湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

歯科矯正器具の一種、リンガルアーチってなに?

リンガルアーチとは歯科矯正で用いられる針金だけで作成される器具です


リンガルアーチというのは、針金を曲げて左右の奥歯に引っ掛け、歯の裏側に沿わせてアーチ状にして用いる歯科矯正器具の一種です。

針金を引っ張ったり、しっかり歯に沿わせるなどして圧力をかけることで、前歯の歯列を整えたり、上あごをやや広げるために用いられることが多い方法です。

リンガルアーチは、見た目にも矯正と分からないなどのメリットがあります

リンガルアーチは、舌側弧線装置とも呼ばれる矯正器具で全てが針金でできています。

歯の裏側に針金を添わして、両端を輪にして左右の奥歯に引っ掛けて引っ張る器具なので、見た目には矯正器具が見えない為、人にほぼ気づかれずに矯正ができるのがメリットとも言えます。

更に、針金を添わせただけの装置なので、凸凹があるブラケット矯正器具とは異なり食事をしても、比較的食べかすが器具に詰まりにくいのが特徴です。

歯ブラシなども歯の表には当たるので、歯磨きなど口の中のお手入れも比較的しやすいと言えるでしょう。

また、器具の作りがシンプルなので微調整しやすく、歯科医での施術時間も短くて済みます。

リンガルアーチは前歯や八重歯の矯正などに主に用いられますが、全ての歯科矯正で用いられるというわけではなく、ケースバイケースです。

そして、主に歯科矯正期間の中でも、始めの期間で用いられることが多く、ブラケット矯正器具と併用されるケースもあります。

器具が舌に触れると話しにくかったり歯茎に当たると口内炎ができる可能性もあります


リンガルアーチを用いた歯科矯正は、見た目にも矯正器具が見えないなどの利点も多いですが、デメリットもあるので知っておくとよいでしょう。

装置は針金だけなのでシンプルですが、脱着や調整は歯科医しかできないので不具合を感じたら診察を受ける必要が出てきます。

また、ちょうど歯の裏側で舌が針金に当たる部分に設置されるので、慣れるまでは発音しにくかったり、食べ物を噛む際などに違和感を抱くことがあります。

そして、針金がズレたりして歯茎に当たって擦れると痛みを感じたり、傷ができて口内炎を発症するリスクも少なからずあります。

更に、歯の表面に器具をはめこむブラケット矯正よりは歯磨きがしやすいですが、それでも針金の装置を歯の裏側に沿わせて固定するため、磨き残しができて装置が汚れたり、虫歯や歯周病になる可能性はどうしても高くなってしまいます。

リンガルアーチは、器具の作りがシンプルだけに歯を引っ張ったり、押したり、斜めに移動させるなどの単純な動きしかできないので、複雑な歯科矯正では用いることができないケースもあります。

矯正中も快適に過ごすにはリンガルアーチを使わないセラミック矯正が良いとされています

リンガルアーチを使った歯科矯正は、基本的には器具は歯の裏側につけられるので、パッと見た感じではわかりません。

しかし、話にくい、針金が歯茎に当たると痛いなどのデメリットもあるので、矯正中は快適な生活が送れるというわけにはいきません。

見た目にも口腔内や体にもできる限り影響がなく、リンガルアーチを用いた場合のデメリット部分を補える矯正方法としては、セラミック矯正が良いとされています。

セラミック矯正というのは、天然歯を削って形を整え、セラミックで作成した人工歯を天然歯の土台に被せるという方法です。

長期間矯正器具を装着する煩わしさもなく、矯正中も仮歯を入れるので見た目にもあまり変わらず、食事なども普通に摂れて、会話などにも支障がありません。

更に、天然歯に被せる人工歯は、色や形状、大きさなどを周囲の天然歯に合わせて決めることができるという利点があります。

そのため、歯並びがより自然な感じになり、審美性が高いのが特徴とも言えます。

そして、施術にかかる期間もリーガルアーチを用いた矯正やブラケット矯正よりも短い期間で終わる場合がほとんどです。

(まとめ)歯科矯正器具の一種、リンガルアーチってなに?

1.リンガルアーチとは歯科矯正で用いられる針金だけで作成される器具です

リンガルアーチは、先端を丸めて左右の奥歯にひっかけて歯の裏側に沿わせるタイプの矯正器具です。

リンガルアーチは針金でできており、両端から歯を引っ張って歯列を整えます。

2.リンガルアーチは、見た目にも矯正と分からないなどのメリットがあります

歯の裏側に器具を添わせるので、リンガルアーチを装着していても見た目に矯正しているかはわかりません。

更に作りが単純なので、歯科医でも調整しやすく、凸凹しているブラケット矯正よりはお手入れしやすいとされています。

3.器具が舌に触れると話しにくかったり歯茎に当たると口内炎ができる可能性もあります

リンガルアーチは、舌に針金が触れるので発音しづらかったり、食べ物を噛む際に違和感があるといったマイナス面もあります。

更に、器具がズレて歯茎に当たると口内炎ができるリスクもあり、また脱着は歯科医でしかできません。

4.矯正中も快適に過ごすにはリンガルアーチを使わないセラミック矯正が良いとされています

リンガルアーチのマイナス面をカバーし、より短期間で歯列を整えられる施術としてセラミック矯正が注目されています。

天然歯を削って、色や形を選べる人工歯を装着するセラミック矯正は、審美性が高いのが特徴です。

12636
Return Top