仮歯が外れた時の応急処置とは?

応急処置として仮歯をムリに戻したりすることは避け、早めにクリニックを受診しましょう


仮歯が外れても、ムリに元の場所にはめたり、接着剤でくっつけたりなどはせず、速やかにクリニックを受診しましょう。

ただ、どうしても仮歯がないといけない場合にのみ、市販の入れ歯安定剤で仮接着するという方法もあります。

そして、仮歯を洗い患部も歯磨きで生活な状態に保ち、なるべく常温の飲食物を摂取するなど刺激を与えないことが大事です。

基本的に仮歯を自分で接着するのはやめましょう

仮歯は基本的に食事など日常生活に支障がない程度に、きちんと接着してあります。

しかし、後に外すことを考えて強力には接着してないので、強い衝撃を受けると外れることもあります。

仮歯が思いがけず取れた時の正しい応急処置としては、仮歯はムリに元の位置に戻さないことが大事です。

ズレたり斜めの状態ではめると患部に当たって傷ついたり、そのまま会話や食事を行うことで、仮歯が変形、破損する可能性があります。

仮歯が外れただけなら、再度接着できますが、変形してしまうと修復、もしくは再作成の必要性が出てくるからです。

また、はまったと思ってもやはりすぐに外れ、食事中に誤飲するリスクもあります。

さらに、市販の瞬間接着剤でくっつけるのもNGです。

万一しっかり接着できたとしても、患部が接着剤の成分でダメージを受けます。

そして、今度外す際に歯に接着剤がこびりついて、歯を削らなければならないなどの弊害があります。

どうしても接着剤が除去できないと、本来の被せものが入らないため、最悪作り直さなければならない場合もあるのです。

仮歯が必要不可欠な際は、入れ歯安定剤を使うという応急処置もあります


仮歯が取れてしまった際は、基本的には無理にはめこまないで、そのまま外しておくのがよいとされています。

しかし、スペースが目立ちにくい奥歯ならまだ何とかごまかせますが、前歯の場合はそうはいきません。

会話や食事の際などすきっ歯状態を隠し切れないという方がほとんどです。

マスクをしていれば口元がカバーできますが、ビジネスシーンなどではマスクができない場面もあるでしょう。

さらにすぐにクリニックを受診しようにも、休診日だと処置もできません。

そんな時は、市販の入れ歯安定剤で一時的に固定するという応急処置もあります。

市販の入れ歯安定剤は、程よい粘着力があって、洗い流すことでキレイに除去できるので仮歯を接着するには都合と良いとされています。

またドラッグストアなどで手軽に、安く購入できます。

仮歯の応急処置としては、まず取れた仮歯をキレイに洗って乾かします。

仮歯の内側に、入れ歯安定剤をつけて爪楊枝で平らに広げたら、鏡を見ながら慎重に前歯に装着します。

はみ出た安定剤をふき取ってしばらく置いておき、固まらせます。

ただこの方法はあくまでも応急処置なので、休診日が過ぎたらすぐにクリニックを受診する必要があることを忘れないでください。

仮歯が外れた部位は、清潔に保ち刺激を与えないことが大事です

仮歯が取れた部位は、とてもデリケートなのでダメージを受けやすい状態になっています。

そのため、歯が欠けたり神経が過敏になったりして痛みを感じることもあるので、患部に刺激や衝撃を与えないことが大事です。

とくに奥歯の場合、患部で食べ物を噛まないように、歯の食いしばりが癖となっている方は意識して歯を強く噛みしめにないように気をつけましょう。

さらに、熱いものや冷たいものは神経を刺激するのでできる限り常温のものにしてください。

そして、仮歯が外れた部位で噛まなくても食べかすは詰まりやすく、そのまま汚れが蓄積すると雑菌が繁殖して、新たな虫歯や歯周病を招くリスクがあります。

そのため、やわらかい毛先の歯ブラシで力を入れすぎないように、優しくかつ丁寧に歯磨きを行い、患部を清潔に保てるようにしましょう。

そしてもっとも大事なのは、仮歯が外れたままでいつまでも放置しないという事です。

歯はスペースができると、自然に移動したり歯茎が盛り上がったりして隙間を塞ごうとします。

そうなると、本来の人工歯が入らなくなって、歯を削ることになり、場合によっては人工歯を作成し直さなければいけなくなります。

できる限り早くクリニックで、仮歯の修復と再接着をしてもらいましょう。

(まとめ)仮歯が外れた時の応急処置とは?

1.応急処置として仮歯をムリに戻したりすることは避け、早めにクリニックを受診しましょう

仮歯が外れた時の応急処置としては、自分でムリに接着しないで早めにクリニックなどで再接着してもらうことが大事です。

どうしても仮歯が必要なのにすぐに行けないという場合に限り、市販の入れ歯安定剤を使う方法もあります。

2.基本的に仮歯を自分で接着するのはやめましょう

仮歯が外れた場合の応急処置として、基本的にムリにはめ直したり、瞬間接着剤でくっつけたりするのはやめましょう。

仮歯に接着剤が付着したり、変形や破損をしたりすると仮歯が修復できない上に、本来の被せものが合わなくなる可能性があるからです。

3.仮歯が必要不可欠な際は、入れ歯安定剤を使うという応急処置もあります

仮歯は外れても元に戻さないのが基本ですが、前歯でどうしても人前に出なければならない場合などは、応急処置として市販の入れ歯安定剤を使う方法もあります。

ただ、長くは接着できないので早めにクリニックを受診する必要があります。

4.仮歯が外れた部位は、清潔に保ち刺激を与えないことが大事です

仮歯が外れた部位は、刺激を与えないためにも冷たいもしくは熱い飲食物などは控えたほうがよいでしょう。

また、食べかすが詰まると雑菌は繁殖しやすいので、優しく丁寧に歯磨きし、清潔な状態に保ちましょう。

9414
Return Top