歯科矯正で口元に変化は見られるの?

歯科矯正により、口元も美しく変化するケースがほとんどです


歯並びが乱れていたり、顎の骨が突出したりしていると、どうしても口元がこんもり見えて見た目もよいとは言えません。

そこで歯科矯正や顎の骨格を改善する、外科的な処置を行うことで、口元がすっきり見えます。

さらに、横顔において鼻から顎までを結んだEラインも整い、笑った際の歯の見え方や表情などにも変化が見られ、印象が良くなるとされています。

歯科矯正の中でも、セラミック矯正は審美性や耐久性にも優れて、施術も短期間で終わるなどメリットがたくさんあるでしょう。

歯科矯正で歯列を整えることで、口元のよい変化が期待できます

歯科矯正ではとくに前歯の位置が変わることで、口元にも変化が見られます。

口元が綺麗に見えているかの基準として、Eライン(エステティックライン)があります。

Eラインは、横顔において鼻の先端から顎先までを結んだ線のことです。

このEラインの中に唇が収まっている状態が、理想的な口元だとされています。

ただ、Eラインの定義は主に欧米人を基準としており、日本人のような東洋人は欧米人よりも鼻の高さが低いのが一般的です。

そのため、綺麗な口元の基準をEラインで示すと、ライン上に上下の唇が少し重なる位が綺麗だと考えられています。

つまり、上唇はライン上にあって下唇はラインよりも少し内側に入った状態が理想的だとされています。

一度、横顔をEラインで見て唇が出ているかどうかをチェックしてみましょう。

唇が出ている場合は、歯列の乱れや顎の骨に問題があることがわかるため歯科矯正により改善することで、美しい口元に変身できる可能性があるでしょう。

歯科矯正では、顔の表情や笑顔を好印象へと変化させることもある程度可能です


歯科矯正により、口元のみならず顔全体の印象や滑舌などにも変化が見られる場合があります。

上顎もしくは上の前歯が突出した、いわゆる出っ歯のケースでは、歯科矯正により上顎もしくは前歯が後ろに引っ込みます。

結果、上下の唇がバランス良く重なり口元がすっきりするでしょう。

人によっては鼻がやや高くなったり、口元が引き締まったりすることで顔の全体が小さく見えるようになることもあります。

さらに笑った際に上の前歯や歯茎が見える面積も狭まるので、笑顔の印象も変わってくるでしょう。

また、下顎もしくは下の前歯が突出したいわゆる受け口のケースでは、歯科矯正により下顎もしくは前歯が後ろに引っ込み、上唇の内側に位置します。

すると、下唇がEラインの内側に収まるため目立っていた下唇がごく自然な印象となるでしょう。

口を開いても下の前歯が見える面積が狭まり、笑顔の印象が以前よりも良くなる方もいます。

下がり気味だった舌が正しい位置に戻るので、発音が明瞭になり滑舌も改善されるでしょう。

また、歯並びのでこぼことした乱れや、歯列からはみ出した八重歯を歯科矯正することで、口周りがすっきりとした印象になり、開いていた唇がしっかり閉じるようになることで、清潔感のある口元へと変化します。

セラミック矯正や場合によってはセットバック法で口元を美しく変化させることができます

横顔を見た時に唇がEラインからはみ出している場合、歯科矯正や外科的施術で理想的な位置に戻し、口元を美しく改善することも可能です。

歯科矯正のなかでも、セラミック矯正は矯正器具を装着しないで比較的短期間で歯列を整えられます。

歯列からはみ出た歯もしくは隣り合う歯を削って形を整えて土台を作り、そこへセラミック製の人工歯をはめ込んでいくという施術です。

人工歯の形や大きさなども自由に変えられる上に、歯の色も豊富なので周りの歯に馴染んだ色を選ぶことができます。

そのため仕上がりもより自然であり、審美性に優れています。

さらにセラミックは丈夫で劣化、変色しにくいという特徴もあるのです。

また、上もしくは下の顎の骨が著しく突出していたり、大きさが違ったりなど顎の骨に問題がある場合は、歯科矯正だけでは対応しきれない場合もあります。

その際は、前歯から数えて左右4番目の歯を抜き、左右3番目までの歯を顎の骨ごと切って、後ろへ移動させて固定させるセットバック法が必要となる場合があります。

外科的な処置となりますが入院は不要であり、施術後は口元に大きな変化をもたらす方もいるでしょう。

(まとめ)歯科矯正で口元に変化は見られるの?

1.歯科矯正により、口元も美しく変化するケースがほとんどです

受け口や出っ歯、乱杭歯などの歯列の乱れや顎の骨格の異常は、口元がこんもりした印象を与えがちです。

歯科矯正などで歯列を整えることで、口元がすっきりして引き締まり笑顔や表情などにも変化が見られることがあります。

2.歯科矯正で歯列を整えることで、口元のよい変化が期待できます

口元が綺麗に見える基準として、横顔において鼻から顎までを結んだEラインから、唇がはみ出していないことがポイントとなるそうです。

歯科矯正で突出した歯や顎の骨を後ろに引っ込めることで、Eラインも整い、口元が美しく見えるようになります。

3.歯科矯正では、顔の表情や笑顔を好印象へと変化させることもある程度可能です

歯科矯正を行い、乱れた歯並びを整えることで、突出した顎の骨が後ろに引っ込み、ナチュラルで綺麗な口元へと変化することが可能です。

さらに、口を開いた際に歯や歯茎の見え方が違ってくるため、笑顔も好印象になるとされています。

4.セラミック矯正や場合によってはセットバック法で口元を美しく変化させることができます

歯科矯正やセットバック法などの外科的施術によりEラインを整え、口元を美しく変化させることができると言われています。

なかでもセラミック矯正は短期間で完了し、審美性にも優れているため理想的な口元の実現が期待できるでしょう。

2679
Return Top