受け口の手術は50代でもできるの?

50代でも受け口の手術を受けることができます


40~50代になると受け口を改善したくても、「今更手遅れかな…」と諦めている方が多いですが、結論からいうと遅くありません。

40~50代、60代でも矯正を始める方もいらっしゃいます。

矯正や手術は何歳までという年齢制限はありませんが、歯周病になっていたり歯茎が弱くなったりしていると、施術できない場合があるためできるだけ早めに行いましょう。

受け口などの歯並びの改善には年齢制限はありません

50代になると「矯正や手術は難しい」と思っている方も多いかもしれませんが、50代からでも施術を始めることができます。

若い頃の施術や手術は見た目をよくすることが一番の目的ですが、40代以降の方の目的は「よく噛めるようになりたい」や「自分の歯を長く大切に使いたい」というものが多いです。

若いときはそうでもなくても、加齢を重ねるうちに歯周病が進行した痛みが出たり歯を失ったりしやすくなります。

歯並びを改善すれば今よりもよく噛めるようになり、歯や歯茎を健康的に保ちやすくなり、結果的に自分の歯の寿命を延ばすことにつながります。

また、今までは仕事や子育てで忙しく、自分の歯を治す時間がなかったという方も多く、仕事や子育てが落ち付いたからと矯正などを始める方も多いです。

受け口などの歯並びの改善は、何歳から始めても遅いということはありません。

しかし、歯周病が進行しすぎていたり骨が弱くなっていたりすると、矯正を受けることができない場合もあるため、できるだけ早めに歯科医院に相談することをおすすめします。

まずは歯科医院に歯並びの相談をしてみましょう


上顎、もしくは下顎の骨が過度に成長しすぎてしまっている場合や反対に成長が足りない場合など、歯並びだけでなく骨格的な問題がある場合は、通常の矯正施術だけでは改善は難しいため外科手術が必要になります。

しかしご自分で「矯正の外科手術が必要」と思っている場合でも、手術は必要ない場合もあります。

ひとりで悩まずに、まずは歯科医院に矯正相談だけでも受けることをおすすめします。

受け口の代表的な手術の方法についてご紹介します。

セットバック法

下顎のセットバック法は下の歯の第一小臼歯を抜歯し、その下の骨を骨切りします。

抜歯して空いたスペースに前歯6本を骨ごと後方へとスライドさせて固定し、下顎を引っ込める手術です。

顎先だけが前に残ってしまうため、顎先も削って整えます。

口元が下がるので歯並びだけでなく、フェイスラインもキレイに整います。

手術と聞くと気が引けるかもしれませんが、手術法にもよりますがだいたい3時間前後で手術は完了し、入院の必要もありません。

手術は口腔内から行うため、お顔に傷が残る心配もないといえます。

歯並びは老化や認知症にも関係しているといわれています

受け口は見た目が悪いことが問題のように思われがちですが、実はそれだけではありません。

実は歯並びは老化と関係しています。

シワやたるみの原因に

歯並びや噛み合わせが乱れていると、だんだん顔に歪みが生じシワやたるみの原因になります。

噛み合わせが悪いと、顔だけでなく脊椎の歪みにもつながることもあるといわれています。

また、うまく噛めないとお口周辺の筋肉が衰えて、老け顔にもつながる恐れがあります。

噛み合わせは認知症にも関係しています

一見関係のないように思えますが、しっかり噛むことができないと脳の老化のスピードが速まってしまうといわれています。

良い噛み合わせで噛むことが、認知症の予防につながるというデータもあります。

悪い噛み合わせで噛み続けていれば、歯並びが悪化したり顔などに歪みが生じやすくなったりしてしまいます。

放っておくと歯の寿命が縮まるリスクが高まるだけでなく、老化や認知症のスピードを進めてしまう可能性もあります。

噛み合わせや歯周病が悪化する前に、受け口を改善しておくことをおすすめします。

(まとめ)受け口の手術は50代でもできるの?

1.50代でも受け口の手術を受けることができます

矯正や手術に年齢制限はないため、50代からでも何歳からでも矯正の施術や手術を受けることができます。

矯正の手術には年齢制限はありませんが、できるだけ早めに改善することで見た目だけでなく口腔機能も改善することが期待できます。

2.受け口などの歯並びの改善には年齢制限はありません

50代の矯正や手術は難しいと思われがちですが、年齢制限はなく何歳からでも始めることができます。

50代で歯並びを改善することでコンプレックスを解消できるだけでなく、歯や歯茎の健康、口腔機能などを改善し歯の寿命を延ばすことにもつながります。

3.まずは歯科医院に歯並びの相談をしてみましょう

顎に骨格的な原因がある場合、受け口を改善するには手術が必要となります。

手術は入院する必要もなく、1日でフェイスラインを整え美しい口元にすることができます。

お口の状態によっては手術が不要の場合もあるため、まずは歯科医院に相談しましょう。

4.歯並びは老化や認知症にも関係しているといわれています

実は歯並びはお口の中だけでなく全身に関わっていて、歯並びを改善することは見た目や口腔機能を改善するだけでなく、全身のアンチエイジングにもつながります。

50代からでも受け口を改善する価値は大きいといえるでしょう。

4827
Return Top