歯科矯正をする人の割合はどのくらいですか?

歯科矯正の割合は2割程度です


日本で歯科矯正を行っている方の割合は、2割程度と言われています。
この割合は海外と比べても低く、その中でも中国やアメリカと比較してみると、かなり低い数値となっています。

しかし日本人が、海外の人と比べて特別歯並びが良いという状態でもありません。
実際、歯並びが悪い割合をみると、日本では6割程度で、アメリカと比較してもそれほど変わりがないのが現状です。

日本人は歯並びが悪いと自覚していても、金額面や手間がかかる面でなかなか施術に踏み切れないことが理由の一つとなっています。

歯科矯正に対し不安を持っている人が多いようです

日本人の歯科矯正の割合が低い理由に、歯科矯正に対し不安を持っていることが挙げられます。

歯科矯正は時間がかかるため、施術がツライと思っている人が少なくないようです。

ネガティブな印象を持っているため、本人に歯並びの悪さの自覚があっても、なかなか踏み切ることができないのでしょう。

一方でアメリカ人や中国人が歯列矯正をする割合が高い理由として、歯科矯正に対し良いイメージを持っている人が多いことが理由とされています。

施術による辛さよりも、歯並びが矯正されたときの良さや喜びの方が強く、施術の不自由さよりも、歯並びが改善できたことをイメージしている人が多いのです。

実際に日本人は6割以上の人が歯科矯正が辛いと答えたのに対し、アメリカでは7割以上の人は歯並びが良くなって嬉しいといったポジティブな印象を持っていることがわかっています。

これは中国人にも同じことが当てはまり、施術の不自由さよりも、歯並びが改善されたことを期待している人が多いのです。

多くの日本人が歯科治療に対してネガティブな印象を持つのは、装置が目立つことや痛みを感じることなどが理由です。

できるだけ装置が目立たないタイプを希望する人が多いですが、日常生活に影響を与えることが理由で、歯科矯正を諦める人も増えています。

日本では八重歯が可愛いと感じるのも割合が少ない理由です


海外と比べて日本人の歯科矯正に対する意識が低いのは、八重歯に対する考え方の違いでも影響しています。

日本の若い女性の半数以上が八重歯を可愛いと感じているようです。

八重歯が生じる原因は、顎が小さくて歯が生え揃うスペースが不足しているためです。

その結果、歯が不規則に並び、他の歯よりも遅く生える犬歯が飛び出た形となります。

現代では柔らかい食事が増えているため、顎の成長が抑制されるケースが増えているようです。

その結果、八重歯になる人の割合も増加しています。

日本では可愛いとされる八重歯でも、海外では否定的な見方がされることがあります。

例えば、アメリカでは八重歯はドラキュラの印象を与えるとされ、中国ではトラの歯を連想させるという懸念があります。

また、八重歯があると歯並びが悪くなり、適切に歯磨きが難しくなることから、不潔な印象を持たれることがあります。

八重歯は本人の体の不調にもつながる可能性があります。

歯並びが悪いことで噛み合わせが狂い、しっかり噛むことができません。

歯磨きができないことによって、歯周病や虫歯の原因にもなるでしょう。

八重歯は可愛いものという印象から、見た目や体にも影響を及ぼしていると認識が変われば、歯科矯正を行う機会も増えるかもしれません。

ニーズに合わせて歯科矯正の施術法を選びましょう

歯科矯正に対しネガティブな印象を持っていたり、八重歯を可愛いと感じ施術は必要ないと思っていたりする方でも、歯科矯正の現状を詳しく知ると施術への敷居が低くなるでしょう。

歯科矯正の施術法は、その方のニーズによって選べるよう変化しています。

施術期間が気になる方向けの方法としては、セラミック矯正が挙げられます。

歯を削って人工の歯を被せる方法で、数年かかっていた歯科矯正が短期間で施術可能です。

その期間は数ヶ月程度で、装置をつける期間を減らしたい方に向いています。

セラミック矯正は部分的な歯並びを改善されるためにも活用が可能です。

たとえば八重歯をなくす方法、前歯の歯並びを改善するやり方があります。

1本からでも矯正ができるとわかれば、歯科矯正へのネガティブな感情も少なくなるでしょう。

日本で歯科矯正が普及していないのは、矯正方法に種類があることを知らない人が多いからなのかもしれません。

歯科矯正はいろいろな施術方法が選べることがわかれば、その人が悩んでいることに対し、適切な施術方法が選びやすくなるでしょう。

(まとめ)歯科矯正をする人の割合はどのくらいですか?

1.歯科矯正の割合は2割程度です

日本人の歯科矯正の割合は2割程度で、中国やアメリカと比べて低くなっています。

歯並びの悪さはアメリカと同じ6割程度のため、特段日本人の歯並びが良いというわけではありません。

歯科矯正をしたいと思っても、踏み切れない人の割合が高いようです。

2.歯科矯正に対し不安を持っている人が多いようです

日本人の歯科矯正の割合が低いのは、歯科矯正に対するネガティブな印象が強いからです。

装置が目立つこと、痛みを感じることを挙げる人が多くなっています。

海外の方は歯科矯正に対しポジティブな印象を持っており、ネガティブな感情は日本独自のものです。

3.日本では八重歯が可愛いと感じるのも割合が少ない理由です

日本人は八重歯が可愛いと思っている人が半数以上もいるため、八重歯があっても歯科矯正への意識が低いといえます。

海外では八重歯はネガティブな印象なこともあるため、周りの人の意見も参考にしてみましょう。

4.ニーズに合わせて歯科矯正の施術法を選びましょう

歯科矯正に対しネガティブな印象を持って、なかなか施術に踏み切れない方は、複数の矯正方法があることを知りましょう。

セラミック矯正なら施術期間が短く、部分的な矯正にも向いています。

22305
Return Top