湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

インプラントは受け口の状態でも受けられるの?

インプラントは受け口を矯正した後に行うことが望ましいとされています


結論から申し上げると、インプラントは受け口の状態でも受けられる場合とそうでない場合とがあります。

インプラントは一度埋め込んだら位置を動かすことができないため、歯列矯正を行う可能性がある場合、インプラントを受ける前に行うことが推奨されています。

特に、重度の受け口の場合、歯列矯正と外科的な施術を平行して行うことが多いため、注意が必要です。

インプラントは人工の歯を装着することで歯を美しくみせる施術のことです

インプラントの施術では、失ったところに歯を取り戻し、歯を美しくみせることが可能です。

では、そもそもインプラントとはどのような施術のことを指すのでしょうか?

インプラントは日本語表記に治すと「人工歯根」と記すことができます。

歯が抜けてしまった箇所に、「フィクスチャー」と呼ばれるネジを埋め込み、その上に「アバットメント」と呼ばれる連結部、そして人工の歯を装着する施術となります。

施術にかかる期間は、一般的に数か月から1年程度だといわれています。

施術が終わった後もメンテナンスが必要になるというデメリットがありますが、周辺の健康な歯を削る必要がなく、歯の寿命を保てるという大きなメリットを持っています。

また、審美性が非常に高く、しっかりと固定されるため、天然の歯と同じように咀嚼することが可能です。

従来のブリッジのように洗浄の必要もないため、通常の歯磨きをすることがお手入れの方法となります。

歯列矯正の中でも画期的な最先端の治療として注目されているのがインプラントなのです。

インプラントを受ける前に受け口の矯正を行うのが一般的です

では、受け口の状態でインプラントを受けることは可能なのでしょうか?

まず、大前提として、インプラントは一度埋め込んだら位置を動かすことができないという性質を持っています。

そのため、将来的に歯列矯正を行う可能性がある場合、歯列矯正を行った後でインプラントを受けることが推奨されています。

また、下顎の骨が極端に大きいような重度の受け口は、歯列矯正を行っただけでは改善されないことがあります。

そのため、歯列矯正と外科的な施術を平行して行っていき、最後に歯列矯正で仕上げるといった形をとることが多いです。

軽度の受け口の場合では、インプラントと裏側矯正を行うことで改善されるケースがあります。

ただ、施術完了までに1年~2年もの長い期間を要するというデメリットもあります。

受け口を治したいと希望しているのであれば、まずは受け口を矯正する施術を受けることをおすすめします。

歯科矯正を行うことで受け口を改善することが可能となります

インプラントは失った歯を取り戻すための施術になりますので、歯並びを美しくするためには歯列矯正が必要となります。

ここでは、受け口を改善するための歯列矯正の方法をいくつか挙げていきます。

セラミック矯正

セラミッククラウンをかぶせることで歯並びを整える矯正方法です。

歯並びを改善したい歯や周辺の歯を削る必要はありますが、仮歯を装着するため歯並びをすぐに確認することが可能です。

また、数か月で施術を終わらせることができるというメリットがあります。

ワイヤー矯正

ブラケットとワイヤーを用いて上下の歯を引っ張ることで歯並びを整える矯正方法です。

歯を削ることはあまりありませんが、現状の歯の形状や色などの審美性を高めることは難しいです。

見た目や発音に影響があり、施術が長期にわたり続くことが多いです。

裏側矯正

歯の裏側に矯正装置を付けるため、従来のワイヤー矯正よりも目立ちにくいというメリットがあります。

しかしながら、かかる費用が高額、話す時や食べる時に違和感を抱く、治療期間も長期になるというデメリットがあります。

(まとめ)インプラントは受け口の状態でも受けられるの?

1.インプラントは受け口を矯正した後に行うことが望ましいとされています

受け口の状態でもインプラントを行うことは可能です。

しかし、インプラントは一度埋め込んだ場所から動かすことができないという性質を持っているため、将来的に受け口を治したい場合、歯列矯正を行ってからインプラントを行うのが一般的です。

2.インプラントは人工の歯を装着することで歯を美しくみせる施術のことです

インプラントの施術は、歯が失われた箇所に人工の歯を装着することで歯を美しくみせる
施術期間が長くメンテナンスが必要というデメリットがありますが、健康な歯を削らずに済む、審美性が高い、天然の歯と変わらないなどのメリットがあります。

3.インプラントを受ける前に受け口の矯正を行うのが一般的です

受け口の状態でもインプラントを行うことは可能です。

しかし、インプラントは一度埋め込んだら位置を動かすことができないため、将来的に受け口を改善したいという希望がある場合、歯列矯正や外科的な施術を先に行うというのが一般的です。

4.歯科矯正を行うことで受け口を改善することが可能となります

インプラントは歯並びを整える施術ではないため、受け口を改善するには歯列矯正を行う必要があると考えられています。

歯列矯正にはセラミック矯正やワイヤー矯正、裏側矯正など様々な方法があります。

976
Return Top