湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

受け口の術後は痛みがあるの?

受け口の術後は多少の痛みはあるといえます


受け口は矯正するか外科手術で改善を行ないます。

外科手術を行なう場合は麻酔をして手術しますので痛みはほとんどなく、麻酔が切れた後もそれほど痛みはありません。

矯正を行なう場合は、歯が動くときに痛みを感じ、また矯正器具を付けるので違和感や多少痛みは感じます。

受け口は歯科矯正や外科手術で改善します

受け口は、前歯の噛み合わせが悪い状態であり、早い段階からの施術が必要です。

顎に問題が無く前歯のみ出ている場合は、固定式の装置を使用し、歯科矯正を行なっていき噛み合わせなどを改善します。

顎にも異常がありずれているような場合は、矯正のみで改善が難しいことが多く、外科施術も行なっていきます。

外科施術を行なう場合は、1週間から2週間程度の入院は必要です。

施術を行なう場合は、検査から診断までは2週間程度、歯を動かす施術は1年半から2年程度かかり、歯並びが整った後は、その状態を安定させるために約2年リテーナーを装着します。

そして施術を行なう前には、十分にカウンセリングをします。

また同時に施術後は舌の癖や飲み方の癖が強い方は、リハビリも行い、長期的な管理をしていきます。

必要に応じては、発音訓練も行い、舌の筋肉を鍛え、発音も改善していきます。

もしも遺伝的な要素が原因となっているならば、顎の成長とともに長期経過観察も必要です。

歯並びが良くなり改善されたとしても、歯周病や虫歯によって、または歯ぎしりなどが原因で歯がずれることがあるので、半年から1年に1回は定期検診はした方が良いです。

術後は多少は痛みはあります


受け口の施術を行なうにしても、外科施術を行なう場合は2週間程度の入院が必要です。

施術中は麻酔を行ないますので、痛みはまったくありません。

術後は顔が腫れることもあり、点滴なども行い様子を見ていきます。

しかし腫れも次第に引いていき、痛み止めもありますので、それほど酷い痛みはありません。

歯科矯正で改善を行なっていく場合は、矯正器具を装着し、歯を動かしていきます。

そのために、歯が動いていくと、どうしても多少の痛みは発生してしまいます。

歯が完全に動くまでには、鈍い痛みを感じることもありますが、そのような場合に歯をかみ合わせると強い痛みが出ることがあります。

また矯正器具のマウスピースなどをしているときはあまり痛みはないですが、食事などでマウスピースを外すと痛みがあります。

歯科矯正の方法としても、ワイヤーを使いブラケットを装着して矯正する方法もあり、こちらは食事中は外す必要はないので、そのような痛みはありません。

ただ矯正器具を装着すると、少しずつ歯を動かしていきますので、歯が動くときに違和感は発生します。

矯正方法もいろいろありますので、その方法によっても痛みの度合いは違ってきます。

術後には長い間リテーナーを装着します

歯科矯正で受け口を改善して歯並びを良くする場合は、矯正が終わった後はリテーナーという装置を装着します。

これは保定装置とも呼ばれており、歯科矯正で動かした歯並びを安定させるために装着します。

矯正して歯を動かすと、元の位置に戻ろうとする力が働くので、リテーナーによってそれを防ぎます。

リテーナーを使わないと、せっかく長時間かけて歯並びを改善しても、元に戻ってしまいます。

そしてリテーナーには、歯科矯正した後の歯の状態を微調整する役割もあります。

歯には摩擦やすり減ることによって、理想的な歯並びにしても、若干噛む面積が少なくなることもあります。

これをリテーナーによって、歯が細かく動き、矯正後にしっかりと噛めるようにするのです。

リテーナーは矯正の役割も果たし、矯正器具を装着する期間を短くできます。

もしもリテーナーを使わないと、矯正器具を長く装着し、その間は歯磨きがしにくいので、虫歯や歯周病になるリスクも高めます。

リテーナーでは、このような虫歯や歯周病のリスクも下げられるのです。

基本的に食事や歯磨きの時以外、24時間リテーナーは装着し、リテーナーも毎日洗って綺麗にします。

(まとめ)受け口の術後は痛みがあるの?

1.受け口の術後は多少の痛みはあるといえます

受け口は歯科矯正や外科施術で改善します。

外科施術では麻酔をして施術しますので痛みはほぼなく、歯科矯正では矯正器具を付けるので、器具の痛みは多少なりともあります。

2.受け口は歯科矯正や外科手術で改善します

受け口は歯科矯正や外科施術で改善し、全体で4年から5年ぐらいはかかります。

施術後は歯並びを安定させる期間が必要であり、リテーナーという装置を2年ぐらいは装着します。

3.術後は多少は痛みはあります

外科施術を行なう場合は施術は麻酔をしますので痛みはほとんどありません。

歯科矯正で改善を行なっていく場合は、歯を動かしますので、動くときなどに痛みが発生することはあります。

4.術後には長い間リテーナーを装着します

歯科矯正の後は、歯が元の位置に戻るのを防ぐためにリテーナーという装置を装着します。

これは数年装着し、食事や歯磨きの時以外は24時間装着して歯を安定させていきます。

1609
Return Top