湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

年を取ると出っ歯になりやすいって本当?

出っ歯は年を取ると進行します


出っ歯の方の多くは、若い頃は症例も深刻ではなかった場合が多いです。

しかし、年を取ることによって、出っ歯が進行したという方も実は結構います。

歯並びというのは常に動いていて、長い年月をかけて徐々に動いていくのです。

実はそれに気付いていない方が圧倒的に多いのです。

年を取ってから対策するのは難しいので、できれば早めに治療をした方が良いと言えるでしょう。

不自然な歯並びを放置すると、年々動いて悪化してしまいます

人間の歯というのは、実は徐々に動いていると言われています。

しっかり固定している人でも、生活の中で徐々にズレていき、最終的には大きく歯が動いてしまうということもあるのです。

大抵の人は、数年単位で動いていくため、気付かないことも多いのです。

しかし、着実に歯というのはズレているものなので、注意が必要となります。

年を取ると出っ歯になりやすいと言われているのは、実際に事実ということです。

例えば、歯が少しだけ前に出ているという方は、数十年後に出っ歯になっていることも多いと言えるでしょう。

歯というのは、常に正しい位置を求めて動き回ります。

しかし、歯にとって正しい位置というのは、単に健康に良い位置ではなく、違和感がなくストレスのない位置なのです。

窮屈な顎をしている方は、歯がズレてそれぞれガタガタになってしまうことも多いでしょう。

これは、本来顎に入っているべき歯が、小さい顎に対応してズレる訳です。

窮屈なままでいるより、ズレで楽になった方が歯にとっては良いと身体が勘違いしているのです。

つまり、年を取れば取るほど、歯というのは動いてしまいます。

その点も十分考慮して、対策していくことが必要となるでしょう。

特に年齢を重ねた方は注意が必要です。

気づいたときに治療をすることが大切です


出っ歯などになってしまうと、症例が悪化すれば治りにくくなることも多いです。

そのため、年を取ってから矯正するのではなく、年を取る前に正しい位置に直していくことが必要なのです。

歯は常に動いているため、若い時には出っ歯になる兆候が見られる方も多いでしょう。

そういう方こそ、若いうちに治療しておいた方が良いのです。

中には「大人になってからだと遅いでしょ」と思うかもしれませんが、若ければ若いほど歯というのは動きやすいです。

当然、大人になってから矯正する方も多いですが、その傾向としては20代や30代が多いと言えます。

それを超えてしまうと歯も固定されてしまって、なかなか思い通りに動かすことができない場合も多いです。

しっかりと動かしたいという方は、専門の歯科医院で矯正してみてください。

そうすることで、歯は綺麗な状態を保つことができます。

もちろん、年を取ってからでも遅くはありません。

しっかりと歯のことを考えて、対応していくことが必要となるでしょう。

軽度のときこそ、「まだ大丈夫だ」と思いがちですが、その分治療も期間も少なくて済みます。

「今は大丈夫」が将来的に「もうダメだ」になってしまわないように、しっかりと矯正していくようにしましょう。

定期的なメンテナンスも重要です

歯というのは、定期的なメンテナンスがとても重要となります。

もう何年も歯医者や歯科医院に通っていないという方は、メンテナンスも兼ねて相談してみると良いのではないでしょうか。

出っ歯は年を取ると対策も難しくなってくると言えます。

だからこそ、早めに相談して治療していくのが良いのです。

そのまま放置していると、歯並びが悪くなるだけではなく、見た目もかなり悪くなってしまうし、それが健康などにも害を及ぼすこともあります。

放置していても大丈夫だと思っている方は、数年後には抜けてしまっているかも知れません。

歯というのは、これ単体で生きていると言っても過言ではありません。

定期的に手入れしてあげないと、寿命は着実に迫ってきてしまうのです。

出っ歯だけでは歯への負担も少ないと言えますが、放置したままにするとより悪化することが多いです。

もっと歯が前に出てしまうかもしれません。

そうなると、戻すのもより難しくなるのではないでしょうか。

歯科医院によっては、前歯程度ならすぐに治してくれるところも多いですが、歯を移動させるなら若い時の方が良いです。

大人になってから矯正することも多いですが、20代や30代のうちに治療してしまうと良いでしょう。

(まとめ)年を取ると出っ歯になりやすいって本当?

1.出っ歯は年を取ると進行します

年を取ると出っ歯になってしまうのは、しっかりと根拠もあると言われています。

歯は徐々に年齢と共に動くため、年を取ることによって歯が動いてしまうこともあるのです。

その点も含めて、しっかりとした対策が必要となるでしょう。

2.不自然な歯並びを放置すると、年々動いて悪化してしまいます

年齢を重ねると、歯というのは動いていきます。

これはどのような方にも当てはまることだと言えるので、出っ歯になりやすくなるのも事実だと言えるでしょう。

十分注意して、定期的に矯正するのが良いかもしれません。

3.気づいたときに治療をすることが大切です

年を取ってから矯正するのは難しいとも言われているので、できれば早めに矯正するのが良いです。

年齢を重ねてからも矯正できるものの、20代や30代で矯正する方が多いと言えます。

治療に関しては、早めに対応していくことが重要です。

4.定期的なメンテナンスも重要です

定期的なメンテナンスをおこなえば、健康的な口内環境を保てます。

出っ歯は放置する方も多いですが、場合によっては健康を害することも多いので、適切な治療が必要となってくるでしょう。

7123
Return Top