うので一概には言えないですが、出っ歯は確実に進行するものなのです。

また、一度歯が前に突出すると、飛び出た部分に空きができるため、そこに他の歯が入り込んでくることもあります。

数年かけて移動してくるのでわかりにくいですが、数年前よりも確実に歯が前に出ているという方もいるでしょう。

早めに歯列矯正などを行って、治療していくべきだと言えるでしょう。

特に歯というのは、大人になればなるほど移動するのが難しくなると言われています。

だからこそ、治療を考えている方は、早めに対処していくことが必要となります。

その点も踏まえて、まずは歯科医院などに相談してみてはいかがでしょうか。

軽い症例であれば、簡単に治療できます。

(まとめ)これ以上出っ歯を進めない!出っ歯防止方法とは?

1.出っ歯を防止するためには日常生活を改善しましょう

出っ歯を防止する対策方法は、たくさんあります。

どの方法を行うのが良いというよりは、すべてトータルで考えて対策していくことが必要だと言えるのではないでしょうか。

それが出っ歯防止になります。

2.口呼吸は出っ歯になる原因のひとつです

口呼吸をしているという方は、前歯が目立ってしまうし、出っ歯の原因になることもあると言われています。

歯というのは外気にもそこまで強くはないので、長時間口呼吸する場合は注意が必要です。

その点も含めて対策が必要となるでしょう。

3.舌で押すクセがある人はやめましょう

舌で歯を押してしまっている方も、出っ歯になりやすいと言えます。

出っ歯の進行を防止したい方は、舌で歯をおさないようにしてください。

歯だけで動くことは、そこまで頻繁にあることではないものの、毎日舌で押していると前歯も動いてしまいます。

4.歯並び矯正で正しい位置に戻すのが効果的です

出っ歯を根本的に解決したいなら、歯並び矯正がおすすめです。

出っ歯は放置して治るというものではありません。

ですので、早く治すことを目指すなら歯列矯正が効果的です。

9122
Return Top