湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

受け口の悪化を防止するためにはどんな注意が必要?

受け口防止のためには原因を知り悪癖を無くすことが大切です


受け口の悪化を防止するためには、何をすると受け口になりやすいかを考えなければなりません。

基本的に受け口は子供の頃の悪癖によって形成されると考えられています。

そのため子供のうちから、受け口にならないようにしなければなりませんでした。

しかし大人になってからではどうしようもありません。

受け口を悪くしないように、受け口の原因を知り、それについて日頃から注意する必要があります。

例えば鼻づまりや低位舌になっていないか、悪癖がないか確認が必要です。

受け口を防止できなければさまざまな弊害があります。

さらに防止しても元々の受け口は改善できないので、医療的な施術も必要になるようです。

歯性か骨格性の受け口かチェックが必要です

受け口を防止するためには何が必要なのでしょうか?
まずは自分の受け口のタイプを知らなければなりません。

見た目はあまり変わらないかもしれませんが、受け口は2種類存在しています。

一つは歯に問題がある歯性のもの、そして骨の発育に問題がある骨格性に分けることができるようです。

歯性の受け口では、上下の前歯の噛み合わせに問題があり、骨格性のものでは例えば下顎だけが過剰に発達、あるいは上顎が発達しなかったことにより引き起こされています。

受け口を防止するには、基本的に、乳幼児の頃から注意しなければならなかったとされています。

例えば指しゃぶりや舌の癖などが、受け口の大きな原因として考えられます。

ただ大人になっても悪癖が続いているなら、これ以上の悪化防止のためにやめた方が良いでしょう。

しかし骨格性の場合、遺伝的な問題も指摘されています。

両親どちらもが受け口だった場合、遺伝により子どもも受け口になるということがあります。

遺伝が原因の場合でしたら、歯の発達過程である子どもの頃であったとしても防止は無理な話でしょう。

それでも受け口の悪化自体は、悪癖を止めるなどで防止できるはずです。

悪化を防止するために悪癖を止めましょう


大人になってから受け口の悪化を防止するためには、受け口の悪化につながる原因について理解する必要があります。

例えば、鼻づまりが受け口につながると考えられているようです。

これは、舌の位置が大きく関係しています。

普通、舌は口内の天井部分に張り付いており、このことによって、頬とのバランスを保っているので、歯並びや大きさのバランスが保てると考えられています。

しかし鼻づまりになると、人は口呼吸をしてしまう傾向があるようです。

その際、舌は、口内の下側に張り付きます。

慢性的な鼻づまりになれば、舌は口内の下側に張り付いた状態で口呼吸が続くことになり、歯並びにも影響が出て受け口になりやすいようです。

さらに口呼吸という悪癖も受け口の悪化にながる可能性があります。

他にも舌が下の位置になってしまうのは、鼻づまりや癖だけが原因ではありません。

低位舌という状態をご存知でしょうか?

これは、舌の位置が適切ではなく通常よりも下にある状態と考えてください。

低位舌になるといつも下の前歯を押すことになるので、歯並びの悪化につながると考えられています。

低位舌はトレーニングで改善するケースもあるようですが、生まれつき舌が普通より短い舌小帯短縮症では改善は困難と言われています。

大人になってから受け口を悪化させないためにも、口呼吸のような悪癖や生まれつきの問題を改善することが大切なのです。

受け口の悪化防止は根本原因の改善が近道です

受け口を防止しなければ、どんなことになるのか気になる所でしょう。

もちろん見た目の問題は無視できません。

受け口のような不正咬合に関しては、見た目に悩まされている人も多いはずです。

幼い頃は普通だったのに、思春期頃、急速に成長することで下顎だけが発展し、受け口になられた人も居るでしょう。

あるいは大人になってから、下顎がひどくなったという人も居ます。

女性の場合、受け口は化粧では隠すことができないため、悩まされている人も多いでしょう。

また、受け口は見た目の問題だけではありません。

歯磨きをしても歯並びの悪さによって歯を十分清潔にすることができないため、虫歯や歯周病に悩まされるリスクが高まります。

放置しても、受け口が自然治癒する可能性は非常に低いでしょう。

悪癖など生活習慣による問題に注意して受け口の悪化を防止できたとしても、受け口そのものが改善されるわけではないと考えられるようです。

やはり受け口を改善するためには、根本的な問題を取り除かなければなりません。

歯の軽い問題だけでしたら、まだ矯正器具を使用したりセラミックの人口歯を使用したりして改善することも可能のようです。

しかし、ひどい骨格性の受け口では十分な防止対策ができないことも多いため、セットバック法のような外科的施術も選択肢と考えられます。

(まとめ)受け口や悪化を防止するためにはどんな注意が必要?

1.受け口防止のためには原因を知り悪癖を無くすことが大切です

受け口の防止については子どもの頃から注意が必要です。

大人になってからだと低位舌や、口呼吸のような悪癖がないか注意しなければなりません。

しかし悪化の防止をしても受け口自体は改善が困難です。

それなら医療的な施術に頼るのも防止方法と言えます。

2.歯性か骨格性の受け口かチェックが必要です

受け口を防止するためには、まず自分の受け口のタイプを知る必要があります。

骨格性のものは遺伝ですが、歯性のものは子どもの頃からの悪癖が影響しています。

遺伝は防止も難しいですが、少なくとも悪癖を止めることで受け口の悪化防止が期待できます。

3.悪化を防止するために悪癖を止めましょう

口呼吸なども受け口につながると考えられているようです。

他にも舌が下の位置にある低位舌も、受け口につながります。

ただ、低位舌はトレーニングで改善も可能のようです。

しかし生まれつきならば、少なくとも悪癖を止めることが防止となります。

4.受け口の悪化防止は根本原因の改善が近道です

受け口を防止しなければ、見た目の問題に悩むことになります。

また、虫歯や歯周病のリスクも高めることになります。

悪癖や生活習慣に注意しても受け口自体が改善できるわけではありません。

そのため医療的な施術により根本的な問題を取り除く必要もあります。

3614
Return Top