仮歯が取れる原因とは?

仮歯が取れる原因には、硬いものを噛む、通院を中断するなどさまざまなものが考えられます


仮歯は応急的な措置なので、いずれは外すため食事に支障のない程度の接着してあるにすぎません。

そのため、硬いものなどを噛んだり、強く歯ブラシでこすったりすると取れることがあります。

さらに、材質の特徴により摩耗しやすいので、通院をやめて装着し続けると隙間ができたり、接着剤がすり減ったりして思いがけず取れる原因ともなるのです。

通院は最後まできちんと完了させ、途中で取れたら早めに専門医に接着し直してもらいましょう。

硬いものを食べることやムリな口腔ケアなども仮歯が取れる原因となります

仮歯は人工歯が完成するまでに、一時的に入れておく仮の歯なので後に外すことになります。

そのため強力にはくっつけてないですが、食事などですぐに取れては不便なので、生活に困らない程度にきちんと接着してあります。

しかし、おせんべいやするめ、氷などの硬いものや、ガムやキャラメル、餅など粘着力の強いものを食べると、思いがけず仮歯が取れる原因となります。

とくに前歯の仮歯は、リンゴやチキンなどさほど硬くないもので大きいまま丸かじりすると、仮歯に大きな負荷がかかり外れることもあります。

さらに歯磨きの際、歯間ブラシやデンタルフロスは歯ブラシでは届かない隙間汚れをしっかり除去できるので、使うとよいとされています。

しかし、仮歯と歯の間に入れてムリに引っ張ると仮歯に圧力がかかり、仮歯が取れる場合もあります。

ほかにも転倒して仮歯を打ったり、ボールが当たるなど外部から強い衝撃が加わると、取れたり破損することもあるので注意が必要です。

通院を中断し仮歯を長期間放置すると劣化し、思いがけず取れることもあります


仮歯は一時的に装着する歯で、いずれは外して不要となるため、普通は安価で手軽なプラスチック状の樹脂が材質として用いられます。

プラスチック状の樹脂は、やわらかいので形が整えやすいという性質上、咀嚼を繰り返すと徐々にすり減って摩耗していきます。

時間をかけてゆっくり劣化していくので、気づきにくいですが、長期間使用し続けることで隣の歯との間に隙間が生じることもあります。

また、仮歯はセメント接着剤で応急的にくっついているだけです。

そのためセメントがすり減ったり、唾液で徐々に溶け出し歯や歯茎との間に隙間ができたりもします。

そうなると、仮歯がバランスを崩して根元がぐらぐらします。

通常なら外れることない、適度な硬さのものを噛むことや、睡眠中の歯ぎしりにより思いがけず取れることもあります。

つまり仮歯の劣化や摩耗も、仮歯が取れる原因の一つと言えます。

さらに睡眠中や食事中に急に仮歯が取れるようなことがあると、気づかずにそのまま誤飲するリスクも高いので、注意が必要です。

ただ、担当医の指示通りに仮歯を装着し、決められた日に受診すればまず摩耗により外れたりすることもないとされています。

通院を中断せず長期間放置しないで、きちんと施術を完了させることが大事です。

仮歯装着中は外れないためにも、食べる物やケアの仕方に注意が必要です

仮歯は日常生活に支障がない程度の接着されており、一般的に普通に食べ物を噛んだ位では取れないようになっています。

しかし、強い衝撃を受けたり圧力がかかったりすると取れることもあります。

そのため、仮歯装着中はできる限り仮歯で食べ物を噛まないようにし、硬いものや粘着性のある食べ物は控えるようにしましょう。

また、毛先にやわらかな歯ブラシを小刻みに優しく動かして仮歯を清潔にし、隙間に使うフロスは前後にゆっくり動かし、上に抜かず手前に引いて抜くなどケアの仕方にも注意が必要です。

それでも思いがけず仮歯が取れてしまったら、早めに専門医を受診して、再接着してもらい歯に空間ができたままにしておかないことが大事です。

仮歯が取れたままが長期間経過すると、食べかすが詰まって細菌が繁殖し、虫歯や歯肉炎などのトラブルを招くこともあります。

さらに、隣り合う歯が隙間を塞ごうとして動いたり歯茎が盛り上がったりして歯並びが乱れ、当初作成した人工歯の完成品が合わなくなる可能性もあるからです。

仮歯が取れないように注意し、取れてしまったらそのままにしておかないようにしましょう。

(まとめ)仮歯が取れる原因とは?

1.仮歯が取れる原因には、硬いものを噛む、通院を中断するなどさまざまなものが考えられます

仮歯は仮止めしてあるだけなので、硬いものを噛むなど負荷をかけると外れることがあります。

また長期間仮歯のまま放置すると、摩耗して隙間が生じて少しの衝撃でも外れやすくなる場合があるため注意が必要と言えるでしょう。

2.硬いものを食べることやムリな口腔ケアなども仮歯が取れる原因となります

仮歯は日常生活に不便のない程度に接着してありますが、硬いものや粘着力のあるものを食べると、咀嚼時の負荷により取れることがあります。

また、強く歯ブラシやフロスを動かすなどムリな口腔ケアも仮歯が取れる原因となります。

3.通院を中断し、仮歯を長期間放置すると劣化し思いがけず取れることもあります

仮歯は材質上、長期間経つとすり減ったり、接着剤が溶けだしたりすることがあり、少しの負荷が外れることもあります。

そのため通院を中断しないで、きちんと受診し、定期的なメンテナンスを受けることが大事です。

4.仮歯装着中は外れないためにも、食べる物やケアの仕方に注意が必要です

仮歯を入れたら、硬いものや粘着性のある食べ物を控えたり、優しく丁寧に口腔ケアをしたりすることが大事です。

万一取れてしまったままだと、虫歯などのトラブルが起こりやすいので、できるだけ早く専門医に再接着してもらう必要があります。

1855
Return Top