片方だけの出っ歯も歯科矯正が可能!歯並びの悪い前歯の治し方を紹介

片方だけの出っ歯も歯科矯正が可能!歯並びの悪い前歯の治し方を紹介
ここでは片方だけの出っ歯を治したいという悩む方に向けて、部分矯正やマウスピース矯正などを使った治療方法を紹介します。

片方だけの出っ歯でも治療すれば美しい口元にすることができるでしょう。
自分に合った治療方法は人によって異なるため、最適な方法を探してみてはいかがでしょうか。

片方だけの出っ歯の状態とは

片方だけの出っ歯の状態とは
2本ある前歯のうち、片方だけが前に出ているケースや斜めに生えている状態のことを片方だけ出っ歯の状態といいます。

詳しくは上顎前突症(じょうがくぜんとつしょう)呼び、歯がうまく噛み合わないといった症状もあげられます。
出っ歯になると見た目が気になるだけでなく、口の閉じにくさや噛み合わせが悪化する原因となります。

片方だけ出っ歯になる原因としては、顎が小さい場合や舌で歯を押す癖、口呼吸などがあげられます。
ほかにも上の顎そのものが前に出ている場合も出っ歯に見える原因です。
ただし片方だけ出っ歯になっている方は、顎が出ている可能性は少ないでしょう。

片方だけの出っ歯でも矯正は可能

出っ歯自体の矯正できるため、片方だけ出っ歯になっている場合でも治療が可能です。
矯正と聞くと、歯全体に器具をつけるイメージがあるかもしれません。

しかし、出っ歯だけを治したい場合は、部分的に器具をつけた矯正も行います。
これは、歯の一部にしか矯正器具をつけないため、矯正中に起こりがちなご飯の食べにくさや歯磨きのしづらさも軽減されるでしょう。

ほかにもマウスピースを使った矯正することもできます。
着脱可能なマウスピースなら、ご飯を食べるときにも外せるので、日常生活への影響が少なく済むことがメリットです。
もし、出っ歯以外にも歯並びが気になるのであれば、全体的に矯正することも可能です。

出っ歯を治すデメリットとして歯を直接動かすことから、多少なりとも痛む場合があります。
また、口の中に装置が入っていることから話しにくさや食べにくさを感じる人もいるでしょう。

最初は不便かもしれませんが、つけているうちに慣れてくるものです。
長い目で続けていくことが大切です。

片方だけの出っ歯でも治したほうがいい理由

片方だけの出っ歯ならこのままにしていてもよいと思う方もいるかもしれません。
しかし、出っ歯を放置しておくことは、思っている以上に大きなデメリットがあります。

見た目の悪さ

2009年に日本臨床矯正歯科学会が行った調査によると、72.6%もの方が「歯並びは第一印象を左右する」との回答をしています。
つまり、歯並びが悪ければ、見た目の印象も悪くなるということです。

また、出っ歯によってフェイスラインにも影響が出てきます。
前歯が出ていることによって、口元が突出し、本来の顔のラインが崩れてしまうのです。
口を閉じている状態でも出っ歯による影響はあります。

口内環境の原因になる

出っ歯は見た目だけのことではありません。
出っ歯によってドライマウスや口臭の原因となることも分かっています。

片方だけとはいえ、出っ歯になると口を閉じにくくなるものです。
力を入れないと口を閉じられないため、気が付かないうちに口が開いてしまう方もいるでしょう。
そのため、口腔内が乾燥して口臭やドライマウスの原因となります。

ほかにも菌やウイルス、ほこりを吸い込みやすくなります。
このように出っ歯は、見た目だけでなく口内環境の悪化にもつながります。

発声しづらさ

出っ歯が原因で発音がしにくいと感じている方がいらっしゃるかもしれません。
特に歯をすり合わせて発音するサ行や、唇をつけて発音するマ行は出っ歯だと発音しにくくなる場合が多くみられます。

出っ歯ではない人と舌の動きも異なるため、本人が気づかないうちに発音へ影響していることも少なくありません。

片方だけの出っ歯の治し方

片方だけ出っ歯を治療する場合は、いくつかの選択肢があります。
それぞれがどのように出っ歯を治すのか詳しく見ていきましょう。

部分矯正

部分矯正とは、気になる部分の歯だけを動かして歯並びをよくする治療方法です。
そのため、片方だけ出っ歯になっている場合でも部分矯正で治せます。

歯全体に矯正器具をつけてしまうと、痛みや日常生活での不便さが生じる場合があります。

しかし、部分矯正なら一部にしか器具をつけないため、生活への影響が最小限で済むでしょう。
歯並びの状態によっては、部分矯正ができないと言われる可能性もあることがあるので、事前に確認しましょう。

マウスピース矯正

マウスピースは取り外しが簡単なので、通常の矯正のようなわずらわしさが少ないことがメリットです。
歯を動かすスピードはゆっくりになりますが、少ない負担で矯正できる方法といえるでしょう。

また、装置も透明なので、着用中もほかの矯正方法と比べるとあまり目立ちません。
そのため、矯正していることを周りに知られたくない方にも向いている治療方法です。

ブラケット矯正

片方の出っ歯を治す場合でも全体的に矯正したほうがよいケースがあります。
たとえば、噛み合わせが極端に悪い場合はブラケットを使って全体的に矯正を行うほうが効率的です。

ブラケット矯正をすれば、出っ歯だけでなく噛み合わせも同時に治療できます。

歯の表面に器具をつけるのが嫌な方は、裏面につけることも可能です。
ただし歯の状態によっては表面につけることが推奨されますので、一度相談してみるとよいでしょう。

セラミックで治す

セラミックによる矯正は歯を動かすのではなく、目立たなくすることで出っ歯を治療する方法です。
装着の際には出っ歯を削ってセラミックの被せ物をつけます。

歯を動かす必要がないので、短時間で治療でき、歯の形が調整できることも可能です。
またセラミックは、天然の歯に近い見た目をしているため前歯でも目立ちません。

(まとめ) 片方だけの出っ歯も歯科矯正が可能!歯並びの悪い前歯の治し方を紹介

1.片方だけの出っ歯の状態とは

片方の前歯だけ前に突き出していたり、斜めに生えたりしている状態で上顎前突症ともいいます。

出っ歯になる原因は人によって異なりますが、顎の大きさや舌で歯を押す癖、口呼吸などが主な原因です。
出っ歯は見た目だけでなく噛み合わせやフェイスラインの悪化といった問題も起こります。

2.片方だけの出っ歯でも矯正は可能

片方だけの出っ歯でも治療は可能です。
数本の歯にだけ器具をつける部分矯正やマウスピースを使って少しずつ歯を動かすマウスピース矯正が一般的な方法です。
ほかにも歯全体に器具をつけていくブラケット矯正なども治療方法としてあげられます。

3.片方だけの出っ歯でも治したほうがいい理由

出っ歯を放っておくと、ドライマウスや口臭の原因となります。
また、見た目だけの問題だけでなく、出っ歯によって発声しづらくなるケースも少なくありません。

4.片方だけの出っ歯の治し方

片方だけの出っ歯は、部分矯正やマウスピース矯正、ブラケット矯正で治せます。
ほかにもセラミックを用いた矯正を行う場合もあります。

これらの方法のうち、特に目立たない矯正をしたい方は、透明なマウスピース矯正が最適といえます。
一方で噛み合わせも同時に治したい方はブラケット矯正、さらに短時間で治したい場合はセラミックが向いています。

いずれにしても、最適な方法は人によって異なるため、まずは医師と相談した上で決めましょう。

7515
Return Top