歯科矯正中は電動歯ブラシは使えるの?

歯科矯正中でも電動歯ブラシは使っても問題ないとされています


歯科矯正の中でも、矯正器具をはめるワイヤー矯正は食事でも器具を外せないので、汚れが溜まりやすいとされています。

このとき、効率よく汚れを除去するために電動歯ブラシを使用したいと考える方もいらっしゃると思いますが、電動歯ブラシの使用自体は、とくに問題はないとされています。

ただ、歯や歯茎、矯正器具を傷つけないように振動数は毎分3万回位までの電動歯ブラシが好ましく、さらに軽く当てることが大事です。

一方で、矯正器具を使わないセラミック矯正なら、歯磨きの煩わしさを感じることなく短期間で歯科矯正ができます。

電動歯ブラシなら、矯正器具の隙間に溜まった汚れが効率よく落とせます

矯正器具を装着すると、器具と歯の隙間などに食べかすなどの汚れが溜まりやすくなります。

電動歯ブラシなら、小刻みに毛先が動くので軽く歯に触れるだけで、効率よく汚れを落とせるでしょう。

振動数によって、電動歯ブラシはいくつかの種類が分けられますが、毎分1万~3万回以上振動する音波振動歯ブラシは、矯正中には適しているとされています。

振動数が数千回と少ない電動歯ブラシは、汚れを落とすのに非効率とされています。

逆に120万回と多い超音波歯ブラシは、当て方を間違えると歯茎や矯正器具を傷つけることになるので使用は控えたほうがよいでしょう。

また、円状になったブラシが回転する反復回転式の電動歯ブラシは、矯正器具にブラシがひっかかり破損する可能性にあるので、左右に振動するタイプにしましょう。

さらに、研磨タイプの歯磨き粉は電動歯ブラシの振動と相まって歯や歯茎を傷つける可能性があります。

電動歯ブラシを使う際は、歯磨き粉を使わないか、研磨剤を含まないジェルタイプのものがおすすめです。

そして歯に強く押し当てると器具や歯茎、歯にダメージを与えるので、注意が必要です。

毛先が開いてきたら、しっかり磨けないのでヘッドを交換しましょう。

また、歯と歯の間までブラシは届かないので、フロスや歯間ブラシは併用したほうがよいと言えます。

矯正器具の装着中は、歯や歯茎に汚れが溜まりやすくなります


従来の歯科矯正というと、四角いブランケットという矯正器具を歯につけてワイヤーでつなぎ、引っ張るワイヤー矯正が一般的でした。

ワイヤー矯正は食事の際も、矯正器具を外せないのでどうしても食べかすが詰まりやすくなります。

とくに、歯ブラシが当たりにくい歯と歯茎の間は汚れなどが溜まって、歯周病菌などが繁殖し、歯石が付着して歯茎の腫れや出血などをもたらします。

さらに、歯周病を発症して歯茎が下がり、最悪歯がぐらついて抜け落ちるリスクもあるのです。

また、ブランケットの周囲、ワイヤー上下や歯と歯の隙間も食べかすが詰まりやすく、放置すると虫歯や口臭などの原因となります。

口腔内のケアが不十分だと、乱れた歯並びを正したり、隙間を塞いで歯列を整えるために行った歯科矯正が逆に歯茎を不健康にしたり、歯を失うきっかけとなってしまう可能性もあるのです。

そして、矯正器具が汚れた状態だと見た目にも悪く、不潔な印象を持たれたしまったり、歯が黄ばんでしまうなどのデメリットもあります。

ワイヤー矯正は完了するまでに長期間かかるので、毎日のケアも負担が大きいと言えます。

矯正器具が不要なセラミック矯正なら、通常の歯磨きで十分です

矯正器具を装着すると、電動歯ブラシを使ったとしても毎日の口腔ケアが大変です。

しかし、歯科矯正でも矯正器具を使わないセラミック矯正なら、そのような負担もありません。

セラミック矯正は、自身の歯を削って土台を作り、セラミック製の人工歯を被せて固定することで歯並びを整えるという施術です。

人工歯も色や形状、大きさなどを自由にカスタマイズできるので、より自然な感じのきれいな歯並びが実現できるとされています。

矯正器具を装着せずに、歯列を整えることができるので、毎日のケアに悩まされる心配もありません。

ただ、人工歯が仕上がるまでは仮歯を装着することがあります。

仮歯は後に外すことを考え、さほど強力に接着されていないので電動歯ブラシを使うと振動で外れる可能性があるので注意が必要です。

また、施術本数や歯の状態などによっても異なりますが、セラミック矯正は早ければ約2ヶ月で施術が完了します。

ワイヤー矯正が平均3~4年程かかるのに比べると、セラミック矯正はかなり短期間でできることがわかります。

(まとめ)歯科矯正中は電動歯ブラシを使えるの?

1.歯科矯正中でも電動歯ブラシは使っても問題ないとされています

矯正器具を装着するワイヤー矯正は、食べかすが器具や歯に詰まりやすく、効率よく除去するために電動歯ブラシを使うことは問題ないとされています。

ただ、毎日の歯磨きに悩まされることもない、矯正器具が不要なセラミック矯正を選ぶ方もいるでしょう。

2.電動歯ブラシなら、矯正器具の隙間に溜まった汚れが効率よく落とせます

歯科矯正中は矯正器具や歯の隙間に汚れが溜まりやすく、毛先が小刻みに動く電動歯ブラシなら汚れが除去しやすいとされています。

強く押し当てると歯や矯正器具が傷つくので、歯に軽く触れる程度に当て、毛先は開いたら取り換えることなどが大事です。

3.矯正器具の装着中は、歯や歯茎に汚れが溜まりやすくなります

ワイヤー矯正では、食事中も矯正器具を外せないので器具と歯、歯と歯茎、ワイヤーの隙間に食べかすが詰まりやすく、虫歯や歯周病を発症するリスクがあります。

普通の歯ブラシでは除去しにくいですが、電動歯ブラシなら効率よく落とせます。

4.矯正器具が不要なセラミック矯正なら、通常の歯磨きで十分です

セラミック矯正は、矯正器具を使わないので毎日の口腔ケアに悩まされることもありません。

また、歯を削って作った芯に被せる人工歯は色や形状などもカスタマイズできるので、見た目にもきれいだという特徴もあります。

2942
Return Top