顎のずれは歯科矯正で改善できるの?

小さな顎のずれは歯科矯正のセラミッククラウンで改善できます


顎関節のずれは噛み合わせの悪さや、肩こり、耳鳴り頭痛などを引き起こします。

歯並びが悪いと歯の噛み合わせによる不快感が出て、食事中、正常に噛むことができないケースもあるようです。

特に顎関節症になると、顎のずれだけではなく、痛みやメンタルの問題を引き起こします。

そうならないためにも、顎のずれは早めの施術が大切なのです。

小さな顎のずれであれば、セラミッククラウンという施術で歯の噛み合わせを治し、改善することができます。

もし、すでに大きな顎のずれになってしまった場合は、セットバック法と呼ばれる外科的な施術で改善することができます。

歯並びや噛み合わせが悪いと悪化することもあります

顎関節のずれが、噛み合わせの悪さを引き起こしている可能性があります。

特に大人では顎関節の不調和に悩んでいる人も多いようです。

口を自然に開けることができない、顎から乾いた音が鳴るなどの症状が挙げられますが、中にはまったく無自覚な人も居ます。

顎関節のずれがあまりにひどいケースだと、肩こりや耳鳴りやめまいが生じるケースもあるようです。

顎の関節は噛むという動作に大きく関連していることを忘れてはいけません。

顎関節に何かしらの問題があると、ただ、食べ物を噛んで食べるという簡単な動作だけでも大変になってしまいます。

顎の関節はある意味、土台という役割を持っており、顎がしっかりしているからこそ、スムーズに食べ物を噛むことができるのです。

また、その逆パターンもありえます。

歯の噛み合わせや歯並びが悪ければ、不快感が生じるため、どうしても問題のある歯を避けて噛むようになります。

その状態は正常な噛み合わせではなく、そのまま継続していると、顎のずれが生じることもあるようです。

顎と歯のどちらの場合であっても、油断は禁物と言えるでしょう。

顎関節症は歯並びの悪さや日常の悪癖で悪化します


顎のずれと大きく関係しているのが、顎関節症です。

顎関節症は、痛みを生じさせることが特に大きな問題です。

通常、骨の間には関節円板というものがあり、これがクッションのような役割を持っているので、衝撃を和らげてくれたり、関節の動きをスムーズにしてくれたりするのです。

この部分がずれることにより、顎関節症が引き起こされます。

音が鳴る、口を上手く開くことができないなどの症状が次第に現れ、顎の痛みも生じさせてしまうと考えられているのです。

他にも血流が悪くなって、肩や首のコリにつながるだけではなく、メンタル部分で深刻な問題を引き起こすきっかけにもなってしまうようです。

顎関節症の原因にはさまざまなことが考えられており、固いものを食べる、歯を食いしばるなど、誰もが行ったことがあるような原因でも引き起こされることがあります。

もちろんその中には、歯並びの悪さが原因となっている場合もあるようなので、歯科矯正が必要になることもあるようです。

セラミック矯正やセットバック法などで改善が期待できます

顎関節症にならないためにも、顎のずれを早めに改善しなければなりません。

まずは、顎に悪いとされる日常的な癖などに気をつける必要があります。

例えば、頬杖や、唇を噛む行為や、歯を食いしばるという行為には特に注意が必要です。

食べ物を噛む時、左右どちらか一方に偏るのもよくないでしょう。

ただ、やはり歯の噛み合わせを改善しなければ根本的な解決になりません。

その場合は、専門の医療機関で施術を行う必要があるでしょう。

顎のずれが小さく、数本の歯並びの悪さを改善したいのであれば、セラミック矯正という人口歯を用いた施術が効果的です。

ただ、顎のずれが大きい場合は、少々歯並びの悪さを改善できたとしても、根本的な問題は残ってしまうことになります。

そのような場合にはセットバック法と呼ばれる外科的な施術で、直接顎の改善を試みましょう。

顎骨を切って直接治す施術ですから、劇的な改善が期待できます。

また、施術中は全身麻酔がかかりますから、痛みの心配もありません。

顎関節症というのは、本当に厄介な存在です。

なってしまうと、日常的な痛みだけではなく、美味しい食事を楽しむことができません。

だからこそ、根本からきちんとした改善が必要になって来るのです。

顎が痛い、口が上手く開かないと日常的に感じている人は、自分の歯並びが悪いかどうか改めてチェックしてみてください。

そして問題があるのでしたら、しっかりと施術を行って根本の問題から改善していきましょう。

(まとめ)顎のずれは歯科矯正で改善できるの?

1.小さな顎のずれは歯科矯正のセラミッククラウンで改善できます

顎の大きなずれは歯の噛み合わせや顎関節症につながるケースがあります。

また、痛みやメンタルの問題も生じるため早めの改善が必要です。

小さなずれは、セラミッククラウンによる施術を行いましょう。

重度の場合はセットバック法が効果的と言えます。

2.歯並びや噛み合わせが悪いと悪化することもあります

顎関節のずれにより、歯の噛み合わせの悪さが引き起こされることがあります。

すると、顎から乾いた音が鳴る、肩こりや耳鳴り、めまいなどが生じてしまうのです。

逆に、歯並びや噛み合わせが悪いことがきっかけで、顎関節のずれがひどくなることもあります。

3.顎関節症は歯並びの悪さや日常の悪癖で悪化します

顎のずれと大きく関係しているのが顎関節症です。

顎関節症が出ると痛みを生じるだけではなく、メンタルにも問題が出てきます。

歯並びの悪さだけではなく、日常のちょっとしたことが原因でなりかねませんから注意が必要でしょう。

4.セラミック矯正やセットバック法などで改善が期待できます

顎のずれは早めに改善しなければなりません。

頬杖や唇を噛む行為などで、ずれも大きくなります。

根本的な問題の歯並びの悪さを改善したいなら、セラミック矯正やセットバック法などを利用してみましょう。

8283
Return Top