仮歯が舌にあたる原因とは?

仮歯が舌にあたるのは、仮歯に厚みがあるからです


仮歯は強度を高くするために本来の歯よりも厚みがある場合があるため、歯が舌にあたると考えられます。

仮歯を厚くしている理由は、仮歯がとれたり壊れたりすることを想定しているからです。

たとえば、食事をしているときに歯の形が削れてしまうこともありますが、あくまで本歯を治療する仮段階の歯のため、仕方ありません。

もし、仮歯の厚みや削れた状態が気になるという場合は、速やかに歯医者さんに相談しましょう。

本歯に治療するときは問題ありません

仮歯が舌にあたることを心配する人は、本歯に治療してもこの状態が続くのではないかと心配していると思います。

しかし、歯医者さんで治療してもらうなら、本歯になったときにはまず適正な厚みで施術をしてくれるはずです。

したがって、本歯になるときはまず問題なく仮歯の違和感は解消されるでしょう。

ただし、本歯に変えるための施術を行うまでの期間は、仮歯が舌にあたることに軽い痛みを感じる人もいるため、困るケースもあるようです。

舌触りが落ち着かない、舌足らずになってしまうなど、不便ではなくても不快感が気になるという意見もあります。

生活している中で不便を感じたり、仮歯が舌にあたる違和感が気になったりする場合、歯医者さんに相談し、装着している仮歯の厚みを調整してもらう方法も考えられます。

しかし、仮歯としての強度も損なわれてしまうため、ある程度は厚みを持たせることを患者さんに理解してもらう歯医者さんもいます。

あくまで短期間の処置なので患者さんに我慢してもらうケースも少なくはないようです。

ガーゼなどを介在させて緩和させる方法もあります


仮歯が舌にあたるとき、本歯にするまでの間をどうしてもなんとかやり過ごしたいと思うなら、ガーゼやガムなどを使うのがいいです。

仮歯と舌の間にガーゼやガムなどを介在させることで、歯が舌にあたる違和感を少しでも和らげます。

ガーゼやガムは仮歯と比べてやわらかい素材なので、舌に痛みを感じる心配もありません。

ただし、ガムはものによって仮歯の外れる原因となってしまう場合もありますから、気になる場合は、専門医へ相談してみるのもよいでしょう。

また、舌が仮歯にあたらない位置へ収めておく方法もあります。

数日から1週間程度の間かもしれませんが、舌を置いても違和感のない位置を探す人もいるようです。

ただし、舌にあたるのが気になる場合、何度か仮歯を削って調整するのが正しいやり方だと言えます。

歯の裏側に違和感があることを事前に確認できると、本歯へ施術を行うときの厚みが調整しやすくなるからです。

仮歯が舌にあたる違和感はガーゼや、舌の位置を動かして調整できますが、あくまでこれらは応急処置にすぎません。

違和感があるならまずは歯医者さんへきちんと相談しましょう。

何回か削って微調整を繰り返すものなので、一回で施術が成功したまたは失敗したと考えないことも大切です。

違和感が解消しないなら歯医者さん選びを見直しましょう

仮歯が舌にあたるのはしばらくの間我慢するのが基本的な対処法です。

もし過度な違和感を覚える場合は、応急処置をする方法もありますが、基本的にはクリニックへ相談するのがいいでしょう。

しかし、それでも歯医者さんに仮歯だから仕方ないと言われた場合は、安静にしておく以外に手段がありません。

ただし、歯医者さんの腕前次第では仮歯をもっときれいに、舌に負担がないように施術を行う事も期待できます。

これは、本歯へ施術を行うときの技術力にも関係するので、仮歯が舌にあたる現象を解決するには歯医者さんを選なおすことも大切かもしれません。

もしかしたら、舌があたる歯の裏側をもっときれいに削ることで舌への負担を和らげることができるなど、施術を変えることで改善が期待できる例も見受けられるからです。

仮歯の裏側に舌があたることへの違和感の有無は、歯医者さんの腕前と、患者さんからのコミュニケーションによって決まります。

もし歯医者さんに言えなかったり、何度か調整を繰り返したりしたのに、仮歯が舌にあたるようなら歯医者さんを変えるのもよいかもしれません。

本歯の見た目にも影響するので、仮歯だからと放置しないように心がけましょう。

(まとめ)仮歯が舌にあたる原因とは?

1.仮歯が舌にあたるのは、仮歯に厚みがあるからです

仮歯の強度を高くするために厚みが増していることがあります。

そのため、本来の歯と比べて歯が近くなってしまい、違和感を覚えてしまうことがあるのです。

もし気になった場合は専門医へ速やかに相談してみましょう。

2.本歯に治療するときは問題ありません

仮歯が舌にあたる原因は強度を高めるために厚くするからで、本歯になるときには解消します。

しかし、違和感を覚えるケースもあるため、歯医者さんに相談して厚みを調整することもあります。

短期間なので患者さんが理解し、我慢するケースも少なくありません。

3.ガーゼなどを介在させて緩和させる方法もあります

仮歯が舌にあたるとき、ガーゼなどを使って緩和したり、舌があたらない場所を探したりすることが多いです。

しかし、あくまでこれらは応急処置なので、歯医者さんへ相談するのがいいでしょう。

納得できるまで何度も微調整を繰り返すことをオススメします。

4.違和感が解消しないなら歯医者さん選びを見直しましょう

仮歯の違和感はしばらく我慢するのが自然ですが、もしかすると歯医者さんの腕前が影響しているかもしれません。

また、コミュニケーションが取れない歯医者さんだと、都度相談するのも大変です。

必要に応じて歯医者さん選びを見なおすのもいいでしょう。

2812
Return Top