仮歯が割れた時の応急処置は?

仮歯が割れた時は、すぐにクリニックで応急処置してもらいましょう


仮歯が割れてしまった場合、自分できる応急処置はありません。

欠片を洗って持参し、すぐにクリニックで修復、再接着してもらうことが大事です。

間違っても、自分で接着剤をつけては元の場所にはめ込み、くっつけることはしないでください。

あとから接着剤が除去できない場合、その後の施術にも影響が出てしまうことがあるからです。

また、割れても支障がない場合であっても、虫歯になるなどの影響が出てしまうことがあるため、必ず早めにクリニックを受診してください。

接着剤でくっつけるのは、患部の状態を悪化させてしまうのでやめましょう

主にプラスチック樹脂で作られている仮歯は、日常生活に支障のない程度の強度はあり、簡単には外れないものです。

しかし、仮歯であることを忘れてついおせんべいなどの硬いものを食べたり、思いがけず外から強い衝撃を受けたりすると割れてしまうこともあります。

割れた仮歯の応急処置として、瞬間接着剤を使って自分で何とか接着しようとする方もいます。

いくら強力な接着剤と言えど歯科用ではない上に、技術がない方が無理にくっつけようとしてもきれいに治りません。

仮歯の根元にまで接着剤がつくと、今度は仮歯を外す際になかなか取れず、歯を削らなければならなくなります。

場合によっては、歯型を採取し直して本来の被せものを再作成する必要も出てきます。

また、患部に接着剤が付着すると、歯や歯茎が炎症を起こすなどダメージを受ける場合もあるのでやめましょう。

仮歯が割れてしまったら、自分で直すことはできないので、欠片を容器に入れて保存し、できる限り早くクリニックを受診することをまず考えましょう。

仮歯が割れたら、患部に刺激を与えず清潔にしておくことが大事です


仮歯が割れてしまうと、仮歯の下にある処置中の患部が剥き出しの状態になります。

歯の外側、硬いエナメル質の奥には神経の枝葉が広がる象牙質があります。

熱いものや冷たいもの、辛いものなど刺激がある飲食物に神経が触れると、過敏に反応してしみることもあるので仮歯を治してもらうまでは控えたほうがよいでしょう。

また仮歯が割れた箇所はとても脆くなっているので、仮歯で食べ物を噛むとさらに割れてしまうので要注意です。

さらに、歯を食いしばる癖のある方は意識してやらないようにしましょう。

割れた仮歯の隙間には食べかすが詰まりやすく不衛生な状態になるため、雑菌が繁殖して新たに虫歯ができたり、虫歯が悪化したりするリスクがあります。

衝撃を与えないように、毛先の柔らかめな歯ブラシでこまめに優しく磨き、食べかすが溜まらないようにしておくことも大事です。

仮歯が割れると、素材がさらに劣化するなど弊害が起こる場合があります

仮歯は、本来の被せものが出来上がるまでの応急処置なので、長期間装着することは想定されていません。

そのため、長く装着すると水分や食べかすを吸収し、黄ばんだり茶色く変色したり、食べかすが腐敗して口臭が発生することもあります。

また、咀嚼を繰り返すうちに歯同士がこすれあって磨り減ったり、劣化して脆くなり、衝撃で自然に割れたりしてしまうこともあります。

他にも接着剤が溶け出して、外れる可能性もありえます。

そのため、誤って割れた仮歯を面倒だから、奥歯なのであまり生活には支障ないからと放置しておくと、仮歯の劣化スピードがさらに速まることになります。

すると虫歯が歯の奥深くにまで進行したり、雑菌で歯茎が腫れて膿が溜まったりと患部の状態が悪化して、当初よりも余分に歯を削ったり、神経処置が必要となる場合もあります。

また、歯や歯茎が隙間へと移動し、本来の被せものが入らなくなって、施術が難しく、複雑化する可能性もあります。

そうなると、歯や歯茎に余分な負担がかかるのみならず、時間も費用もかかることになるので何も良いことはありません。

仮歯が割れたらもちろん速やかに、必ずそのまま放置しないできちんと施術を受けるようにしましょう。

(まとめ)仮歯が割れた時の応急処置は?

1.仮歯が割れた時は、すぐにクリニックで応急処置してもらいましょう

思いがけず仮歯が割れた場合は、すぐに欠片をもってクリニックを受診し、修復や接着の応急処置を受けましょう。

割れてもさほど問題ない場合であっても、さらに破損したり口腔内の健康は損なわれたりする場合もあるので放置しないでください。

2.接着剤でくっつけるのは、患部の状態を悪化させてしまうのでやめましょう

仮歯が割れてしまうと、焦って元の位置にはめ直し、瞬間接着剤などでくっつけようとするのは避けましょう。

患部や仮歯に接着剤が付着すると、炎症を起こしたり、本来の被せものが入らなくなってしまったりする場合があるからです。

3.仮歯が割れたら、患部に刺激を与えず清潔にしておくことが大事です

仮歯が割れてしまったら、温度差の激しいものなど刺激のある飲食物は控えて、仮歯で食べ物を噛まないようにしましょう。

さらに、できた隙間に食べかすが入り込みやすいので優しく歯磨きして清潔にしておくことも大事です。

4.仮歯が割れると、素材がさらに劣化するなど弊害が起こる場合があります

仮歯は割れてもさほど支障がないからといってそのままにしておくと、さらに脆くなって破損したり、劣化して変色したりするリスクが高まります。

また、隙間に食べかすが詰まって虫歯になったり、歯が移動して本来の人工歯が入らなくなったりするといった弊害も生じます。

5663
Return Top