歯科矯正によって老け顔になってしまうのはどうして?

歯科矯正による老け顔は抜歯が原因です


歯科矯正を行う場合には、歯を動かせるだけのスペースを作るために抜歯を行うことがあります。

必ずしも抜歯を行うのかといえばそうではありませんが、抜歯を行う場合には歯が抜けて、それまでは歯によって押し出されていた部分が引っ込みます。

前歯の矯正や抜歯すると、鼻の下が伸びて見えたり、ほうれい線がはっきり見えるようになったりすることもあるのです。

出っ歯の矯正は老け顔になりやすいといえます

歯並びを矯正することによってほうれい線ができやすいといわれていますが、どのような矯正においてもほうれい線ができやすいのかといえば実はそうではありません。

抜歯を伴う調整を行った場合にのみ、ほうれい線ができやすくなってしまうのです。

入れ歯を外した高齢者のことを想像するとわかりますが、もともと歯があったところに歯がなくなると、急に老けた印象になります。

この矯正後の変化が特に出やすいのは、上の前歯が出てる出っ歯を矯正した場合です。

不自然な形に並べ替えるために抜歯が必要になりますので、歯全体の位置が変化します。

そのため元々歯が出ていたことによって皮膚を押し上げていた部分の歯がなくなり、口元の皮膚がたるんでしまうために老けた印象になります。

斜めに生えていた前歯がまっすぐになり、さらに本数を減らしたことによって本来あるべき後ろへと下がっていきます。

下がれば入れ歯を外した高齢者と同じように唇が引っ込んでしまい張りがなくなって、たるんでしまっているように感じるかもしれません。

矯正で老け顔にならないためには医師の技術力が重要です


矯正を行った後にほうれい線ができてしまった場合には、美容液の使用や保湿を行うなどスキンケアによって、たるみやほうれい線に対して一定の効果を期待することができる場合もあります。

また皮膚がたるんでしまいほうれい線が目立つようになっていたとしても、実は本当に重要なポイントとなるのは顔の筋肉です。

顔には非常に多くの筋肉があり、それらの筋肉をどれだけ使っているのかによって、顔の見た目の印象というのはまったく違ってきます。

歯科矯正後のほうれい線を少しでも薄くしたいと思うのであれば、舌をしっかりと動かすようにしましょう。

口を閉じた状態で、歯と口の中でぐるぐる動かす運動になります。

口の内側からほうれい線を舌で押し上げるようなイメージです。

たったこれだけですが、何もしないよりは効果を期待することができます。

歯科矯正後のたるみやほうれい線が目立つ状態というのは、出っ歯などで歯が強く皮膚を押し出していれば、矯正時の皮膚のたるみもそれだけ大きくなってしまいますので、歯科矯正後にどの程度皮膚がたるむのか、対策できることはないかを一緒に考えてくれるクリニックで矯正を受けるのも1つの手段です。

矯正後の老け顔に対してできることもあります

矯正を行った後にほうれい線ができてしまった場合には、美容液の使用や保湿を行うなどスキンケアによって、たるみやほうれい線に対して一定の効果を期待することができる場合もあります。

また、皮膚がたるんでしまいほうれい線が目立つようになっていたとしても、実は本当に重要なポイントとなるのは顔の筋肉です。

顔には非常に多くの筋肉があり、それらの筋肉をどれだけ使っているのかによって、顔の見た目の印象というのはまったく違ってきます。

歯科矯正後のほうれい線を少しでも薄くしたいと思うのであれば、舌をしっかりと動かすようにしましょう。

口を閉じた状態で、歯と口の中でぐるぐる動かす運動になります。

口の内側からほうれい線を舌で押し上げるようなイメージです。

たったこれだけですが、何もしないよりは効果を期待することができます。

歯科矯正後のたるみやほうれい線が目立つ状態というのは、出っ歯などで歯が強く皮膚を押し出していれば、矯正時の皮膚のたるみもそれだけ大きくなってしまいますので、歯科矯正後にどの程度皮膚がたるむのか、対策できることはないかを一緒に考えてくれるクリニックで矯正を受けるのも1つの手段です。

(まとめ)歯科矯正によって老け顔になってしまうのはどうして?

1.歯科矯正による老け顔は抜歯が原因です

歯科矯正を行う場合は、スペースを作るために抜歯が行われます。

抜歯が行われると、皮膚が凹んだりたるんで見えたりするので、それが老け顔の原因となってしまうことがあるのです。

2.出っ歯の矯正は老け顔になりやすいといえます

歯並びを矯正するとほうれい線ができやすくなりますが、特に出っ歯の矯正を行った場合にはほうれい線やたるみが出やすく、老けた印象になりやすいといわれています。

歯全体が後ろに下がり、唇や皮膚がたるみやすくなるからです。

3.矯正で老け顔にならないためには医師の技術力が重要です

矯正で老け顔にならないためには、ただ歯並びを良くするだけではなく歯並びを良くしたうえでどれだけ口元の印象良くするかということを考えてくれる医師を探すことがとても重要になります。

4.矯正後の老け顔に対してできることもあります

矯正を行ってからほうれい線ができてしまった場合には、スキンケアを行って症状を軽減できることもあります。

また顔の筋肉を鍛えることで、ほうれい線が目立たなくできることもあります。

57634
Return Top