歯科矯正で歯並びに変化が見られるのはいつから?

いつからかというと、早ければ歯科矯正開始から数ヶ月で変化が見られることもあります


歯科矯正を行ううえで、いつから歯並びがキレイになるか、変化してくるのか気になるところです。

歯科矯正の種類にもよりますが、大体数ヶ月で歯に変化を感じる方が多いとされています。

中でもセラミック矯正のように、施術が短期間で済む方法もあり、早ければ約2ヶ月位で歯並びが整う場合もありるでしょう。

一方で、従来の矯正器具を歯につけるワイヤー矯正はゆっくり歯を移動させるため、歯列が整うには数年かかるとされています。

セラミック矯正だと、早くて2ヶ月位で歯列が整うケースもあります

歯科矯正を始めると、いつから歯並びに変化が見られるのか気になります。

歯科矯正の中でも、歯を削って土台を作りセラミック製の人工歯を被せるセラミック矯正は、早くて2ヶ月位で施術自体が終わり、歯並びが整うので変化を実感できると言えます。

ただ、歯並びの状態には個人差があるので、一概には言えません。

たとえば施術を行う歯の本数が多かったり、虫歯が悪化したりすると、歯の神経を抜く根管処置が必要となる場合もあります。

また、自分の歯が脆く人工歯を被せる土台が作れず、セラミックやジルコニアといった人工の芯を埋め込む処置を行うケースも考えられるでしょう。

こういったケースでは、どうしても2ヶ月以上施術に時間がかかるので、歯列が整うといった変化が見られるのはもう少し遅いこともあります。

いずれにしてもセラミック矯正は、歯科矯正の中でも比較的短い期間で施術が終わり、歯並びの変化を実感するのも早いので、できれば効率よく施術を行いたい方にもおすすめです。

歯科矯正の種類によっては、変化が見られるまでに数年かかるとされています


歯科矯正というと、ワイヤー矯正を思い浮かべる方も多いでしょう。

ブランケットという矯正器具を歯に装着してワイヤーでつなぎ、引っ張りながら少しずつ歯を移動させて歯列を整える矯正方法です。

ワイヤー矯正だと、歯をゆっくり動かすので1ヶ月で約0.3㎜動くため、たとえば3㎜動かすには10ヶ月程かかると想定されます。

歯をワイヤーで引っ張って人為的に移動させることは、他の歯や歯茎にも圧力がかかるので、傷がつかないように、より自然な状態を維持するためにはかなり慎重に行う必要があるからです。

歯が少しでも動くと口の中の感覚は敏感なので、矯正後1ヶ月程度で多少の変化を感じる方もいるかもしれません。

しかし、歯列が整うまで個人差はありますが、ワイヤー矯正の場合約3、4年は要します。

歯列が整った、噛み合わせが良くなったり咀嚼しやすくなったりしたという、はっきりとした変化を感じるには、少なくとも数年かかるケースが多いとされているのです。

また、マウスピースを装着する矯正方法の場合も完了するまでに約1年から3年程かかるので、変化が見られるのもその位は要すると言えます。

歯列矯正は、口腔内や体にさまざまなよい効果が得られるとされています

歯科矯正は、すぐに変化が見られるわけではないので、なかなか踏み切れないという方もいるかもしれません。

しかし、歯列を整えることにより、体や口腔内にさまざまな効果がもたらされます。

まず、噛み合わせが改善されるので、咀嚼の際に左右の顎の筋肉が均等に使われるようになるでしょう。

顔の左右の歪みが少なくなり、顎へも均等に負荷がかかるため顎が細くなるなど、顔立ちが整う可能性があります。

さらに、しっかり食べ物を咀嚼できることで消化不良が起こりにくくなり、胃腸の不調も改善される効果も考えられるでしょう。

顎への負担が減ることで首や肩の筋肉への緊張も弱まり、肩こりや頭痛、めまいなどの体調不良が緩和される効果も期待できます。

さらに、歯の隙間が減るので食べかすが詰まりにくくなり、歯磨きもしやすいので虫歯や歯周病などのリスクが低くなります。

そして出っ歯や受け口などの歯列の乱れは、口が常時開きやすく喉の粘膜に病原菌が付着しやすい「口呼吸」になる傾向にあるのです。

それが歯列矯正で改善されることで「鼻呼吸」に変わり、鼻のフィルターで病原菌をシャットアウトできるようになるので、免疫力が上がります。”

(まとめ)歯科矯正で歯並びに変化が見られるのはいつから?

1.いつからかというと、早ければ歯科矯正開始から数ヶ月で変化が見られることもあります

歯科矯正では、歯並びに変化を感じるまでにある程度の期間を要します。

しかし、歯を削って土台を作りセラミック製の人工歯を被せるセラミック矯正は短期間で施術も終わるので、もっと早く歯並びが整うとされているのです。

2.セラミック矯正だと、早くて2ヶ月位で歯列が整うケースもあります

セラミック矯正の場合、歯自体を移動させるのではなく人工歯を被せて歯列を整えるので、早ければ約2ヶ月で歯並びに変化をもたらします。

ただし、施術本数や部位、施術内容などによってはさらに期間を要する場合もあるでしょう。

3.歯科矯正の種類によっては、変化が見られるまでに数年かかるとされています

従来の矯正器具を歯にはめるワイヤー矯正の場合、歯を根元から少しずつ移動させるので、歯並びに変化を感じるまでに数年かかるとされています。

ただ、口の中は感覚が敏感になるので、ほんの少し移動するだけでも数ヶ月で変化を感じることがあるでしょう。

4.歯列矯正は、口腔内や体にさまざまなよい効果が得られるとされています

多少期間がかかっても、歯科矯正で歯列を整えることで虫歯や歯周病予防をしたり、顔の歪みを改善したりなどの効果が期待できます。

さらに、きちんと咀嚼できることで消化不良が減る、首や肩の凝りが和らぐ、発音が明瞭になるといった可能性もあります。

2374
Return Top