仮歯の金額はいくら位するの?

仮歯の金額は医院や施術により異なるといえます


仮歯の金額は病院によっても差が大きく、セラミックの自費診療の場合では2,000円から10,000円の間で仮歯を入れることができます。

またインプラントの場合には土台を埋め込んだ場所の状態によっては仮歯を入れない場合もありますが、基本的なインプラントの仮歯の金額はセラミックの場合よりも高く、5,000円から20,000円位かかるといえます。

仮歯の金額は保険診療と自費診療で異なります

仮歯の金額は自費診療では医院により大きく金額が異なり1本3,000円から10,000円と幅がありますが、進行した虫歯などに保険診療で被せものをする場合には仮歯も保険診療で入れることになるといえます。

料金的には保険診療の場合には仮歯の料金は3割負担のため支払う金額が1本1,000円以内と安価です。

ただ保険診療の場合には審美性の高い仮歯にはできず、機能性を重視した仮歯を入れることになります。

保険診療の仮歯は、見た目の美しさよりも歯と歯の隙間が開いていることで周りの歯が隙間のほうへ寄ってしまうことを防止するためのリテーナーの働きをすることが主な目的です。

自己負担の料金はかなり安くなっているのですが、審美性の低さから本物の歯に見えにくいような仮歯もあり、実際に仮歯を入れてみたら仮歯の色や形が周りの歯になじんでいないなど満足できないという方も多いようです。

自費診療の仮歯は噛み合わせを維持するだけでなく、周りの歯になじむ色や形になるように審美性の高いものが作られます。

人によっては仮歯に慣れるまで違和感を覚えることなどもあるようですが、自費診療の仮歯は入れた段階で歯並びが改善されていることに満足される場合も多いといえます。

自費診療の仮歯は多くの役割をもっています


保険診療の仮歯は、主に削ったあとの歯を保護したり固定したりするためのもので、見た目や噛み合わせなどに問題があることも多いです。

一方、自費診療の仮歯は完成度が高いことが多く通常の歯にかなり近いというメリットがあります。

また、保険診療で入れることのできる仮歯は、きちんと歯の型を取ってからその型に合わせて作るのではなく削った歯に直接仮歯の素材をのせて形作る場合などもあり、被せものの調整にはそれほど関係していないことも多くなります。

自費診療の仮歯は最終的な被せものの形に近い形で作られています。

そのため、削ったあとの歯の周りの噛み合わせが変化しないようにしながら、見た目や噛み合わせに違和感がないかを確認するという役割もあります。

この工程によって、仮歯を装着して正しい噛み合わせを確認しながら調整をすることで、最終的な被せものの精度を上げることが可能といえます。

一般的な仮歯は一時的に使用するものなので強度の低い素材でできています。

硬い食べもので欠けたり日常的に使っていると、仮歯が徐々に削られていったりするため長期間の使用では噛み合わせに問題が生じるという問題もあります。

セラミックやインプラントは審美性の高い自費診療の施術です

セラミックやインプラントのように審美性や機能性が優れている人工歯を入れる施術は自費診療になっているため、仮歯も自費診療のものを入れることになります。

自費診療の仮歯は医院によって金額が大きく異なり、一時的に使用するだけの仮の歯ですが重要な役割があります。

施術が完了するまでには数ヶ月の期間がかかります。

そのため、仮歯はその期間中の過ごしやすさや最終的な被せものの完成度にも関係してくると言えるでしょう。

安さだけを基準に考えないで、しっかりと歯を診てくれる医院を選ぶことが大切といえます。

ただセラミックの場合には1本だけでなく4本位を一度にまとめて被せ物にする場合も多く、仮歯でも数本まとめると金銭的な負担が気になってしまう場合があるかもしれません。

何本かまとめて被せものをするときには、実績や技術力のほかに仮歯がサービスになっているセット料金がある医院をチェックしてみてもいいでしょう。

保険診療で行える被せものの場合、あとから見た目に不満が生じる可能性も考えられます。

その改善のために再施術をすると余計に歯へ大きな負担がかかり、結果的に費用がかさんでしまう場合もあるでしょう。

自分の状態や求める結果などを加味して、クリニック選びをしっかりと行うよう心がけてみてください。

(まとめ)仮歯の金額はいくら位するの?

1.仮歯の金額は医院や施術により異なるといえます

仮歯の金額は自費診療では病院によって大きな差があります。

セラミックの場合では2,000円から10,000円の間で仮歯を入れることができ、インプラントは5,000円から20,000円位で仮歯を入れることができるといえます。

2.仮歯の金額は保険診療と自費診療で異なります

仮歯の金額は自費診療よりも保険診療の方が安く保険診療では1,000円未満で仮歯を入れることができます。

ただ、審美性が低いため歯の色や形が周りの歯になじまない場合もあるといえます。

3.自費診療の仮歯は多くの役割をもっています

自費診療の仮歯は、最終的な被せものに近い見た目と形になっているため歯並びに違和感がないというメリットがあります。

実際の被せものの噛み合わせなどの確認ができるため、調整する役にもたつと言えるでしょう。

4.セラミックやインプラントは審美性の高い自費診療の施術です

セラミックなどの施術は自費診療ですが、仮歯の時点から調整を行うことができる審美性の優れたものを利用する事ができます。

自分の求める施術期間中の過ごし方や審美性などを考えて、クリニックや施術を選ぶことが大切と言えるでしょう。

4995
Return Top