歯科矯正で用いられるポーターってどういう装置なの?

ポーターは歯科矯正で歯列の幅を調節するための装置です


歯科矯正で用いられる矯正装置の一種「ポーター」は、「ポーター型拡大装置」とも呼ばれることがあり、その名称通り歯列の幅を拡大するための装置です。

上顎、もしくは下顎の歯列が小さい場合に使用されます。

ポーターで歯列を広げた後、マルチブラケットで歯列矯正を行うのが一般的です。

ポーターは歯列矯正のための装置ですので、骨を拡大することはできないとされています。

ポーターは歯科矯正で歯列の幅を調節するための装置です

「ポーター」というのは、「ポーター型拡大装置」のことで、歯科矯正で用いられる矯正装置の一種です。

主に上顎に使用されますが、下顎の歯列が小さい場合にも使用されます。

ポーターで歯列を拡大した後にマルチブラケットで歯列矯正を行うのが一般的とされています。

ポーターは固定式装置のため、一度装着してしまうと、お客様自身では取り外すことのできない装置です。

調整が必要な場合に応じて、医師が取り外すのがこの装置の特徴です。

ポーターは歯列に力を加えて拡大するものになりますから、初めて装着すると、数日間は痛みを感じる場合があるといいます。

慣れないうちは違和感を覚えることもあります。

また、食事をとる時に食べ物が装置に引っかかりやすいため、注意する必要があるでしょう。

ポーターを装着している期間中も、普段通りの歯のケアを行います。

ポーターは小臼歯の裏側と接触する形になっているため、ここに汚れが溜まりやすい傾向にあります。

歯磨きの際は普段以上に丁寧に行うことを心がけるとよいです。

ポーターは歯列矯正のための装置ですが、骨ごと拡大するのに急速拡大装置が用いられることがあります。

歯科矯正で用いられる矯正装置には様々な種類があります


歯科矯正で用いられる矯正装置には、ポーター以外にも様々な種類のものが存在しています。

ここでは、急速拡大装置などといった他の装置をご紹介します。

急速拡大装置

急速拡大装置は、上顎もしくは下顎の骨の幅を拡大するための矯正装置です。

クロスしているような形状の装置で、中央のネジを回すことで少しずつ上下の顎の幅を拡大していき、成長を促進するのが目的とされています。

マルチブラケット装置

一般的な歯科矯正の装置として知られているのがマルチブラケット装置です。

歯1本1本にブラケットと呼ばれる金具を装着し、アーチワイヤーと呼ばれる針金を通して歯を固定させます。

ワイヤーにも様々なタイプがありますが、いずれも装着時に目立つというデメリットが挙げられます。

リンガルアーチ

リンガルアーチは、奥歯が動かないように固定させるために用いることもありますが、歯の位置を移動させるために用いられることもあります。

また、マルチブラケット装置などの土台として使用する場合もあります。

歯の裏側に装着するタイプの装置です。

歯科矯正の方法としてセラミック矯正も選択肢に入ります

ポーターや急速拡大装置、マルチブラケットなどの矯正装置を使用した歯科矯正の方法をご説明してきましたが、歯科矯正の方法の一つとして、セラミック矯正も選択肢に入れてみてはいかがでしょうか?

セラミック矯正は歯並びを治したい歯やその周辺の歯を削り、そこにセラミッククラウンと呼ばれる審美性の高い歯を被せることで歯列を改善させる方法です。

「なるべく抜歯をしたくない」と希望されるお客様も多いですが、症状によっては、矯正装置で施術を行った場合でも抜歯が必要になることがあるといいます。

セラミック矯正では、歯を削った段階で仮の歯を装着するため、施術後の歯並びをその場で確認することが可能です。

矯正装置を使用した歯科矯正ですと、3年以上矯正装置を装着しなければならないケースもあるといいます。

セラミック矯正であれば、最短で2ヶ月程度、長くなっても数か月単位で施術を完了することができると考えられています。

また、歯の見た目を美しく変えることもでき、メリットの多い矯正方法であるといえるでしょう。

(まとめ)歯科矯正で用いられるポーターってどういう装置なの?

1.ポーターは歯科矯正で歯列の幅を調節するための装置ですです

「ポーター」は歯列の幅を拡大するための矯正装置です。

上下の顎どちらかがの歯列が小さい場合に使用されます。

あくまでも歯列の拡大をするものであり、骨を拡大することはできないとされています。

2.ポーターは歯科矯正で歯列の幅を調節するための装置です

ポーターは歯列矯正のための装置で、一度装着してしまうと、お客様自身では取り外すことができないようになっています。

慣れないうちは違和感を覚えることや、痛みを伴うことがあるといいます。

食事をとる際や歯磨きの際には十分注意を払う必要があります。

3.歯科矯正で用いられる矯正装置には様々な種類があります

歯科矯正で用いられる矯正装置には、様々な種類があります。

例えば、上下の顎の骨を拡大させるための急速拡大装置や、一般的な歯科矯正の装置として知られているマルチブラケット装置、歯の裏側に装着して歯列を改善させるリンガルアーチなどがあります。

4.歯科矯正の方法としてセラミック矯正も選択肢に入ります

歯科矯正の方法には矯正装置を用いた方法以外にも、セラミック矯正も選択肢として挙げられます。

審美性が高く施術期間も短いため、メリットの多い矯正方法ではないでしょうか。

3267
Return Top