大人の受け口もフェイスマスクで治せるの?

フェイスマスクは大人の受け口にも有効とされています


フェイスマスクは、上顎の成長が不十分である場合や、下顎が大きい場合などに使用される矯正装置です。

フェイスマスクは上顎の成長期である子供に使用することが多いため、子供の矯正に使用されるものというイメージを持っている人が多いかもしれません。

しかし、大人の受け口の改善にも、フェイスマスクは効果が期待できます。

上顎の成長促進や歯列を移動させる効果が期待できます

受け口の原因には、上顎の成長が十分な場合や正常な位置よりも後ろにある場合、下顎が通常よりも大きい場合などがあります。

フェイスマスクはこのような場合に使われる矯正装置です。

子供の上顎の成長期にフェイスマスクを付けることで、上顎の成長を促します。

また、歯列全体を前方に移動させることで、受け口の改善が期待できます。

これは、子供だけでなく大人の場合でも有効です。

フェイスマスクのしくみ

フェイスマスクは顔面を覆うように固定しますが、次の装置で構成されています。

  • 口腔外装置固定源
  • 上顎口腔内装置
  • 牽引用のゴムリング

額と顎に付けたフェイスマスクとの間にワイヤーが付いており、口腔内に取り付けた矯正装置にエラスティックと呼ばれるゴムをかけて前方に引っ張ります。

下顎が動くと上顎が前方に引っ張られるしくみになっていて、上顎の成長を促したり歯列を前方に移動させたりすることで、上下の顎のバランスを調整していきます。

フェイスマスクは装着時間を守りましょう


フェイスマスクは取り外しができる装置です。

メリットでもありますが、装着時間を守らなければ十分な効果が得られなかったり、期間が長くかかってしまったりすることがあります。

フェイスマスクは個人差もありますが、基本的に1日12時間以上の装着が必要とされています。

担当医に言われた装着時間をきちんと守るようにしましょう。

フェイスマスクを装着する際の注意点

スポーツをする際は注意する

装置に力が加わると、装置が変形したり外れたりケガをする可能性があります。

危険な場合は外しておきましょう。

装置が変形した場合は自分で修理しない

装置がもし変形したり壊れたりしてしまったら、自分で修理せずに担当医に相談してください。

自分で修理しても十分な効果が得られなくなる可能性があります。

1週間以上痛みや違和感が続く場合は、担当医に相談する

通常3~4日くらいは弱い痛みを感じることが多いですが、1週間以上痛みが引かない場合は我慢せず担当医に相談しましょう。

受け口を改善することで、多くのメリットを得ることができます

フェイスマスクは見た目で敬遠されがちですが、見た目よりも慣れやすい装置と言えます。

9割以上のお客様は慣れる

まずフェイスマスクの装置を見ると、「こんなものをつけたまま寝られるの?」という疑問がわいてくるかと思います。

装置が顔の大部分を覆っており、施術を続けられるのか不安を抱く方が多いです。

実際はじめは少し苦労されることが多いですが、9割以上のお客様は装着して寝ることができています。

見た目はちょっと抵抗がある人が多いかもしれませんが、主に自宅で装着するため装置を人に知られる心配もありません。

受け口を治すメリット

受け口は見た目や印象も悪くしてしまうだけでなく、歯や体の健康にも影響を及ぼします。

そのため、受け口を改善することで、次のようなメリットを得ることができます。

コンプレックスの解消

受け口を気にして人と話すことや笑うことが億劫になっている人は多く、受け口を改善することでそのストレスから解消されます。

また、歯並びだけでなく、フェイスラインも整うことで、見た目もより美しくなると言えます。

虫歯や歯周病などにかかりにくくなる

歯並びや噛み合わせが悪いと、食べ物が詰まりやすく歯磨きがしにくかったり、一部の歯に大きな力が働きその歯の周囲の骨が溶けてしまったりというリスクが高くなります。

受け口を改善することでこれらのリスクを下げることができます。

噛み合わせによる肩こりの改善

噛み合わせが悪いと慢性的な肩こりや頭痛、めまいなどの症状が起こりますが、受け口を治すことでこれらの症状の改善・軽減が期待できます。

(まとめ)大人の受け口もフェイスマスクで治せるの?

1.フェイスマスクは大人の受け口にも有効とされています

フェイスマスクは受け口の矯正に使用される矯正装置のことで、通常上顎の成長期である7~13歳くらいの子供に使用されることが多いです。

そのため子供の身に使用されるものと思われがちですが、大人の受け口にも効果があるとされています。

2.上顎の成長促進や歯列を移動させる効果が期待できます

フェイスマスクは上顎の骨の成長を促したり、歯列を前方に移動させたりすることで、受け口を改善する装置です。

通常子供の矯正施術に使用されることが多いですが、大人の受け口の改善も期待できます。

3.フェイスマスクは装着時間を守りましょう
フェイスマスクは取り外しができる装置です。

しかし、装着時間を守らなければ十分な効果が得られなくなるので、気を付けましょう。

1日12時間以上は装着するようにし、使用方法や装着時間などは担当医の指示に従うようにすることが大切です。

4.受け口を改善することで、多くのメリットを得ることができます

フェイスマスクは9割以上の人が装着して寝ることができているため、比較的慣れやすい装置と言えます。

また、受け口を治すメリットは多く、見た目をよくするほか、歯を長持ちさせたり噛み合わせが原因の肩こりを改善したりという効果が期待できます。

3258
Return Top