仮歯はすぐ取れることがある?

仮歯であっても、きちんと接着するのですぐ取れるものではありません


一時的に歯のスペースにフタする仮歯は、すぐ取れるのではないのかと心配になることもあるでしょう。

しかし、一般的には生活する上で不便にならないよう、すぐには取れない程度に接着してありますから、心配はいりません。

ただ、仮歯の調整や接着が不十分な場合や、外的な要因によって外れてしまう場合も考えられます。

万が一外れてしまっても、また自分ではめたり接着剤でくっつけたりはせず、早めに専門のクリニックを受診して、修復や再接着してもらうことが大事です。

仮歯はすぐに取れませんが、フィットしてないと外れることもあります

仮歯を装着すると、すぐに取れないか不安になるものです。

仮歯は、歯を削ったりしてできたスペースを一時的に塞いでおくためのものであり、いずれは外されます。

そのため、あまりに強力に接着すると外すことが難しくなるため、ある程度外しやすくなっている接着剤で仮止めの状態になって固定されています。

と言っても、食事や歯磨きなどですぐに取れてしまっては不便で仕方ありません。

そこは日常生活でかかる仮歯への必要最小限の負荷や刺激を想定し、簡単には外れない程度にはきちんと接着してあります。

そのため、すぐに取れることはまずないとされています。

万が一1日経たずに外れてしまうような事があるなら、接着面に唾液が入り込んで接着力が弱まってしまった可能性が考えられるでしょう。

また、仮歯を入れる際に噛み合わせの調整が不十分であって、仮歯はフィットしていないと、食べ物を噛む際に仮歯に負荷がかかって外れてしまう場合もあります。

仮歯を入れた直後は、違和感を覚える方もいますが、時間の経過とともに徐々に慣れていくものです。

しかし、それでも違和感が消えない場合は、噛み合わせが合っていない可能性があるので、早めにかかりつけの医院で相談する必要があるでしょう。

万が一仮歯が外れたら、仮歯持参で早めに受診しましょう


何かの拍子に思いがけず仮歯が外れた場合は、何とか元に戻せないかと再び元の場所にはめ込む方もいます。

しっかりはまればよいですが斜めにズレて入り浮いてしまう場合が多々あります。

その状態で食べ物を噛むと仮歯が変形、破損したり、隣の歯に当たって欠けたり、知らないうちに外れて誤飲するリスクが生じます。

外れた仮歯はムリに戻さないことが大事です。

また、自力でくっつけようとして市販の接着剤でくっつけようとする方も中にはいます。

仮歯と歯の間に隙間ができて、食べかすが溜まり、虫歯になる場合があります。

さらに、接着剤が浸透して仮歯が逆に外れず、歯を削る羽目になったり、変色してしまったりすることもあるので絶対にやめましょう。

外れた仮歯は、小さな容器などに入れて保存しましょう。

よくティッシュペーパーにくるむ方がいますが、外れた仮歯や詰め物が細く小さいと、変形してしまう可能性があるからです。

1日2日はそのままでも大丈夫ですが、数日間放置すると歯が移動してスペースの広さが違ってしまう場合や、患部に細菌が入って不衛生になりかねないので早めに歯医者を受診しましょう。

仮歯が外れた部位は、清潔に保つことが大事です

仮歯が外れてしまうと、処置した部位が外に出てしまいます。

歯の外側に硬いエナメル質が削られ、その内側にやわらかい象牙質が剥き出しの状態になっており、汚れが付着しやすく虫歯になりやすい環境だと言えます。

とくに繊維質の食べ物は隙間に挟まり、詰まりやすく虫歯ができたり、食べかすが蓄積して歯茎を圧迫し、炎症を起こしたりする可能性もあります。

患部を傷つけないように、やわらかい歯ブラシを使い食べかすが詰まらないよう、丁寧に歯磨きをして清潔に保っておく必要があります。

さらに、仮歯が外れた歯はとても脆く、少しの負荷や衝撃で破損しやすい状態にあります。

食べ物を思いっきり噛むと、歯が割れて神経の処置や根まで割れると抜歯の必要が出てくることもあるので、極力噛まないように注意が必要です。

また、象牙質は象牙細管という神経につながる管があるので、刺激があると神経に伝わりやすくなります。

熱いもしくは冷たい飲食物などの刺激に敏感になるため、歯がしみたり痛みを感じたりすることもあります。

仮歯を再装着してもらうまでは、温度差にある飲食物の摂取は控えたほうがよいでしょう。

(まとめ)仮歯はすぐ取れることがある?

1.仮歯であっても、きちんと接着するのですぐ取れるものではありません

仮歯がすぐに外れてしまっては日常生活に支障があるので、すぐに取れない程度にはきちんと接着されています。

万が一外れてしまったら、元に戻したり自分で接着したりしないでクリニックで修復や再接着をしてもらうようにしましょう。

2.仮歯はすぐに取れませんが、フィットしてないと外れることもあります

仮歯は、いずれは外すことになるので強力には接着してありませんが、食事などで取れない程度にはくっつけてあるのですぐには取れません。

しかし、調整不足などで仮歯はフィットしていないなどの理由で外れることもあります。

3.万が一仮歯が外れたら、仮歯持参で早めに受診しましょう

万が一仮歯は外れてしまっても、ムリに元に戻さないことが大事で、市販の接着剤を使って自力で接着するのはやめましょう。

仮歯を保管し、次回に予約まで日数がある場合は、早めに専門のクリニックを受診して再接着してもらうことが大事です。

4.仮歯が外れた部位は、清潔に保つことが大事です

仮歯が外れたら、隙間に食べかすを詰まらないように丁寧に歯磨きをして、患部を清潔に保ちましょう。

さらに、象牙質が剥き出しの状態になっている患部で食べ物を噛まない、温度差のある飲食物を控えて刺激を与えないようにしましょう。

11573
Return Top