受け口になると下唇の位置が変わる?

受け口の方は下唇が前に突き出た状態になります


受け口の顔の特徴として、下唇が前に突き出た状態になるということが言えます。

口回りの理想的な状態としては、鼻と顎を結んだラインの中に唇がおさまっていることが挙げられますが、受け口の場合はそのラインよりも下唇が前に出ている傾向にあります。

横から見た時に特に目立つことが多く、受け口の方の中には、横顔にコンプレックスがあるという方も少なくありません。

受け口の方は下唇が前に突き出ている傾向があります

一般的に「受け口」と呼ばれる状態は、下の前歯が上の前歯の前にかぶさっている状態のことで、専門的には「反対咬合」と言います。

一口に受け口と言っても、原因や症状は様々です。

下唇が前に出ている人は、上下の歯の位置が前後で逆さまになっているため、それに伴って上下の唇も前後が反対になっているような状態です。

唇の状態は正面から見た時よりも、横から見た場合の方が目立ちやすいため、受け口の人の多くは、横顔コンプレックスを少なからず抱えていると言われています。

理想的な唇の位置とは?

唇の位置を含めた理想的な横顔のラインというものがあります。

エステティックラインやEラインと呼ばれるもので、鼻先と顎を結んだライン上に上下の唇の先が触れている状態が理想とされています。

受け口の方の場合は、Eラインよりも下唇が前に出ているケースが多くみられます。

Eラインのチェックの仕方

鼻先から顎にかけて定規を当ててみることで簡単にチェックできるので、どの程度下唇が前に出ているのかを自分で確認することができます。

興味のある方はぜひチェックしてみてください。

唇だけでなく、下あごそのものが前に出ているケースもあります


受け口の方のなかには、歯や口元だけではない問題を抱えている方もいます。

多いのは、下あごが前に突き出しているケースで、横から見ると、顔全体が三日月形になっているような状態です。

下あごの骨は、思春期のころに体が大きくなるのと同じように、大きく発達することがあり、子供のころはあまり目立たなかった方でも、大人に近づくにつれ目立つようになることがあります。

下あごが出ているタイプの受け口は、ワイヤーやセラミックなどで歯を治すだけでは完全に受け口を治すことは難しいとされています。

そのため、セットバック法などの外科的施術で骨格ごと矯正することでキレイなフェイスラインを手に入れることができます。

一見、大がかりな施術のようですが、施術の前後での外見の変化が一番大きいのが、下あごが出る受け口のタイプの方です。

そのため、これまで感じていた精神的な負担が軽くなることもあり、外見だけでなくメンタル面でも改善されることが大きいのもこのタイプの方だと言えます。

施術後のバランスを大切にした施術法を選ぶことが大切です

受け口で下唇が前に出てしまっている場合、施術したら自分がどんな顔になるのだろうかと不安になる人も多いのではないでしょうか。

歯は部分的に施術すればそれで成功というものでもありません。

歯は口元やあご、フェイスラインなど全体的な顔のバランスに大きく関わる部分です。

歯並びをよくしたからといって、それで終了というわけではなく、歯並びを整えたけれど下唇や下あごとのバランスが悪いとなると施術は成功とはいえません。

自分の受け口の状態に対し、どこにどんな原因があるのか、どこを施術すればどのような結果が得られるのか、理想のフェイスラインに近づけるためには、なにを施したらいいのかなど、決定すべき内容が多々あります。

受け口の施術は、外見の印象に大きく関わるものです。

そのため、本人がどのような悩みや希望を持っているのかを医師はきちんと理解し施術を進めなくてはなりません。

受け口の施術をする際は、きちんとコミュニケーションのとれる信頼できる医師に相談することが非常に重要です。

(まとめ)受け口になると下唇の位置が変わる?

1.受け口の方は下唇が前に突き出た状態になります

受け口の方は、下唇が上唇よりも前に突出しているため、顔が不自然なバランスになります。

キレイなフェイスラインを手に入れるためにも、受け口の施術をする時は、唇の理想的な位置も意識して行うことをおすすめします。

2.受け口の方は下唇が前に突き出ている傾向があります

受け口の人は横顔コンプレックスに悩んでいる人が多いものです。

理想的な横顔は、鼻先と顎を結んだEラインと呼ばれるものに、上下の唇の先が触れる状態です。

鼻と顎に定規を当てることで簡単に確認できますので、気になる人はチェックしてみましょう。

3.唇だけでなく、下あごそのものが前に出ているケースもあります

下あごは思春期に成長することがあり、大人に近づいてから受け口が目立つようになる人もいます。

下あごが出ている受け口の場合、セットバック法という外科的な施術を受けることで、改善することが可能です。

4.施術後のバランスを大切にした施術法を選ぶことが大切です

下唇が前に出ている場合は、その原因を見極めることが重要です。

受け口の施術は、顔全体のバランスを変化させます。

外見はその人の印象を大きく左右することもありますから、施術を受ける際には医師としっかりコミュニケーションを取り、不安を解消することが大切です。

9522
Return Top