湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

出っ歯の人はほうれい線ができやすい?

出っ歯を放置するとほうれい線ができることがあります


出っ歯の方は、基本的に口呼吸をすることが多いです。

また、出っ歯を隠そうと口を閉じた時に、口元にシワができてしまうことが多くなります。

それを繰り返していると、ほうれい線になりやすいと言えるでしょう。

もちろん、出っ歯を放置していると、そのまま皮膚が引っ張られては戻ることを繰り返すため、ほうれい線もよりクッキリしてしまうのです。

出っ歯とほうれい線にはこのような関係があります。

出っ歯で口元に負担がかかるとほうれい線ができます

ほうれい線ができる原因の一つに、出っ歯があります。

歯が出ている方は、口全体も前に突出してしまうことが多くなり、それによって肌が引っ張られてしまいます。

しかし、逆に口を開けている時は皮膚が伸縮するので、よりシワになりやすくなります。

また、口呼吸をすることによって口全体が乾燥してきます。

そうなると口周辺の肌も乾燥しやすくなり、シワがクッキリしてしまうのです。

もちろん、出っ歯だけがほうれい線と関係しているとは言えないものの、しっかり対策していくことは重要なことだと言えるでしょう。

特に出っ歯だと口呼吸になることが多く、口全体にかかる負担も大きいです。

それでいてコンプレックスを隠すために、無理に口を閉じている方もいるでしょう。

そういう負担が重なると、ほうれい線が出てしまうことに繋がるのです。

他にもほうれい線の原因は多々あるので、それらと合わせながら解消していくことが必要となります。

出っ歯だと、顎全体の形も変わってくる可能性があり、それもほうれい線と関係していることがあります。

歯の位置が全体的に前に出てくるようになると、顎も前に出てくることがあります。

そうなると、今まで正常だった皮膚が過度に引っ張られるようになるのです。

しかし、伸縮した時には元通りということもあり、それもほうれい線の原因になります。

出っ歯以外の原因も考えられます


出っ歯以外のほうれい線の原因としては、色々なものがあります。

まず、ほうれい線に大きく関係しているのは水分です。

肌の7割~8割が水分で構成されていて、それが不足するとシワなどが多くなります。

つまり、肌に潤いを保ってあげることがほうれい線の対策になるのです。

出っ歯とはイマイチ関係ないかもしれませんが、ほうれい線が気になるという方は保湿もしっかり行うようにしましょう。

アンチエイジングをすれば、ほうれい線は消すことも可能です。

ただ、一度クッキリとしたシワになってしまうと、それがクセになります。

肌がそのまま定着してしまうと、もはやほうれい線は顔の一部となってしまうでしょう。

常に水分を肌に与えて、柔軟な柔らかい肌を作っていくようにしましょう。

そうすることで、ある程度はほうれい線の対策も可能だと言えます。

近年は優秀な保湿液や化粧水なども多くなっているので、そちらも合わせて美容の一環として使ってあげてください。

そうやって対策していくことによって、より肌を綺麗な状態に保てます。

出っ歯になると、自分の見た目を気にしなくなるということもあるので、そうなる前に美容をしっかり考えて対策していくようにしましょう。

歯並び矯正でほうれい線の改善が期待できます

出っ歯によるほうれい線に悩まされているのであれば、歯列矯正や歯並び矯正をしてみると良いのではないでしょうか。

出っ歯が肌を引っ張ってしまっている状態から解放されるので、ほうれい線になる原因も解消していくことができます。

実際に歯列矯正をすることによって、ほうれい線が目立たなくなることもあります。

歯が前に出ていると、皮膚が伸縮してしまってシワになるので、矯正して肌の可動領域を小さくすることこそ、シワへの対策になるのです。

もちろん、出っ歯を解消したからと言ってすべて解消されるのかというと、それは人に寄ります。

普段からスキンケアやアンチエイジングをしている方であれば、特に問題はありません。

とにかく肌の水分を低下させないようにして、常に肌をぷるぷるの状態にしておきましょう。

そうすれば、出っ歯でシワができるということも避けられます。

ただ、過度な出っ歯は肌にも良くないので、しっかりと直しておくことをおすすめします。

そうすれば、綺麗な歯は保てるし、肌もシワのない若々しい状態を保っておくことも可能となります。

その上で、歯列矯正を試してみてはいかがでしょうか。

もしかしたら、とても綺麗な状態に戻るかもしれません。

(まとめ)出っ歯の人はほうれい線ができやすい?

1.出っ歯を放置するとほうれい線ができることがあります

ほうれい線ができやすいのは、出っ歯が口元の皮膚を引っ張っては戻すためです。

また、その他にもほうれい線との関係は深く、出っ歯を放置したままにしておくとほうれい線はもっと濃くなるかもしれません。

2.出っ歯で口元に負担がかかるとほうれい線ができます

ほうれい線は色々な原因があるのですが、出っ歯もその一つだと言えるでしょう。

出っ歯を放置しておくと、口周辺の負担も大きくなるし、皮膚の伸縮も大きくなり、ほうれい線がより一層目立ってしまう可能性があります。

3.出っ歯以外の原因も考えられます

出っ歯とは関係ないかもしれませんが、ほうれい線ができる原因はさまざまです。

保湿しなければ肌の伸縮性が低下して、余計にシワが目立つようになります。

逆に言えば、肌の水分が多ければ出っ歯でもシワにならないことが多いです。

4.歯並び矯正でほうれい線の改善が期待できます

歯列矯正によって出っ歯を解消すれば、ほうれい線も解消できる可能性があります。

関係自体はそこまで深くないかもしれませんが、出っ歯もほうれい線の原因の一つです。

関係をしっかり知り、対策していくことが必要でしょう。

14191
Return Top