歯科クリニックでの自費診療と保険診療の違い|料金の違いは何か説明

歯科クリニックでの自費診療と保険診療の違い|料金の違いは何か説明口元は顔の中でも目立つパーツです。

ホワイトニングや歯列矯正など歯科クリニックで整えたい人は多いでしょう。

しかし、どうしても考えなくてはいけないのが費用の問題といえます。
歯科クリニックの保険診療と自費診療の料金の違いはどこから生まれるのでしょうか。

自由診療の費用で悩んでいる人はぜひ参考にしてみてください。

歯科での自費診療と保険診療の違い

歯科クリニックでの施術には保険診療と自費診療の2種類があります。

例えば歯の被せ物を作る際、保険診療と自費診療のどちらにするか尋ねられた人もいるかもしれません。
この二つにはどのような違いがあるのでしょうか。

保険診療の特徴

保険診療と自費診療の大きな違いは、患者が負担する治療費の割合です。

自費診療の場合は治療費の全額を負担しますが、保険診療の場合は、一部の金額の支払いのみとなります。
この保険診療の支払いの割合は、保険の種類や年齢などによって異なります。

保険診療での治療方法

保険診療と自費診療では受けられる治療目的と方法が異なります。

保険診療の目的は短期間に歯に必要な機能回復が目的です。
全国どこの歯科クリニックでも同じ目的で一定の治療が受けられることも保険診療の特徴です。

しかし、保険診療で選択できるの治療方法には制限があり、見た目の自然さや美しさ、長期的な耐久性などには重点を置いていません。

保険診療で使用できる歯科材料の種類

保険診療と自費診療では使用できる歯科材料の種類も違います。

例えば虫歯や歯の欠損の時に使う歯科用の材料です。
保険診療の場合は、レジンというプラスチックや銀歯など特定の金属しか使うことができません。

これらの歯科材料は原価が安いため保険の適用が可能です。

しかし、プラスチックは劣化しやすく耐久性に問題があります。
さらに審美面や手入れの面でも大きな差が出るでしょう。

自費診療の特徴

保険診療では一定割合の負担であるのに対して、自由診療では治療費の全額が自己負担となります。
この負担額には年齢等関係なく、1万円の治療費が発生した場合は、1万円の支払いとなります。

自費診療での治療方法

保険診療は治療法に制限がなく、自由に治療を行うことができます。

そのため最先端の治療技術や素材を使うことができるも自費診療のメリットでしょう。
また、歯の機能回復だけではなく、自然な見た目や使い心地、口腔環境の改善を追及することができます。

さらに保険治療と違って治療に関する制限がないため、同時に複数の歯を治療することもできます。
保険診療の場合は複数に分けての治療が必要になるので、そのまま虫歯が広がるリスクもあるでしょう。

自費診療であれば通院回数を少なくすることができるので、忙しい人でもできるだけ短い期間で治療を終わらせることができるでしょう。

自費診療で使用できる歯科材料の種類

自費診療では、基本的にどのような歯科材料でも使うことができます。
例えばセラミックやジルコニアといった高価な素材を使うことも可能です。

セラミックは見た目が自然の歯に近く美しい仕上がりになります。
また強度があって耐久性が高いので、長期的にみるとメリットは大きいでしょう。

自費診療にすることで治療や歯科材料の選択肢は大きく広がります。

歯科での自費診療の相場

歯科での自費診療の相場歯科クリニックでの自費治療には制限がありません。

そのため同じ治療であっても歯科クリニックによって料金が全く違うこともあるでしょう。
特に歯列矯正や手術などでは費用が高額になるため、いくらかかるのか相場を事前に知りたいという人も多いはずです。

多くの歯科クリニックでは診療メニューと費用の目安を公開しています。
またインプラント治療など素材のほかに仮歯のような別途費用がかかることもあるでしょう。

歯科クリニックを選ぶ時には、どういった治療にどのような費用がかかるのか細かく説明されている歯科クリニックを選ぶと安心して任せることができます。

歯列矯正などはその人にとって必要な施術や歯並びの状態によっても料金が違ってくるでしょう。
費用については実際にカウンセリングを受けて見積もりを取ることをおすすめします。

歯科での自費診療の医療費控除について

歯科での治療は確定申告で医療費控除の対象となることがあります。
医療費控除とは確定申告の手続きで、すでに支払った医療費が10万円を超える場合に控除を受けられる制度です。

控除を受けることで所得額が下がれば、所得税が還付されます。
また翌年の住民税の減額にもつながるでしょう。

医療費控除は何もしなくても還付されるわけではありません。
確定申告の時期に税務署に申告することが必要です。
医療費の支払いを証明するものも必要になるので、交通費とともにわかりやすいように記録しておきましょう。

次に、どのような治療が医療費控除の対象になるのか紹介します。

医療控除が適用される歯科治療の内容

医療費控除の対象は治療に分類される施術です。
例えばインプラント治療や歯の矯正治療などが対象となります。

もちろん、虫歯や歯周病治療、親知らずの抜歯なども対象です。
自費診療による補綴治療・セラミック治療などにも適用となるので、費用が大きくかかった場合は利用することをおすすめします。

医療費控除の対象となる支払いは直接の治療費ではないものも含みます。
例えば通院や入院に電車などの公共交通機関を使った場合はその交通費も対象です。

また、幼い子どもに保護者が付き添った場合は、その保護者の交通費も含みます。
歯の痛みのために薬局で歯痛止めなどの医薬品を購入した場合も同様となります。

医療控除が適用されない歯科治療の内容

医療費控除が適用されないのは治療に当たらないものです。
例えば歯を白くするためのホワイトニング処置は適用になりません。
そのほか、美容目的の審美的処置も対象外です。

また歯科ローンを利用した場合の金利や手数料、自家用車で通院した場合の駐車料金やガソリン代も適用外になるので注意しましょう。

(まとめ) 歯科クリニックでの自費診療と保険診療の違い|料金の違いは何か説明

1. 歯科での自費診療と保険診療の違い

保険の適用により支払いの負担軽減が可能です。

しかし、歯科での保険診療は歯の機能回復を目的としたものです。
そのため使用される歯科材料にも審美的側面は求められず、耐久性が劣ることもあります。

一方、自費診療の場合は基本的に治療を自由に行ってもらうことが可能です。
見た目にこだわって治療したい、忙しいから治療回数を抑えたいといったニーズを満たすことができるでしょう。

また、最先端の高度な技術で歯を治療することもできます。

2.歯科での自費診療の相場

歯科での自費診療の相場はその歯科クリニックによって全く違います。
歯の治療前に相場について調べておきたいという場合は、事前に歯科クリニックなどのホームページをチェックしてみましょう。

ただし、必要な治療は人によって違うので、費用が気になる場合は歯科クリニックで相談して見積もりを取るとスムーズです。

3.歯科での自費診療の医療費控除について

歯科での自費診療であっても医療費控除の対象になります。
また治療に伴う交通費なども医療費控除の対象です。

ただし、見た目をよくするための歯列矯正や歯のホワイトニングは対象になりません。
確定申告には源泉徴収票やいくら支払ったかわかる領収書が必要です。

普段から整理して確定申告に備えておきましょう。

167
Return Top