湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

歯並びがへこんでる部分だけ矯正できますか?

へこんでる部分だけ歯並びを整えることができます


1本だけ歯並びが悪いため、ここだけを部分矯正したいという希望はよくあります。この場合ワイヤーやブラケットを使った部分矯正や、セラミック矯正の対応です。

1本だけへこんでいるケースは顎が小さいためで、へこんでいる割合が小さければ部分矯正ができる可能性があります。ワイヤー矯正で改善できない場合でも、人工の歯を被せるセラミック矯正で対応できる可能性があるので、医師と相談しながら施術方法を決めましょう。

ワイヤー矯正は歯を削って整えていきます

歯の一部がへこんでいるのは、顎が小さく歯が生えそろうスペースがないためです。この場合は歯を部分的に動かすだけでは整えることはできないため、一部の歯を削ってスペースをつくる必要があります。

スペースをつくる場合は、歯をヤスリのようなもので削る方法です。または歯が並ぶスペースがなければ、歯を1本抜歯することもあります。

歯の矯正時期と虫歯がタイミング良く重なりあった場合は、虫歯になっている歯を抜いて、スペースをつくる方法もあります。この場合は歯の一部を寄せる必要があるため、アンカースクリューで固定しながら歯を動かしていきます。

どのやり方にしても、部分矯正は難しい施術です。歯の一部だけを動かそうとすれば、動かしてはならない歯まで一緒に動く可能性があります。

動かしたい歯だけに装置を付けても、動かしたくない部分が動く可能性があるため、歯全体に装置を付けることもあります。歯の一部だけに矯正装置を付けて動かす場合は、条件によっては前より歯並びが悪くなる可能性も考えるようにしてください。

部分矯正は費用が安いこと、施術期間が短いのがメリットです。一方で奥歯の噛み合わせは整えることができず、部分的な見た目を改善するだけにとどまります。

部分矯正には利用できる条件があります


ワイヤーやブラケットを使った部分矯正は、適応となる範囲が限られてきます。一部だけ歯を動かして矯正していく方法で、前歯だけを整える方法として活用されることが多いためです。

対応となりやすいのは、奥歯の噛み合わせに異常がない場合です。単純に前歯の一部分だけがへこんでいるだけなら、部分矯正が対応しやくなります。

奥歯の噛み合わせがずれているのに前歯だけ整えると、部分的に歯を動かすため、受け口や出っ歯になる可能性があります。この場合は単純に見た目だけを改善すればよいわけではなく、歯全体を整える必要があるでしょう。

歯がへこんでいるのが部分的である場合も、部分矯正がしやすくなります。他の部分に問題がなければ、へこんでいる部分だけ歯を動かすだけでよくなります。

噛み合わせに問題があるケースや、へこみが多数できている場合は、歯全体矯正の対象です。歯並びが部分的であるように見えて、複数の問題を抱えているケースもあります。

部分矯正が必要か判断するには、医師による詳しい診察が必要です。口の中の様子をみながら、お客様に必要な矯正方法を提案していきます。

部分的な矯正はセラミック矯正もあります

ワイヤーやブラケットを使って一部の歯だけを動かす方法は難しく、かえって施術前より歯並びが悪くなるリスクがあります。しかしセラミック矯正ならガタガタになった歯並びの部分に人工歯を被せる方法のため、ほかの歯に影響を及ぼすことはありません。

1本の歯だけへこんでいる方にも、セラミック矯正は人気があります。セラミック矯正とは自分の歯を削り、人工歯を被せて歯並びを整える方法です。

八重歯や重なりあった前歯などで活用されています。セラミックは天然歯のような透明感があり、色も調節が可能なことから、見た目を気にされやすい前歯に使うことが多いです。

前歯を数本セラミックに変えることで、歯並びと同時に歯の白さも目指すことができます。施術期間は数ヶ月程度のため、人に見られる職業の方や、時間をかけて矯正する暇がない方に選ばれている施術です。

無料のカウセリングでレントゲン撮影やCT検査も行い、お客様に最適な施術方法を提案できます。お急ぎの方にはカウセリングから仮歯までを1日で行うことも可能です。

セラミックはプラスチックの人工歯と比べて耐久性が高く、着色汚れが付きにくいため白い歯を長く保つことができます。矯正とホワイトニングを同時に考えている方にもおすすめです。

(まとめ)歯並びがへこんでる部分だけ矯正できますか?

1.へこんでる部分だけ歯並びを整えることができます

へこんでいる歯並びを整える場合は、ワイヤーやブラケットを使った矯正や、セラミック矯正の対応です。でこぼこの割合が小さければ、対応しやすいでしょう。

ワイヤー矯正で整えることができない場合でも、人工の歯なら対応できることもあります。

2.ワイヤー矯正は歯を削って整えていきます

歯の一部がへこんでいる場合は、顎が小さく歯が生えそろうスペースがないため、どこかでスペースをつくる必要があります。全体の矯正より部分矯正は難しく、条件によっては前よりも悪くなるリスクがあることを確認しておきましょう。

3.部分矯正には利用できる条件があります

ワイヤーやブラケットを使った部分矯正は、奥歯の噛み合わせに問題がないこと、へこんでいる部分が一部だけの場合に適応となります。詳しくは医師が見ながら判断するため、カウセリングで相談しましょう。

4.部分的な矯正はセラミック矯正もあります

ワイヤー矯正だと部分的な矯正でかえって悪くなることも考えられるため、1本だけのへこみならセラミック矯正も考慮してみましょう。自分の歯を削り人工の歯を被せる方法で、矯正と同時に歯を白くすることもできます。

21
Return Top