湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

受け口で顎が長い場合は矯正で治る?

矯正で歯並びは改善できても受け口で顎が長いのを改善するには外科的な施術が必要になります


顎が長いと悩んでいる人も少なくないでしょう。

特に受け口だと顎が長く見えてしまうため、余計コンプレックスになりやすいといえます。

歯並びはセラミック矯正やワイヤー矯正などで改善することはできますが、顎の長さを変えることはできません。

顎の長さを短くしたい場合は、顎の骨切り術などが必要になります。

受け口で顎が長い場合は骨切りの施術方法が用いられます

受け口で顎が長い人でも、「前歯の歯並びが改善できればいい」という人もいれば、「歯並びだけではなく顎も短くしたい」という人もいるでしょう。

「自分がどこまで求めるのか」ということでも、施術法は違ってきます。

「前歯の歯並びがキレイに整えばいい」というお客様は、顎の骨切り術を行う必要はありません。

歯を削りセラミックの差し歯を入れて歯並びを改善するセラミック矯正や、一般的なワイヤー矯正で十分でしょう。

比較的軽度から中度くらいの受け口であれば、外科的な施術まではしなくてもいいでしょう。

反対に「顎も短くしたい」と思っているお客様は、矯正だけでは満足できないはずです。

そのようなお客様の場合には、顎の骨切り術が必要になります。

顎の骨切り術とは

顎の骨切り術とはどのような施術法なのでしょうか。

オトガイ水平骨切りという施術法で骨切りを行います。

下顎の長い部分を水平に切り取り、切り取った骨を後方へ移動させチタン製プレートで固定します。

骨切りした部分とオトガイ(顎先)の骨片との間に段差ができてしまうためこの段差を削り、丸くなり過ぎないようにオトガイ骨片の位置を調整していきます。

この骨切り術を行うと、顎先が強調されるのは改善されますがシャープさはなくなります。

矯正は歯並びは改善できても骨格やフェイスラインまでは改善できないといえます

軽度の受け口や歯並びが原因の場合の受け口は、矯正だけで改善できる可能性が高いです。

しかし、下顎が大きいなどの骨格的な問題がある場合や、顎が長い、フェイスラインもキレイにしたいというような場合は、顎の骨切り術などが適応されます。

歯並びを改善する矯正だけでは、骨格的な問題やフェイスラインの改善はできません。

歯並びはキレイになっても、顎の長さなど口元の大きな変化は望めないでしょう。

また、通常ワイヤー矯正を行うと平均で2~3年という期間がかかりますが、骨切り外科的な施術を行えば噛み合わせの問題は短時間で改善されます。

骨切り術のダウンタイムは個人差はありますが、2~4週間ほどです。

歯並びは人に与える印象を大きく左右するものです

歯並びは人に与える印象を大きく左右するということをご存知でしょうか?
人と話すときは無意識に、相手の口元を見てしまうものです。

そこで歯並びが悪かったり、受け口であったりすると、よくない印象を持たれてしまいます。

日本臨床矯正歯科医会が歯並びと矯正歯科治療に関する意識調査を、全国の10~50代の男女計1,000名を対象に行っています。

素の調査によると、72.6%の人が歯並びは第一印象を左右すると回答しています。

また、歯並びが良い人から受ける印象についての回答は、次のようになっています。

清潔感があると答えた人が78.7%、上品がある 62.4%、育ちがよい 54.3%、健康的 78.6%となっています。

ほかにもマーケティングリサーチ会社が全国20~69歳の女性1,000人を対象に女性の美しさに関する調査を行っています。

その調査によると、「美人に必要な条件」についての回答は、次のようになっています。

1位はハリのある若々しい肌、2位はバランスのよい体型、そして3位は歯の美しさ、です。

お肌や体型などと言う条件はうなずけますが、歯の美しさが3位にランクインしています。

やはり歯並びなど口元は、人に与える印象に大きく影響することがわかります。

(まとめ)受け口で顎が長い場合は矯正で治る?

1.矯正で歯並びは改善できても受け口で顎が長いのを改善するには外科的な施術が必要になります

受け口は矯正などで改善できますが、顎の長さは骨切り術などの外科的な施術を行わないと改善することはできません。

前歯の歯並びが治ればいい、顎も短くしたいなど、自分はどこまで治したいのかをよく考えてから歯科に相談するといいでしょう。

2.受け口で顎が長い場合は骨切りの施術方法が用いられます

比較的軽度から中度の受け口や歯並びが改善できればいいと思っている場合は、セラミック矯正やワイヤー矯正を行います。

顎を短くしたい、フェイスラインを改善したいという場合には、骨切りなどの施術が必要になります。

3.矯正は歯並びは改善できても骨格やフェイスラインまでは改善できないといえます

セラミック矯正もワイヤー矯正も、歯並びは改善できても骨格までは動かせません。

下顎が大きく成長しているなど、骨格を変える必要がある場合は骨切り術が必要です。

まずは歯科医院に矯正だけで治るのか、相談してみるのもいいでしょう。

4.歯並びは人に与える印象を大きく左右するものです

2つの調査から、歯並びは周囲に与える印象に大きく影響することがわかります。

歯並びが良いといい印象を与え、歯並びが悪いと悪い印象を持たれてしまいます。

歯並びを改善することで、周囲に与える印象も変えることができます。

6698
Return Top