湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

受け口を改善するのに費用が安い治療の方法とは?

受け口の治療はセラミック矯正が安いと考えられています


受け口は「反対咬合」の状態ですから、歯列矯正で歯並びを改善する必要があるでしょう。

受け口を改善する治療方法には様々なものがありますが、一般的にはセラミック矯正が安いと考えられています。

セラミック矯正の料金は、4本セットで30万円~となりますが、ワイヤー矯正の場合は60万円~100万円程度、舌側ブランケットの場合は110万円~150万円と高額になります。

受け口を改善する治療法の中ではセラミック矯正が安いと考えられます

受け口を改善するためには、「反対咬合」を歯列矯正で治す必要があると考えられています。

しかし、歯科クリニックでの治療は費用が高額というイメージがあると思います。

実際、受け口の治療方法にはどのようなものがあり、いくらぐらいかかるのか、費用を比較してみたいと思います。

まず、セラミック矯正をみてみましょう。

セラミック矯正は審美性に優れており、治療期間も短期間というメリットがあります。

その分かかる費用も高額になるのでは……と心配される方も多いですが、実際の費用は1本8万円~、4本セットで30万円~となっています。

また、ワイヤー矯正の場合は、60万円~100万円程度が相場となっており、さらに定期的にワイヤーの調整費用などが必要となります。

審美性が高いとはいえず、治療期間も長期になる傾向にあるため、費用と得られる矯正中のメリットに折り合いが合わないともいえます。

他の治療方の料金も見ていきましょう。

マウスピース矯正なら60万円~80万円、ハーフリンガルの場合は90万円~130万円、舌側ブランケットの場合は110万円~150万円と、セラミック矯正に比べて非常に高額であることが分かります。

受け口の治療に健康保険が適用される場合があります


受け口の改善にはセラミック矯正がおすすめですが、セラミック矯正は保険適用外となっています。

受け口を治すのに健康保険で治療費を減額したいとお考えの方もいらっしゃることでしょう。

実は、受け口の症状によっては、健康保険が適用されることもあります。

その場合、外科的な施術とそれに併用した矯正治療費が通常の3分の1~2程度に抑えられる可能性があります。

ただし、健康保険を適用して治療を受ける場合は、指定された医療機関で施術を行うという決まりがあります。

では、どのようなケースであれば健康保険が適用されるのでしょうか?

まず、健康保険で負担してもらえる治療費というのは、「外見的な美しさ」の改善を目的として出るものではないと考えられています。

どちらかというと、「歯列の機能を回復する」ことを目的として出されているといえます。

つまり、受け口の治療を行わなければ日常生活に支障をきたすことが認められる必要があるわけです。

日常生活に支障が出る受け口とは、顎変形症と呼ばれる症状です。

この場合、骨格が問題で受け口になっていると考えられ、歯列矯正だけでは改善が難しいと判断されます。

受け口の治療方法にはセラミック矯正、セットバック法などがあります

健康保険が適用されない場合、外科的な施術を行うと100万円程度かかることもあります。

しかし、外科的な施術を行うことで、歯列矯正だけでは不可能だった審美的な部分を改善させることも可能になります。

ここでは、歯列矯正のセラミック矯正、そして、外科的な施術のセットバック法(下顎骨切り術)についてご説明していきます。

ご自身の症状が保険適用内なのかそうでないのかを考えた上で、目的に合わせた治療方法を選んでください。

セラミック矯正とは?

セラミック矯正は、ご自身の歯を削り、その上にセラミックの歯を装着する治療法になります。

受け口の「反対咬合」を治すことが期待でき、歯並びが美しくなるだけでなく、歯の形状や色まで整えることが可能です。

セットバック法(下顎骨切り術)の施術内容

セットバック法は、上下左右の4番目の歯(第1小臼歯)を抜歯しスペースを空けます。

そのスペース分、前歯6本と歯茎を骨ごと後方に動かすことで、Eラインを整える外科的な施術となります。

その際、オトガイ(顎先)が前方に出てしまうことがあり、より審美性を高めるためにオトガイ骨切りを行うケースも多いです。

(まとめ)受け口を改善するのに費用が安い治療の方法とは?

1.受け口の治療はセラミック矯正が安いと考えられています

受け口は歯列矯正により改善が可能と考えられていますが、治療方法によって費用に違いがあります。

セラミック矯正であれば4本セットで30万円という費用で行えるため、ワイヤー矯正や舌側ブランケットなどの治療方法よりも安いといえるでしょう。

2.受け口を改善する治療法の中ではセラミック矯正が安いと考えられます

受け口は歯列矯正を行うことで改善されることが期待できますが、歯列矯正の方法には様々なものがあり、費用が異なります。

セラミック矯正は1本8万円~が相場ですが、その他の治療方法となると、100万円を超すものもあり、非常に高額だといわれています。

3.受け口の治療に健康保険が適用される場合があります

受け口の原因が「顎変形症」などの骨格が問題であると認められた場合、歯列矯正だけでは改善が難しいと思われるため、外科的な施術とそれに併用した矯正治療費に対し、健康保険が適用されることがあります。

4.受け口の治療方法にはセラミック矯正、セットバック法などがあります

受け口を改善させるには、歯列矯正のセラミック矯正、外科的な施術のセットバック法などが挙げられます。

骨格的な問題が受け口の原因になっている場合、健康保険が適用されることがあるため、セットバック法を検討するのもアリかもしれません。

4960
Return Top