仮歯がきついと感じたらクリニックを受診するべき?

しばらくしても仮歯がきついのが収まらないなら、クリニックを受診しましょう


仮歯を入れると、歯がきついと感じる場合もあります。

仮歯は一時的な処置であり、上下の歯が噛み合うと横へ少し移動するため、予め少しきつめに作るとされています。

ただ始めはきつくても、徐々に慣れてきて違和感がなくなるのが普通です。

数日経っても違和感が残る場合は、噛み合わせが合っていない可能性があるので、クリニックで調整してもらいましょう。

仮歯はもともと頑丈でないので違和感が出やすいものだとされています

仮歯は虫歯の処置などで歯を大きく削ってできた穴や、歯の欠損部分に、本来の被せものや人工歯ができるまでに入れる応急的な歯のことです。

あくまで仮の処置ですから、ぴっちりと正確に装着するわけではありません。

そのため入れてからしばらくの間は、噛み合わせに違和感を覚えたり、きついと感じたりすることもよくあります。

仮歯はもともと、プラスチックを素材としているケースが多いので、強度もさほど優れているわけではなく、汚れやすいとされています。

また、歯は噛み合わせて力をかける度に、少しずつ横に移動しやすいという性質があります。

そのため少しきつめに仮歯を作っているというケースがほとんどだとされているのです。

しばらくの間は何となく隙間がない、きついと感じる方もいるかもしれませんが、日数を重ねるうちに慣れてしまい気にならなくなるのが一般的でしょう。

しかし、数日経っても相変わらずきつい、違和感が強くて我慢できない場合は仮歯が合っておらず、隣り合う歯を圧迫したり、歯茎に負荷をかけていたりする可能性があります。

そうなると、歯や歯茎にダメージを与えることもあるので、再度専門医の手で調整してもらうことをおすすめします。

仮歯装着後、痛みが強い場合などは早期にクリニックを受診したほうが良いと言えます


仮歯を入れてしばらくの間は、噛み合わせが合わない、歯と歯の間がきついなど違和感を覚えることもあります。

しかし、普通ならば、次第に慣れて気にならなくなります。

ただ、きついと感じるほかにズキズキと歯が痛い、食べ物を噛むと痛みがある、上下の歯が当たるだけでも痛いなどの症状がある場合は早めにクリニックを受診したほうが良いと言えます。

痛みを感じるのが神経のある歯なら、神経が虫歯菌に侵されて炎症を起こしている可能性があります。

神経が回復不可能な場合、神経の根管処置が必要となります。

一方で神経のない歯だと、歯の根っこの先が炎症を起こしている可能性があります。

抗生物質を投与して炎症が収まるの様子を見るか、再び根管処置を行う場合もあります。

また、神経のある歯を削ると中の象牙細管という神経に伝わる部位がむき出しになるので、冷たいものなどに刺激を受けるとしみることがあります。

仮歯が合っていない、歯を削る部分が大きかった場合などに起こります。

少ししみる程度なら、次回の診察までに冷たいものを控えれば問題ないでしょう。

しかし、しみがひどいという場合や、常温のものにでもしみる場合は、神経にトラブルが起きている可能性が高いので、やはり早めにクリニックを受診したほうが良いと言えます。

仮歯が取れてしまった場合も、早めに再接着してもらいましょう

きついと感じて仮歯を触ったり、強く噛みしめたりしているうちに仮歯がぽろっと取れてしまう場合もあります。

元から本来の被せものや人工歯を入れるために、仮歯は日常生活に困らない程度に接着剤で軽くくっつけてあるだけなので、刺激や圧力により取れてしまうのはよくあることです。

外れた仮歯は、接着剤で再度くっつけることができるので、捨ててしまわないでそのまま袋などに入れて保管し、早めに受診しましょう。

仮歯を無くしてしまうと、また一から作り直さなければならないので費用も時間もかかってしまうからです。

割れたり、欠けたりしてしまった場合も同様です。

欠片をクリニックにもっていけば、壊れ方にもよりますが、修復してもらえる場合もあるからです。

仮歯を装着してる期間は、するめなどの硬いものやキャラメルなどの粘着性のある食べ物は控えましょう。

そして、仮歯にできるだけ刺激を与えないように注意しましょう。

また、仮歯は汚れが付着しやすいので毛先の柔らかな歯ブラシで優しく、丁寧に磨き特に根本や隣の歯との隙間に食べかすが溜まらないようにしましょう。

(まとめ)仮歯がきついと感じたらクリニックを受診するべき?

1.しばらくしても仮歯がきついのが収まらないなら、クリニックを受診しましょう

仮歯は応急的に入れるものであり、歯が移動することを見越して、ややきつめに入れるケースがほとんどです。

徐々に違和感はなくなりますが、それでもきつさが残る場合は、クリニックを受診して修正してもらうことをおすすめします。

2.仮歯はもともと頑丈でないので違和感が出やすいものだとされています

仮歯は本来の人工歯を入れるまでの、応急的なものであり、きついなど多少の違和感を覚える場合もあります。

しばらくすると慣れてくるのが一般的ですが、数日経ってもきついなら再度クリニックで調整してもらうことをおすすめします。

3.仮歯装着後、痛みが強い場合などは早期にクリニックを受診したほうが良いと言えます

仮歯装着後、ズキズキと強い痛みを感じたり、常温のものがしみたりする場合は、神経や歯の根っこが虫歯菌に侵されている可能性があります。

処置が必要となる場合が多いので、早急にクリニックを受診しましょう。

4.仮歯が取れてしまった場合も、早めに再接着してもらいましょう

仮歯は一時的に軽く接着してあるだけなので、強い刺激や力を受けると外れてしまうことがあります。

外れたり、破損したりした場合は仮歯を保管して、できる限り早くクリニックで修復、再接着してもらいましょう。

1584
Return Top