セットバックにかかる整形費用|口ゴボや出っ歯を治す治療方法についても紹介

セットバックにかかる整形費用|口ゴボや出っ歯を治す治療方法についても紹介
受け口や歯並びなどの歯科矯正に用いられる外科的な手段の一つがセットバックです。
セットバックは余分な骨を一部切除して、バランスを整えることができます。

口ゴボや出っ歯にも対応できる治療法ですが、費用面が気になる人も多いでしょう。
ここではセットバックの費用や施術の流れについて紹介します。

口ゴボや出っ歯を治せるセットバックとは

口ゴボや出っ歯を治せるセットバックとは
セットバックとは歯科矯正の方法の一つです。
歯科矯正にはマウスピースを用いた歯列矯正のほか、セラミック矯正などがありますがセットバックは歯科矯正の中でも外科的な矯正となります。

顎の骨が大きくずれている場合、歯列矯正だけでは調整しきれないことがあります。
セットバックでは大きすぎる顎の余分な骨を一部切除して後ろに下げることで、上下のバランスを整える方法です。

セットバックにかかる整形費用の目安

  保険診療 自由診療
費用目安 30~40万円程度 80~130万円
備考 顎変形症と診断された場合、保険適用となり安い 手術費用は医療機関により大きく異なる

セットバックは保険適用になる場合とならない場合があるため、費用にも大きな開きがあります。
顎変形症と診断された場合であれば保険適用となるため、30~40万円程度で矯正することができるでしょう。

保険診療ではなく自由診療の場合は病院によって大きく違いますが、80~130万円程度かかります。
またセットバックは病院の設備や医師の技術によって出来上がりが左右されます。
もし施術する歯科医院を選ぶ場合は、整形費用だけでなく技術面や症例を確認してから決めるようにしましょう。

口ゴボを自力で治す?ヒアルロン酸注入?費用面の違い

「口ゴボを自力で治したい」「ヒアルロン酸注入で横顔美人になりたい」などニーズに応じた治療方法は多様にあり、その費用もさまざまですが、セットバックは重度の出っ歯などにも対応できる外科手術です。費用を考えるうえで、その費用対効果にも目を向けてください。

セットバックの治療内容と費用例

セットバックは出っ歯や受け口、口ゴボの治療のほかにも小顔治療やフェイスラインを整える目的で行われます。
ここではセットバックの症例と費用例を紹介します。

症例

私たちの顔は骨格と脂肪や筋肉などの軟部組織から構成されています。
美容外科手術の多くは軟部組織にアプローチしますが、骨格ごと前に突き出しているという場合はセットバックで骨を切って後ろに下げます。

また、顎先が突出している場合などはオトガイ形成術で修正することとなります。
美しいEラインを作りたいという場合は、鼻や顎にプロテーゼを入れてラインを整える症例もあります。

また、もともとの輪郭やフェイスラインによっても必要な手術は変わってきます。
費用が気になる場合は、カウンセリングして見積もりを取るようにしましょう。

歯科医院によって違いはありますが、症例はデータから3Dプリンターによる骨格模型で確認することもあります。
この方法はレントゲンと違って360度自由な角度から観察できるため、手術計画を綿密に立てることが可能です。

セットバックは大きな手術になるため、施術する歯科医院がどのような方法で施術を進めていくのか、カウンセリング時に確認しておきましょう

セットバックのメリット

歯並びは歯の問題だけで決まるわけではありません。
場合によっては歯の移動や被せ物だけでは歯並びを改善できないこともあるでしょう。

セットバックは大掛かりな手術にはなりますが、他の歯列矯正では対処できないような症状も改善が期待できる治療法です。
正式に顎変形症と診断されている場合であれば、外科的施術を伴う歯科矯正の施術となるため、保険を適用して施術が受けられます。

また手術も短時間で入院が必要ないこともポイントです。
通院も抜歯だけなので、早く口元を美しくしたいという人にも適しているでしょう。

セットバックのデメリット

セットバックのデメリットは大掛かりな手術になるため、痛みや腫れなどが出やすい傾向です。
切開した場所に菌が入ることで化膿や感染症が生じるリスクもあります。

また、術後1~2週間ほどは腫れや内出血が続く場合があります。
もし術後に熱感や腫れが引かない場合は迷わず医師に相談しましょう。

セットバックは医師の技術力やノウハウも重要です。
医師の経験や高いテクニックが問われる手術になるため、安心できるクリニックでお願いしましょう。

セットバックがおすすめの人

セットバックはすぐに口元を整えたいという人に向いています。
そのため、歯列矯正以上の外科的処置が必要な人やフェイスラインを整えたい人におすすめです。
また、口が前に出ているという人や歯科矯正では治らないといわれた人もセットバックで改善できる可能性がります。

セットバックがおすすめではない人

セットバックは歯並びや程度が軽い人にはおすすめできない治療法です。
マウスピースや歯列矯正でも十分に対処できる人なら、セットバックを選ぶ必要はないでしょう。
また、セットバックは全身麻酔下で手術をすることになるため、体質的に難しい人もいます。

手術は日帰りではあるものの、術後はしばらく痛みや腫れが続きます。
抜歯は手術から2週間前後あとになりますが、それまでは硬い食べ物や刺激物は食べられません。
痛みや腫れなどで仕事や学校に支障をきたすという人は長期休みなどを利用しましょう。

セットバックで後悔する結果になることはあるのか

セットバックは抗菌剤を使って手術するものの、稀に化膿や感染、神経損傷などが起こることもあります。
また手術自体がうまくいっても、思ったような形に整わないこともあるでしょう。

セットバック手術では前から4番目の歯を左右両方とも抜歯することになります。
抜歯してしまうと後から足すことは難しいため慎重に判断しましょう。

セットバックで後悔しないためのポイント

セットバックで後悔しないためには安心できる歯科医院選びが重要となります。
なぜなら単純に前歯を後ろに倒すだけの手術ではないからです。

横から見た時の鼻や口先、顎のラインを整える高度な審美性が問われる手術となります。
そのため、セットバックの手術には歯科医の美的センスや経験が必要になるでしょう。

セットバックをする時には、担当医が手掛けた今までの症例なども確認しておきましょう。
また、自分がなりたい口元を説明して医師とイメージを共有しておくようにしてください。

セットバックの施術の流れ

セットバック施術はカウンセリングも大切です。
その際に悩みや要望に合わせて適切な施術、治療計画が立てられます。

実際の手術は全身麻酔してから抜歯して骨を後退させ、その後チタンプレートとワイヤーで固定してから縫合します。
手術直後は痛みもあるので、点滴で痛みや感染管理を徹底して行います。
問題がなければそのまま退院となり、2週間後に抜歯をすることで一通り完了です。

(まとめ) セットバックにかかる整形費用|口ゴボや出っ歯を治す治療方法についても紹介

1.口ゴボや出っ歯を治せるセットバックとは

セットバックとは抜歯してできたスペースを使って歯と骨を後方に下げる手術です。

顎の状態によっては歯列矯正だけでは調整しきれないことがあります。
セットバックでは顎の余分な骨を切除して後ろに下げることで、矯正では行えない上下のバランスを整えることが可能です。

2.セットバックにかかる整形費用の目安

セットバックは保険適用となるかどうかで費用が大きく変わります。
顎変形症と診断された場合は保険適用で50万円以内ですが、適用外の場合は100万円以上かかることもあります。

3.セットバックのメリット

セットバックは歯列矯正では対処できない口元のでっぱりや口ゴボに対処することができます。
日帰り手術で時間があまりかからないのもメリットです。

セットバックは大掛かりな手術にはなりますが、他の歯列矯正では対処できないような症状も改善が期待できます。
また入院が必要ないこともポイントです。

4.セットバックで後悔しないためのポイント

セットバックで美しくなるには口元を後退させるだけでなくフェイスラインを整えることが重要です。
そのため症例が豊富で高い技術力がある歯科医院を選ぶことが大切になります。

また事前のカウンセリングで自分のイメージをしっかり伝えることで、理想の形に近づけることができるでしょう。

6277
Return Top