顎が長い悩みは受け口の施術で解消できる?

受け口の施術で顎が長いという悩みが改善できる可能性があります


受け口の人の中には、大人になるにしたがって顎が長くなり、目立つようになったという人もいます。

受け口の施術は、歯列を整えるだけでなく、同時に外科的施術を行うことによって骨格を調整することも可能です。

このような施術を行うことで顎の長さも改善することができますから、スッキリとしたフェイスラインになり、外見に大きな変化が期待できます。

受け口の施術で顎が長いという悩みは解消できます

受け口の方は、様々な悩みを抱えている方がいます。

例えば、歯磨きが上手にできずに虫歯になりやすい方や、偏った力のかかり具合によって頭痛や肩こりを感じる方、顎関節症に悩んでいる方などが少なくありません。

悩みの中でも、多くの方に共通する悩みは、外見による悩みです。

受け口の状態は、横から見た場合に特に目立つので、横からの視線が気になるという人も多いものです。

受け口の方の中には、特に顎の長さを気になさっている方が多くいます。

特に受け口の症状が比較的重度であることが多く、発音に影響を及ぼしていることもあり、日常でも支障をきたしているケースも多々あります。

比較的軽度な受け口であれば、マウスピースだけで治るケースや、ワイヤーやブランケットという器具で施術するケースが一般的です。

重度の受け口の場合は、歯列矯正だけでは問題が解決しないケースがあります。

特に顎の長さを気にしている方には、外科的施術を行うことおすすめします。

外科的と言っても、施術の跡もほとんど目立たないので、女性でも安心して受けることができます。

顎は思春期に成長します


子どもの頃から受け口の傾向はあったけれど、大人になってからそれが目立つようになってきたと感じるという声は多く聞かれます。

また、子供の受け口であったとしても、下あごが長いというケースはあまり見たことがないのではないでしょうか。

思春期に筋肉や体全体の骨が大きく成長するとき、顎の骨も他の骨と同様に大きく成長します。

下あごの長さも同じ時期に長く伸びることがあるため、子どものころから受け口の傾向がある人が成長にともなって、下あごも長くなってしまったというケースがあるのです。

大人の受け口の方で下あごが長い印象のある方は、多くの場合、成長期のタイミングで顎の骨が成長し、長くのびたのだと考えられます。

歯の矯正は、症状も軽微で成長途中である子どもの間に行われるのが一般的です。

そのため、受け口の悪化が進んだ後の施術ではもう遅いとご自身で判断してしまうケースも多く、大人になってからの受け口の改善などに関して消極的になってしまっている人は少なくないでしょう。

ですが、重度の受け口の大人であっても施術によって改善する方法はあります。

次の項でご説明いたします。

希望はまだ捨てないでください。

顎が長いタイプの受け口は外科的施術で治すことができます

大人の方で比較的重度の受け口の場合は、マウスピースやワイヤーやセラミックを使った施術のみでは、その状態を改善できない可能性があります。

ですが、そのような場合であっても効果が期待できる施術法が存在します。

顎が長い受け口の場合は、骨格の位置を調整して受け口を治す「セットバック法」がおすすめです。

セットバック法は、骨格の位置を調整するという外科的な施術になりますが、施術の跡もほとんど目立たないため、多くの方が取り入れている施術法です。

場合によっては、よりキレイな口元にするために、はじめにワイヤーなどでの施術を行ってからセットバック法で位置を調整することもあります。

セットバック法は骨格そのものを調整することによって、施術後は顔全体の印象が大きく変化します。

そのため、施術をする場合には医師の経験や、医師とのしっかりとしたカウンセリングが重要です。

重度の受け口を改善するためには、医師任せにするのではなく、きちんとコミュニケーションを取って安心して施術を受けられる環境を整えましょう。

(まとめ)顎が長い悩みは受け口の施術で解消できる?

1.受け口の施術で顎が長いという悩みが改善できる可能性があります

受け口は歯列を調整するだけでなく、外科的施術を受けることができます。

外科的な施術では、顎が長いという悩みを改善することも可能です。

施術の前に、医師に自分の希望をきちんと伝えておくことが大切です。

2.受け口の施術で顎が長いという悩みは解消できます

受け口の人は、心身ともに悩みを抱えていることが多く、中でも外見の悩みを感じている人は少なくありません。

受け口による顎の長さに悩んでいる人は、外科的施術を受けてみてはどうでしょうか。

外科的施術と言っても、施術跡も目立ちにくく安心です。

3.顎は思春期に成長します

顎の骨は、筋肉や他の骨と同様に思春期に大きく成長し、その時に下あごの骨が長く伸びることがあります。

そのため、大人になってからの施術ではもう遅いと思ってしまう受け口の方も多いのですが、そんな事はなく、大人のための施術はしっかりと存在します。

4.顎が長いタイプの受け口は外科的施術で治すことができます

下顎が長い受け口の方は、セットバック法とよばれる外科的施術で、キレイなフェイスラインを手に入れることができます。

状態によっては、ワイヤーなどの施術と併用して行うこともあります。

医師とコミュニケーションを取り、満足のいく施術が受けられる環境を作りましょう。

4149
Return Top