矯正歯科の施術は50代ではもう遅い?

矯正歯科の施術は50代からでも遅くありません


矯正歯科の施術は子供のうちに行うものだと思っていませんか?
もちろん子供にも矯正歯科の施術は行いますが、大人になってからでも受けることができます。

50代からではもう遅いと思っている方も多いですが、子育てや仕事が落ち着き、やっと自分の時間ができたからと40代や50代から施術を受けられるお客様もいらっしゃいます。

矯正歯科の施術はできるだけ早い時期に行うことをおすすめしていますが、何歳からでも遅いということはありません。

矯正歯科の施術は何歳からでも受けることができます

基本的に矯正歯科の施術に年齢制限はありません。

50代の方におすすめの矯正方法についてご紹介します。

セラミック矯正
できるだけ早く歯並びを改善したい方や金属の装置などを付けたくないという方におすすめの施術方法です。

施術の大まかな流れは次のようになります。

  1. 自分の歯を少し削って、型とりをする
    この際に削った歯には仮歯を入れるので、施術中だと周囲にバレることはほとんどありません
  2. できあがったセラミック製の差し歯を装着する
  3. 噛み合わせなどの調整をする
  4. 噛み合わせや見た目のチェック
    問題なければ施術は完了となります

セラミック矯正は施術が必要となる歯のみ施術を行います。

自分の歯を根っこごと動かすのではなく、自分の歯の上から差し歯をかぶせて並べることで歯並びを整えます。

セラミック矯正は保険が利かない自由診療となります。

セラミック矯正の費用の相場は1本7~15万円程度で、施術を行う歯科医院によって大きく異なります。

50代でも矯正歯科の施術を受けることで、大きなメリットを得ることができます


20代など若い頃は見た目が気になるからという理由で、矯正歯科の施術を受けたいという方がほとんどです。

しかし50代になるとそれだけでなく、自分の歯を長持ちさせたい、できるだけ長く自分の歯で噛みたいというような思いから施術を受けられるお客様も多いです。

今ある歯を長く使うことができる

40~50代になると、歯周病や虫歯などで歯を失う機会が増えてしまうことも多く、歯や噛み合わせの大切さを痛感される方が多くなります。

矯正歯科の施術を受け、歯並びや噛み合わせを整えることで、それまでかかっていた歯の負担を軽減し、今ある自分の歯を長く使うことができることにつながります。

虫歯や歯周病にかかりにくくなる

歯並びが整うと食べかすなどが歯に挟まりにくくなり、歯磨きもしやすくなります。

そのため虫歯や歯周病にかかるリスクも減らすことができます。

また、歯並びが良くなることや歯磨きがしやすくなることで、歯に対する意識も高まり、モチベーションも上がっていく方も多いです。

若返り効果

歯並びが悪いと口元の筋肉や皮膚が無理に引っ張られてしまい、不自然なシワができてしまうのですが、歳を重ねるとこのしわが目立つようになり、実年齢よりも老けて見えてしまうことも多いのです。

歯並びを改善すると、口元の筋肉や皮膚の緊張が解消され、若返り効果が期待できます。

矯正歯科の施術後は、定期的にメンテナンスを行うことが大切です

矯正歯科の施術は術後のメンテナンスもとても重要になります。

歯並びが良くなると歯に食べかすなどが詰まりにくくなったり、歯磨きがしやすくなったりして、確かに虫歯や歯周病にかかるリスクは低下します。

しかし、日頃の歯磨きやメンテナンスをおろそかにしていれば、当然虫歯や歯周病にかかります。

セラミック矯正でも一般的な歯列矯正でも、歯並びが改善されたあとも歯磨きやメンテナンスをしっかりと行うようにしましょう。

毎日のお手入れは丁寧に行いましょう

特に毎日のお手入れは大切です。

差し歯にすると虫歯にならないと思っている方も多いですが、実は差し歯をかぶせていても虫歯にはなります。

差し歯自体は虫歯にはなりませんが、差し歯と歯茎の境目は汚れが溜まりやすく、そこから虫歯になりやすいです。

毎日最低でも1日1回はフロスや歯間ブラシなどを使い、丁寧に歯磨きをするようにしましょう。

定期的に歯科医院でメンテナンスを受けましょう

どんなに歯磨きをがんばっても自分できれいに汚れを落とすことは難しいです。

定期的に歯科医院にメンテナンスに通って、専門の器具や機械でクリーニングしてもらいましょう。

メンテナンスをしっかり行うことで、歯の持ちを良くすることができます

もしセラミック矯正を行っても、お手入れやメンテナンスを怠ると、すぐに虫歯や歯周病になってしまい、見た目が悪くなったり、やり変えが必要になってしまったりする可能性があります。

メンテナンスをしっかりと行い、長持ちさせていきましょう。

(まとめ)矯正歯科の施術は50代ではもう遅い?

1.矯正歯科の施術は50代からでも遅くありません

矯正歯科の施術は子どもが行うというイメージが強いかもしれませんが、大人になってからでも施術を受けることが可能です。

特に40~50代は歯周病などで歯を失う機会が増えることが多く、自分の歯を長く使いたいと施術を始められる方も多いです。

2.矯正歯科の施術は何歳からでも受けることができます

一般的な矯正は施術が完了するまでに数年という期間がかかるため、短期間で施術が完了するセラミック矯正がおすすめです。

セラミック矯正の費用相場は1本あたり7~15万円くらいですが、歯科医院によっても大きく異なります。

3.50代でも矯正歯科の施術を受けることで、大きなメリットを得ることができます

矯正して歯並びや噛み合わせを整えることで、今まで歯や顎にかかっていた負担も減り、食事もしやすくなります。

また、歯磨きもしやすくなるため今ある歯を長く使うことに役立ち、アンチエイジング効果も期待できます。

4.矯正歯科の施術後は、定期的にメンテナンスを行うことが大切です

毎日のお手入れや定期的なメンテナンスを行うことで、今ある歯を長持ちさせることができるようになります。

せっかく費用を出して歯並びを整えるのですから、お手入れをしっかりと行って歯の持ちを良くしていきましょう。

6492
Return Top