日本人で受け口の人の割合は何%?

日本人で受け口の方の割合は約3~4%だと言われています


受け口の人は、日本人全体のうち約3~4%だとされています。

受け口だけで見ると少ない数字ではありますが、受け口を含んだ何らかの歯列に関するトラブルを抱えている人数は日本人の半数以上だとも言われています。

口腔の悩みは、自分だけの特別なものだと深刻に捉えず、前向きに施術を考えていきましょう。

日本人の半数以上が何らかの歯列トラブルに悩んでいます

受け口で悩んでいる人は、どうして自分だけ……と感じていませんか?
実は、厚生労働省の行った「歯科疾患実態調査」によると、日本人の半数以上の人が何らかの歯列トラブルを抱えていることが分かりました。

日本人を悩ませる歯列トラブルのうち、44.3%は歯が前後にガタガタに生えてしまう叢生というトラブルです。

次いで多いのが前顎前突、いわゆる出っ歯と呼ばれる状態で、歯列トラブルのうちの12.9%を占めます。

そして、反対咬合、いわゆる受け口は、報告された歯列トラブルのうちの約2.4%と歯列トラブルの中では一番少ないものだとされています。

受け口は3歳児健診で指摘されることがよくあります。

成長に伴って自然治癒することも稀にありますが、多くの場合は、成長に伴って、より受け口が顕著に表れるようになります。

これは、骨や筋肉が成長するのと同様に、下あごの骨も成長し長くなるので目立つようになるためです。

また、日ごろの習慣が受け口を悪化させることもあるため、そういった影響を受け、大人へと成長するに伴い受け口が目立つようになっていくのです。

受け口はメンタル面にも悪影響を与えます


前述したように、受け口は成長に伴ってより顕著になることが多いものです。

受け口の厄介な点はその部分にあり、心の成長とともに受け口の症状も悪化するので、深刻に悩みを抱えてしまう方が多くいます。

思春期は、骨や筋肉が大きく成長します。

顎の骨も同じように成長するので、思春期に入って下顎が長くなったという方も多くいます。

思春期は心の成長期でもあり、傷つきやすく不安定でデリケートな時期ですので、受け口による外見の悩みが与える悪影響は非常に大きくなります。

また、受け口の方は歯列トラブルの中でも一番割合が少ないので、同じ悩みを共有できる人が見つかることも少ない点も、悩みを深刻にしてしまいがちです。

受け口の施術は、子供の頃に行うものというイメージを持っている人も多いものです。

しかし、受け口は大人になってからでも施術することができるものです。

深刻に悩むことから心身ともに悪影響が出る前に、自分の受け口の状態に合う施術法を探してみてはいかがでしょうか。

深刻な悩みであるほど、解決した時の喜びも大きいものです。

受け口を治して自信の持てる口周りを手に入れましょう。

自分に合う受け口の施術法を探しましょう

大人になってからでも受け口は治せます。

受け口の施術法はいくつかあり、自分の受け口の状態や、希望する施術期間などの条件に合わせて選ぶことも可能です。

比較的軽度の受け口の方の場合は、マウスピースやワイヤーを使って治すことが可能です。

短期間で治したい方の場合には、セラミックを使った施術法もあります。

セラミックの場合は、同時に歯の色を変えることもできます。

受け口を治すだけでなく、口の印象そのものを変えることも可能です。

歯みがきがしづらかったり、発音や咀嚼に大きな影響を与えてしまったりしているような重度の受け口の方は、歯列矯正だけでなく外科的施術を組み合わせることによって治すことができます。

外科的施術では単純に受け口を治すのではなく、キレイなフェイスラインを手に入れ、顔全体の印象まで変えることができます。

受け口の施術を行う歯科医院やクリニックを探す時は、きちんと悩みを受け止めてくれるところを探すようにしましょう。

特に外科的施術を受けたいと思っている方は、医師の経験が豊富でカウンセリングをしっかりと行ってくれるところがおすすめです。

(まとめ)日本人で受け口の人の割合は何%?

1.日本人で受け口の方の割合は約3~4%だと言われています

日本人全体のうち、受け口で悩む人は全体の約3~4%いると言われています。

受け口の人が周りにあまりいない環境の人は、自分だけの深刻な悩みと捉えがちになってしまいます。

悩みを抱えこむ前に、まずは一緒に受け口を治す方法を探してみましょう。

2.日本人の半数以上が何らかの歯列トラブルに悩んでいます

日本人の多くの人が何らかの歯列トラブルに悩まされています。

その中でも受け口の方は少数派ではありますが、成長に伴って目立つようになるという特徴があるので、心の発達とともに悩みも大きくなる傾向があります。

3.受け口はメンタル面にも悪影響を与えます

受け口は思春期に症状が顕著になりがちです。

そのため、深刻に悩んでしまったり、外見上の問題から深く傷ついてしまったりなど、メンタル面に悪影響を与えてしまいがちです。

深く悩む前に、施術法を探して前向きに解決していくことがポイントです。

4.自分に合う受け口の施術法を探しましょう

大人になってからでも受け口の施術は可能です。

自分の受け口の状態に合った施術法を選ぶことで、理想的な口元を手に入れることができます。

歯科医院やクリニックを選ぶ時は、医師の経験やカウンセリングの丁寧さをチェックすることをおすすめします。

5236
Return Top