湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

出っ歯の矯正は痛いもの?

出っ歯の治療は痛いと感じる人もいますが痛みを感じない方も多いです


出っ歯の矯正治療に関しては、痛みがあると「嫌だな」と思うかもしれません。

しかし、痛み自体はそこまで大きくありません。

歯を動かすので、当然ながら違和感などはあるかもしれませんが、痛くてどうしようもなくなるということは、まずないと言って良いでしょう。

少なくとも痛くて治療できないということはありません。

痛みの程度は個人差がありますが、心配する必要はありません

出っ歯の矯正治療の場合、部分矯正にしろ全体的な矯正にしろ、痛みを感じることは少ないです。

奥歯などに比べて、根元が動きやすいのが前歯の特徴なので、矯正による痛みも少なくて済むことが多いと言えるでしょう。

奥歯などを動かす場合は、全体的に痛みを感じることもあるかもしれません。

ただ、歯を動かすということは、本来人間が生きている中では、あり得ない出来事です。

だからこそ、歯に違和感を得ることはあります。

その違和感を痛みだと感じてしまう人もいるのです。

実際に痛いと感じることは少ないので、安心して治療をおこなっていきましょう。

また、出っ歯の歯列矯正の方法には、色々なものがあります。

近年人気の方法としては、セラミック矯正などが人気です。

それぞれ、お客様の状態に合わせて、痛みの少ないものを選ぶことができます。

特に近年の歯科医院や歯医者は、カウンセリングもしっかり行うので、安心して治療に入ることができるのです。

また、同意がないと治療に入らないというインフォームドコンセントという考え方も根付いています。

お客様が「治療します」と言わない限りは、強制されることもないので安心してください。

痛みが大きい時は痛み止めを貰うこともできます


痛すぎて耐えられないということはまずないですが、痛いと感じる場合は痛み止めを処方してもらうことも可能です。

もちろん、歯が動くことによって痛みを感じる場合は、痛み止めで対処することができます。

痛みが気になる場合でも対処の方法はあるので、あまり心配する必要はないでしょう。

なお、痛み止めに関しては、治療中毎回貰えるというよりは、痛みが大きい時だけ処方してもらえるという感じです。

そのため、常に痛み止めを飲む必要はありません。

そもそも痛みが発生すること自体が少ないので、万が一痛いと感じた場合だけ、担当の医師に相談してみるようにしてください。

また、方法によってはほとんど痛みを感じないケースも多いです。

特にじっくりと動かしていくセラミック矯正などは、痛みもそこまで大きくないでしょう。

それと、セラミック矯正であれば、歯をしっかりと動かすことができるし、治療の間は負担になることも少ないです。

寝ている間にもしっかりと歯が動くので、セラミック矯正は便利な方法だと言えるでしょう。

もちろん、他にも色々な方法がありますが、セラミックが安定して動かせる人気の治療方法です。

出っ歯は矯正しやすい症例です

歯並びというのは、人によって大きく症例が異なります。

人によっては大きく歯が動いてしまっていて、全体的な治療が必要となる場合もあります。

しかし、出っ歯の場合は、前歯だけが前に突出しているということも多く、症例としては治療しやすいものだと言えるでしょう。

そのため、そもそも痛み自体は少ないことが多いのです。

前歯というのは動きやすいですし、出っ歯であれば部分矯正だけで対応できることもあります。

そういう場合は、身体に与えられる肉体的な負担も少なく済むのが特徴となっています。

これから治療を進めたいという方は、まずは部分矯正ができないかどうか相談してみると良いでしょう。

人によって前歯だけ矯正して、口全体の形を整えられる人もいます。

もちろん、前歯が突出している場合は、それを整えるために他の歯を動かさなければならないこともあります。

ただ、全体的に前歯というのは治療しやすいですし、費用も抑えられます。

また、痛みも少なく、治療期間も短くて済むことが多いです。

それらを踏まえた上で、治療に望んでみてはいかがでしょうか。

まずは良く歯科医師と相談してみて、カウンセリングをしてもらえるようにしてください。

(まとめ)出っ歯の矯正は痛いもの?

1.出っ歯の治療は痛いと感じる人もいますが痛みを感じない方も多いです

歯列矯正は、近年様々な方法があります。

技術の向上もり痛みの少ないものが増えています。

出っ歯の歯列矯正の場合は、痛みもそこまでないことが多いので、安心してください。

2.痛みの程度は個人差がありますが、心配する必要はありません

歯列矯正の痛みは一昔前に比べると、近年ではほとんどないと言っても良いでしょう。

痛みは個人差もありますので痛みを感じる場合は、医師と相談しながら他の方法も考えてみると良いです。

3.痛みが大きい時は痛み止めを貰うこともできます

歯列矯正の痛みが大きいという場合は、痛み止めを処方してもらうことも可能です。

そもそも痛みを感じづらい方法も多くなっているので、痛みを感じやすい方でも無闇に心配する必要はありません。

4.出っ歯は矯正しやすい症例です

出っ歯は他の歯に比べて矯正しやすい症例なので、痛みも少ないです。

また、治療期間も短く、費用も抑えられることが多いので、気になる方は医師に相談してみることをおすすめします。

4781
Return Top