受け口の人はなぜクチャクチャと音を立てて食べるの?

受け口の人は噛み合わせが悪いため、食事の際にクチャクチャと音を立ててしまいがちです


受け口は別名「反対咬合」と呼ばれており、噛み合わせが通常とは逆になっているのが特徴的です。

また、「下顎前突」ともいい、下の前歯が上の前歯よりも前に出ているのも特徴の1つです。

この噛み合わせの悪さにより、受け口の人は食べ物を咀嚼する時口を自然に開けてしまう傾向にあります。

食事の際にクチャクチャと音を立ててしまうのはそのためだと考えられています。

受け口の人は食べる時に自然と口を開けてしまう傾向にあります

食べている時の音は、自分ではなかなか気が付けなくても、意外と他人は気にしていると言います。

一緒に食事をする人のクチャクチャという咀嚼音が気になったことはありませんか?
また、他の人から「食べてる時にクチャクチャうるさいよ」と指摘されたことはありませんか?
食事の時のクチャクチャという音は、もしかしたら「受け口」が原因になっているかもしれません。

受け口は別名「反対咬合」「下顎前突」と呼ばれています。

下の前歯が上の前歯よりも前に出ているのが大きな特徴であり、通常の噛み合わせとは逆の状態と考えられます。

また、症状によっては、下顎が大きく前に突き出てしまっているケースも見られます。

いずれにしても、受け口の人は噛み合わせが悪いと考えられ、食べ物を咀嚼する時に自然と口を開けてしまう傾向にあるといいます。

食事の時にクチャクチャと音を立ててしまうのはそのためだと考えられます。

また、口呼吸の習慣がある人は受け口になる可能性が高いともいわれています。

口呼吸の原因には鼻づまりやアレルギーなどが挙げられますが、こちらのケースでも、やはり食事の際に口を開けてしまう傾向にあると考えられています。

食事の時に音を立てる「クチャラー」は相手に悪い印象を与えてしまいます


食事の時にクチャクチャと音を立てて食べる人は、俗に「クチャラー」と呼ばれることがあります。

もちろん、愛されているという意味で付けられたのではなく、嫌味を込めたネーミングだと言えるでしょう。

では、この「クチャラー」は、実際に他人からどう思われているのでしょうか?

ある調査結果によると、「食事中のマナーで気になることは?」という質問に対し、半数以上の方が「クチャクチャと音を立てて食べること」という回答を出しています。

特に、20代~30代の若い世代にその傾向が見られるようです。

つまり、一緒に食事をする相手への印象に大きなマイナスイメージを与える可能性があるということです。

男性はもちろん、女性が食事中にクチャクチャと音を立てて食べてしまった場合は、マナーの悪い女性という印象を相手に植え付けてしまいかねません。

食事のマナーというのは、人間関係において非常に重要視されると言っても良いでしょう。

最悪の場合、気になる異性から恋愛対象外にされてしまったり、ビジネスが上手くいかなくなったりする可能性もゼロではありません。

それくらい、「クチャラー」はマイナスイメージだということです。

受け口の改善にはセラミック矯正が効果的です

受け口は多くの場合、歯の噛み合わせが原因となっていると考えられています。

受け口の噛み合わせを改善するための方法は、歯科矯正の一種である「セラミック矯正」が代表的です。

セラミック矯正は、歯並びを改善したい箇所の歯を削り、そこに審美性の高いセラミッククラウンを被せるという施術になります。

セラミック矯正のメリットは、歯並びを改善すると同時に、歯の形や色を美しくすることも可能という点です。

これは、従来の歯科矯正である「ワイヤー矯正」や「舌裏矯正」などでは叶わなかった画期的な矯正方法だといえるでしょう。

しかも、通院回数も少なく、矯正にかかる期間は非常に短いため、なかなかクリニックに足を運べないという方でも歯並びの改善を行うことが可能になります。

受け口を改善することで、多くのお客様が「施術を受けてよかった」と感じるといいます。

食事の時に音を立ててしまう心配もなくなります。

また、見た目の美しさを手に入れることができる、コンプレックスがなくなるという点もセラミック矯正のメリットではないでしょうか。

(まとめ)受け口の人はなぜクチャクチャと音を立てて食べるの?

1.受け口の人は噛み合わせが悪いため、食事の際にクチャクチャと音を立ててしまいがちです

受け口は「反対咬合」「下顎前突」とも呼ばれており、上の前歯よりも下の前歯の方が前に出てしまっている状態を指します。

噛み合わせの悪さが原因となり、食事の際に口を開いてしまう傾向にあるため、クチャクチャと音を立ててしまいがちになります。

2.受け口の人は食べる時に自然と口を開けてしまう傾向にあります

受け口の人は噛み合わせの悪さや口呼吸の習慣が原因となり、物を食べる時に自然と口を開けた状態にしてしまいがちです。

そのため、食事の際にクチャクチャと音を立ててしまうと考えられます。

3.食事の時に音を立てる「クチャラー」は相手に悪い印象を与えてしまいます

食事の時に音を立てる人は俗語で「クチャラー」などと呼ばれています。

「クチャラー」は食事のマナーの中でも特に悪い印象を与える行為だと言われているため、その人にマイナスイメージをもたらす恐れがあります。

4.受け口の改善にはセラミック矯正が効果的です

受け口の噛み合わせを改善するのに効果的な施術は「セラミック矯正」です。

セラミッククラウンは非常に審美性が高く、歯並びを改善する以外にも見た目を美しくすることも可能だと考えられています。

2008
Return Top