受け口だとほうれい線ができやすいって本当?


受け口だとほうれい線ができやすいというのは本当です


受け口になっていると、ほうれい線はできやすいです。

受け口というのは、歯の噛み合わせが悪くなってしまっているということです。

噛み合わせが悪くなると、骨格が歪んできます。

すると、筋肉のバランスも悪くなってしまって、ほうれい線ができやすい状態になります。

受け口の原因は噛み合わせが悪いことです

では、受け口とはどんな状態でしょう。

受け口は2種類あります。

まずは、前歯の噛み合わせで下の歯の方が前に出ているということです。

もう1つは、下顎の方が、上顎よりも大きく成長してしまった、ということです。

状態がわかったので、次は受け口の原因についてです。

噛み合わせが悪い

上の歯は内側に生えていて、下の歯は外側に生えてくると、噛み合わせは悪くなります。

顎の骨がずれている

骨がずれていて、噛み合わせが悪くなり、受け口になってしまいます。

口呼吸している

鼻呼吸ができず、いつも口で呼吸をしていると、口が開きっぱなしです。

すると、下の歯が前にでてきてしまいます。これで、受け口になってしまうのです。

受け口の原因である口呼吸は、筋肉を緩ませてしまいます。

いつも口を開けているからです。

同じ状態が続くと、筋肉は緩んできます。

そして、ほうれい線の原因にもなってしまいます。

受け口の原因と、ほうれい線の原因とは、同じところにもあります。

歯の噛み合わせは骨を構成する上で、大切なことです。

噛み合わせと呼吸も、筋肉を鍛えるという部分でとても大切なことです。

ほうれい線ができるのは筋肉のたるみが原因です


ほうれい線ができる原因としては、加齢によるものであることがいえます。

それだけでなく、口周りや頬の筋肉がたるんでくることでもできてしまいます。

ここでいう筋肉というのは、表情菌と深層筋のことです。

まず、皮膚が表面にあります。

そのすぐ下には表情筋があります。

表情筋を支えているのが深層筋というものです。

さらにその下には、骨があります。

筋肉とひと口に行っても、皮膚のすぐ下にある表情筋と、その奥にある深層筋の2種類があるのです。

では、どうして筋肉がたるんでしまうのかというと、ひとつはやはり加齢によるものは、避けられません。

そして、受け口による歯並びの悪さが挙げられます。

受け口になってしまっていることで、筋肉のバランスは悪いのです。

また、下顎が成長していて上あごは小さいので、口の上の方はつっぱってしまいます。

頬のたるんだ筋肉は、行き場をなくしてよりほうれい線という形になってあらわれてきてしまいます。

さて、受け口になってしまう原因、ほうれい線となってしまう原因がわかったところで、どうしたら受け口によるほうれい線が改善されるのか、ということを考えていきましょう。

受け口によるほうれい線を改善します

受け口によるほうれい線を改善するためには、受け口の改善とほうれい線の改善が必要です。

まず、受け口を改善するための方法は、歯並びを治すことです。

歯科矯正で、下の歯が上の歯よりも出ているという状態を逆にします。

従来通りの下の歯に上の歯がかぶさるように噛み合わせ良い歯並びにすればよいのです。

受け口の状態によっては、骨を切るという手術が必要です。

これは、整形外科医とのカウンセリングをしっかり行ってから考えましょう。

次に、ほうれい線の改善です。

受け口によってできていたほうれい線なので、受け口が改善されれば、ほうれい線も改善されます。

さらに、ほうれい線を改善するには、自分で表情筋と深層筋を鍛えることです。

毎日簡単にできる方法は、口の体操です。

「あ」「い」「う」の形にそれぞれ思い切り口を開いて、10秒間キープします。

合計で30秒間でできます。この体操を毎日続けることです。

受け口を治して、さらにほうれい線の対策も行えば、受け口によるほうれい線はだんだんと良くなっていきます。

(まとめ)受け口だとほうれい線ができやすいって本当?

1.受け口だとほうれい線ができやすいというのは本当です

受け口は、歯の噛み合わせが悪くなります。

噛み合わせが悪いと、骨格が歪んできてしまって、筋肉のバランスが悪くなります。

それで、ほうれい線ができてしまうというわけです。

2.受け口の原因は噛み合わせが悪いことです

受け口には、前歯の噛み合わせで下の歯が出てしまっているものと、下顎がより大きく成長してしまったものがあります。

原因として、噛み合わせが悪いこと、顎の骨がずれていること、口呼吸をしていることが挙げられます。

3.ほうれい線ができるのは筋肉のたるみが原因です

ほうれい線は、加齢と口周りや頬の筋肉がたるんでくることで起こります。

皮膚の下に表情筋、その下に深層筋、さらにその下には骨があります。

筋肉のたるみは、加齢と歯並びの悪さによって起こりうるものです。

4.受け口によるほうれい線を改善します

受け口によるほうれい線の改善は、歯並びを治すことで期待ができます。

ほうれい線は、簡単な口の体操で口周りの筋肉を鍛えることで、改善が見られます。

受け口を改善すれば、ほうれい線も改善できるといえます。

4664
Return Top