湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

歯と歯の間の隙間が黒いのは虫歯?

歯の隙間が黒い虫歯のようになっているのは黒い歯石が溜まっているためです


歯の隙間が黒い場合、黒い箇所が虫歯になっていることも考えられますが、黒い歯石ができてしまっているなどの場合もあります。

虫歯や歯石は歯の隙間や歯と歯茎の間などの磨き残しが原因で生じます。

歯の隙間は食べ物がはさまりやすく歯磨きがしづらいため汚れが残ることが多く、虫歯や歯石などの問題が発生しやすいといえます。

歯と歯の隙間があったり歯並びが悪かったりすると歯が黒くなりやすいといえます

歯が黒くなる原因には虫歯や歯石、歯の着色などがあり、歯の磨き残しがあることで発生します。

歯と歯の間に隙間が開いていたり、歯がでこぼこになっていたりするような歯並びでは、細かいところまできちんと歯磨きをして歯を清潔に保つことが難しいです。

そのため、虫歯や歯石の原因となる細菌が残りやすいといえます。

また、しっかりと歯を磨けていないと歯の着色の原因となるお茶やコーヒーなどに含まれているステインが歯についてだんだんと歯の色が変わってきます。

歯と歯の間が黒い場合は、歯の内側で虫歯の進行が進んでいるという場合もあります。

虫歯の進行が進み歯の神経がなくなってしまうと歯全体の色が黒っぽく変色してしまうこともあるので、早めに医師に診てもらうほうがいいでしょう。

また、歯と歯茎の間に見られる黒い色は、その多くが黒い歯石といえます。

歯石は歯の間に残っている細菌の集まりといえる歯垢が唾液に反応し、歯にくっついたまま硬くなったものです。

歯石は歯垢と同じように白い色なのですが、歯周病のために歯茎からの出血があるときには歯石が黒くなります。

歯の隙間にある黒い部分を除去するための施術があります


黒い部分の主な原因は虫歯や歯石、歯の着色などで、それぞれの原因に適した施術を行うことで改善が期待できます。

虫歯ができているために黒くなっていた場合には、虫歯の部分を削って白い詰め物をします。

ただ、歯の隙間から歯の奥まで虫歯の進行が進んでいた場合には、詰め物を行う施術は無理なので、歯の根を残してセラミッククラウンなどの人工歯を被せる施術が適しているといえます。

一方、歯石が原因で歯の隙間が黒くなっている場合、歯石は歯に固くこびりついているため歯磨きでは落とすことができません。

歯石を除去する場合には、専門のクリニックで歯のクリーニングの施術を受けるといいでしょう。

歯に隙間がある歯並びでは歯の磨き残しがでやすいため、日常の歯磨きだけでは残ってしまう黒い汚れも定期的に歯のクリーニングを受けておくことで改善や予防が期待できます。

歯についた着色汚れは歯石と同じようにクリーニングで除去できる場合もありますが、汚れがひどい状態の場合ときには、歯のホワイトニングの施術で白さを取り戻すことが期待できます。

歯と歯の隙間は歯並びの矯正をすることで改善が期待できます

歯と歯の間に隙間ができる状態は、歯が外向きに生えていたり、でこぼこに並んでいたりするようなときや、顎の大きさに比べて歯の大きさが小さいときなどに生じます。

歯並びが原因で歯と歯の隙間が黒くなってしまっているときには、歯並びを改善するための施術が適しているといえます。

そのための施術としてはセラミック矯正やワイヤー矯正などが挙げられます。

歯の隙間の黒い部分を先に改善してから、また同じように黒くならないよう、隙間をなくす矯正施術を受けるといいでしょう。

セラミック矯正は、歯を削って土台を作り、その土台にセラミッククラウンを被せて歯の大きさや歯の向きを整える施術で、周りにわからないように数ヶ月で施術が完了できます。

ワイヤー矯正の場合、歯に矯正装置をつけて数年間をかけて少しずつ歯を動かしていく矯正方法のため、年単位での施術が必要になりますが、セラミック矯正であればその心配は要りません。

また、歯の噛み合わせに問題がなく歯と歯の間に隙間ができている場合には、単純に歯の大きさが小さい可能性もあります。

歯の表面をわずかに削って、歯の大きさを調整しながらセラミックのチップを貼り付けるラミネートベニアと呼ばれる施術が適しているといえるでしょう。

(まとめ)歯と歯の間の隙間が黒いのは虫歯?

1.歯の隙間が黒い虫歯のようになっているのは黒い歯石が溜まっているためです

歯の隙間が黒い場合には、虫歯のほかに黒い歯石がついている可能性もあります。

歯と歯の間に隙間があると歯の磨き残しができやすくなり、虫歯になった場所が歯石などの歯の汚れで黒くなりやすくなるとされています。

2.歯と歯の隙間があったり歯並びが悪かったりすると歯が黒くなりやすいといえます

歯と歯の間が黒くなる原因には虫歯や歯石、歯の着色などがあります。

虫歯が歯の内部で進行してしまうと抜歯が必要になる場合もあるので注意が必要です。

歯石は歯垢が固まってできたもので、歯茎からの出血があるとその血と混ざり黒い歯石になります。

3.歯の隙間にある黒い部分を除去するための施術があります

歯の隙間にある黒い部分は原因にあった施術での改善が期待できます。

虫歯のために黒くなっている場合には虫歯の部分を削り白い詰め物を行う施術、歯石の除去には歯のクリーニング、歯の着色汚れにはホワイトニングなどの施術が適しているといえます。

4.歯と歯の隙間は歯並びの矯正をすることで改善が期待できます

歯の間に隙間ができていたり歯がでこぼこだったりするような歯並びに問題があることで、歯が黒くなりやすい場合があります。

その場合は、セラミック矯正などの歯並びを整える施術を受けることで改善が期待できるでしょう。

28440
Return Top