湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

歯科矯正のメリットとデメリットとは?

歯科矯正は見た目が良くなるなどのメリット、時間と費用がかかるなどのデメリットがあります


歯科矯正を行うと歯並びが整い見た目が良くなるほか、噛み合わせが正されるため、食べ物をしっかり噛んで胃腸の調子が良くなる、頭痛や肩こりの解消が期待できるなどのメリットがあります。

反対に、歯科矯正には時間がかかり、保険適用外の自費診療となるので費用が高額になるというデメリットもあります。

歯並びが乱れていると見た目が悪いうえに体や口腔内の健康を損なうリスクが高まります

歯並びが悪いと笑ったり、会話する際に口の中が見えた時に清潔感に欠ける、だらしないなどの印象を相手に与えてしまうことがあるので、見た目に良くないというデメリットが生じます。

更に見た目だけでなく、口腔内や体にも様々な悪影響を及ぼす可能性があります。

歯並びが乱れていると噛み合わせが合わないので、食べ物がしっかり噛めずに食事に時間がかかったり、しっかり噛み砕かないまま飲み込んでしまうので胃や腸の消化器官の負担が重くなり、消化不良を起こすリスクも高まります。

また、歯列から歯がはみ出ていると歯と歯や歯茎との間に隙間が生じ、そこに食べかすが詰まりやすくなります。

歯ブラシもうまく当たらないので、食べかすが溜まって細菌が繁殖し、虫歯になったり歯茎が炎症を起こして歯周病になるリスクも高くなると言えます。

また、噛むときに顎にかかる力が偏る傾向にあるため、顎に負担がかかって顎周りの筋肉が傷むなどの症状が現れ、顎関節症などの引き起こす場合もあるのです。

そして、噛み合わせが悪いと体のバランスも乱れるので、肩こりや頭痛などの体調不良に悩まされることもあります。

歯科矯正にはメリットとデメリットがあるためしっかり把握しましょう


歯科矯正のメリットと言うと、やはり見た目がキレイになることです。

噛み合わせが良くなることで顔の左右の筋肉が均等に発達し、顔の輪郭のズレが徐々に戻って顔立ちも整ってきます。

更に、しっかり噛めるため味覚が刺激されて、食事が以前よりも美味しく感じたり、消化機能への負担が減るので胃腸の調子が良くなるというメリットもあります。

また、正しい噛み合わせにより、体にかかる力のバランスが改善されて、肩こりや頭痛、首の凝りなどのトラブルが解消される効果も期待されています。

そして、しっかり歯ブラシが当たるようになるため、歯磨きしやすくなり、虫歯や歯周病などの予防にも効果的だとされています。

一方で、デメリットというと従来のワイヤー器具を装着するブラケット矯正の場合は、施術期間も2、3年と長く、費用も例外を除いて保険適用外で自己負担になるため、経済的な負担がかかります。

更に、矯正器具を付けたままなので食事や歯磨きなどもしづらく、歯と矯正器具の間に食べかすが溜まって虫歯になりやすい、矯正器具が唇の裏側や歯茎に当たって擦れてしまうと口内炎になりやすいといった面があります。

短期間で矯正器具を装着せずに行うセラミック矯正は歯科矯正のデメリットをカバーできるとされています

歯科矯正で歯列を正すことは、見た目にもキレイに見えるのはもちろん、噛み合わせが良くなることで口腔内や体に良い影響をもたらすなど、メリットが多くあります。

やってみたいけれど、長期間を要することや矯正器具の装着などのデメリットが気になるという人もいるでしょう。

しかし、歯科矯正でも矯正器具を装着しないで、しかも比較的短期間で矯正ができるとされているセラミック矯正なら、デメリットをカバーできると言えるでしょう。

セラミック矯正は、自分の歯を削って土台を作り、丈夫で耐久性のあるセラミック製の人工歯を被せるという矯正方法です。

歯の状態や矯正本数によって異なりますが、短いと2ヶ月位で施術を終えることができるうえに、仮歯を入れるので矯正中も見た目はキレイに保てます。

しかも、人工歯の色や形、大きさなども自分で自由に決められるので周囲の歯の色合いなどと合わせることができ、より自然な審美性の高い仕上がりになるとされています。

(まとめ)歯科矯正のメリットとデメリットとは?

1.歯科矯正は見た目が良くなるなどのメリット、時間と費用がかかるなどのデメリットがあります

歯科矯正には、見た目がキレイになる他に口の中や体のトラブルを改善する効果があるといったメリットが挙げられます。

一方で、歯科矯正が終わるまでに時間を要し、費用も自己負担なので結構かかるといったデメリットもあります。

2.歯並びが乱れていると見た目が悪いうえに体や口腔内の健康を損なうリスクが高まります

歯科矯正を必要とするほど歯並びが悪いと、見た目が良くないうえに、しっかり噛めないために胃腸に負担をかけ、頭痛や肩こりなどの体の不調を招くリスクがあります。

更に、歯ブラシがきちんと当たらず、虫歯などにかかる確率も高まるとされています。

3.歯科矯正にはメリットとデメリットがあるためしっかり把握しましょう

歯科矯正を行うと、噛み合わせや顔の輪郭のズレが正されるなどのメリットがあります。

逆に矯正器具を装着するブラケット矯正では長期間を要し、歯科矯正自体は例外を除き保険適用外となるので費用の負担が大きいなどのデメリットもあります。

4.短期間で矯正器具を装着せずに行うセラミック矯正は歯科矯正のデメリットをカバーできるとされています

歯科矯正のなかでも、ブランケット矯正は長期間矯正器具を付ける、歯磨きがしにくいなどのデメリットがあります。

短期間でできて矯正器具が不要、しかも審美性が高いセラミック矯正なら歯科矯正のデメリットの大部分をカバーできるとされています。

10531
Return Top