受け口って差し歯で治せるの?

差し歯による受け口施術も存在します


歯をまるごと人工物に置き換える差し歯は、手軽かつ効果的な審美施術といえます。

そしてこの差し歯は、受け口を改善する際にも有効な存在となります。

事実、多くの審美歯科では差し歯による受け口の改善を行っています。

ですが、顎ではなく歯のみに施す方法であるため、いくつか注意点も見られます。

特徴を理解した上で、検討してみてください。

差し歯による受け口改善には複数のメリットがあります

差し歯は、歯、さらには神経まで抜いて人口の歯を置き換える施術です。

軽度の虫歯施術などと比べると、大掛かりな方法にも感じられるかもしれません。

ですが、受け口の改善を考えた場合、差し歯はむしろ手軽な手段とも言えます。

なぜなら受け口は、半年~1年以上にも渡って行う矯正や、さらには骨を切って骨格を調整する外科的施術で治す方法が一般的であるためです。

これらに比べると、差し歯は負担が少ないと言えるでしょう。

またその他にも、複数のメリットが期待できます。

たとえば、費用が抑えられる点です。

通常の矯正施術であれば30~100万円もの費用を要するのが一般的ですが、差し歯なら施術箇所数にもよりますが、だいたい5~10万円での改善も可能となっています。

次に、施術期間です。

前述の通り、骨格矯正であれば長期間を要しますし、外科矯正の場合もある程度の骨格矯正を経てから施術を行うため、決してスピーディーとはいえません。

ですが差し歯なら、短期間での施術完了も期待できます。

それ以外にも、人口の歯を入れるため見栄えが良くなる、体への負担が少ない、矯正と比べて施術範囲が狭く安心感があるといった部分もメリットと言えるでしょう。

検討の価値は、大いにあるはずです。

差し歯だからこその注意点もあります


前述の通り、差し歯による施術は通常の矯正よりも負担が少ないです。

ですが一方で、中程度や重度の受け口を改善する場合は適していません。

そのため、かならずしも希望の施術ができるというわけではないという事は覚えておきましょう。

受け口は、通常上顎が前にくる噛み合わせにもかかわらず、反対に下顎が前方へときてしまっている状態です。

そのため施術においては、この下顎を後方へ押し戻す形となります。

軽度の受け口であれば、わずかに下顎が前へときている、もしくは同じぐらいの位置にある程度です。

そのため、少々角度をつけて差し歯を入れるだけでも改善に期待が持てます。

ところが、それ以上のずれともなると角度をつけただけの差し歯は無理のある状態の歯となってしまい、受け口の改善には繋がりにくくなります。

また差し歯は人工物であるため、将来的に破損が起こることも少なくありません。

永久的なものでない点もまた、本来の歯のまま矯正する方法と比べてデメリットに感じられることでしょう。

その他、歯だけを調整するため、歯茎のラインが変わらないという点も特徴です。

差し歯による受け口改善は魅力的ですが、症状に合わせて取り入れることは欠かせないでしょう。

矯正の方がおすすめである場合もあります

差し歯による受け口の改善は、メリットが多い反面、デメリットも少なくありません。

軽度の受け口には確かに有効ですが、定期的なメンテナンスも必要となってくるでしょう。

そういった面を踏まえれば、多くの受け口にはやはり一般的な矯正施術がおすすめともいえるかもしれません。

矯正であれば、基本的に本来の歯を残したまま改善を目指します。

余分な歯を抜歯するケースも少なくありませんが、人口物は基本的に入りません。

また、骨格矯正にせよ外科矯正にせよ、歯だけでなく顎の位置も調整する形となります。

つまり、反対咬合のみならず、前突下顎そのものも治せるというわけです。

矯正は、受け口本来の原因を根本から解決することに繋げられるため、より一層理想的な仕上がりが期待できるでしょう。

とはいえ、差し歯が良いのか矯正すべきなのかは、個人で判断しかねるのが実際のところです。

まずは歯科医師に状況や希望を伝えて、適切なアドバイスを受けると良いでしょう。

(まとめ)受け口って差し歯で治せるの?

1.差し歯による受け口施術も存在します

受け口の改善において差し歯が有効となるケースは、事実存在します。

ゆがみやずれを調整する方法として、効果的です。

ですがいくつか注意点もあるので、特徴を把握した上で検討してみてください。

2.差し歯による受け口改善には複数のメリットがあります

差し歯による受け口改善は、複数のメリットが期待できます。

費用が抑えられる、施術期間が短いといった点は、特に魅力的です。

またその他にも、審美的なメリットや安心感と言った部分においても、うれしく感じられる部分は少なくありません。

3.差し歯だからこその注意点もあります

メリットの多い差し歯による受け口改善ですが、だからこその注意点もあります。

たとえば、軽度の受け口にしか使えない、将来的に破損の可能性がある、歯茎のラインは変わらないなどです。

受け口の度合いに合わせて取り入れるべきです。

4.矯正の方がおすすめである場合もあります

矯正であれば、差し歯に関するデメリットも気にせず改善が目指せます。

手軽さに関するメリットも魅力とはいえ、やはり受け口の悩みが解消されなければ意味がないといったところでしょう。

まずは医師に相談して、適切なアドバイスを仰ぎましょう。

3354
Return Top