湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

虫歯が原因で歯茎の色が黒くなることがある?

虫歯が原因で歯茎の色が黒くなることがあるのは本当です


歯茎の変色は被せものや詰め物、歯周病、喫煙の習慣などさまざまな原因で起こると考えられています。

そして、虫歯も歯茎を変色させる原因と一つだといわれています。

虫歯が進行して歯の神経が死んでしまった場合、歯の黒ずみが起き、歯の根元の黒ずみを起こす可能性があります。

虫歯で歯茎の色が黒いのは、歯の根元が透けて見えるからだと考えられています。

虫歯が進行すると歯茎が変色することがあります

歯茎の変色が気になるとお悩みの方は多いといいます。

歯と歯茎は笑ったときに目立つ場所であるため、コミュニケーションをとる相手に与える印象を大きなく左右するといっても過言ではありません。

そんな歯茎の黒ずみが目立ってしまうと、不健康な印象や清潔感に欠けるイメージを与えてしまいかねません。

歯茎の変色はさまざまな原因で起こると考えられていますが、その原因の一つが虫歯だといわれています。

初期の虫歯ですと、歯に小さな黒い点のような穴が見え、歯茎が白っぽく変色することがあります。

虫歯が進行していくと歯の神経が死んでしまい、歯そのものの黒ずみが起こると考えられます。

そうなると、歯の根元まで黒ずみを起こすことがあり、その部分が透けて見えることで歯茎も黒ずんでいるように見えてしまうのです。

虫歯が進行する前にクリニックで治療を行うことが理想的です。

歯茎の黒ずみを治すには、歯茎の変色の原因を解消することの他に、歯茎のホワイトニングという方法があります。

歯茎の変色を元に戻したいという方は、一度検討してみることをおすすめします。

歯茎の黒ずみを起こす原因にはさまざまなものがあります


歯茎の黒ずみが気になる方の中には、特に虫歯を患っていないという人もいらっしゃいます。

では、そういった方が歯茎の黒ずみを起こすのはなぜなのでしょうか。

ここでは、歯茎の黒ずみを起こす原因をいくつかご紹介します。

被せものや詰め物

被せものや詰め物を使用した場合、経年により酸化や劣化して金属が溶けだすことがあります。

金属が溶けだしたものが歯茎に付着することで歯茎が黒く見えてしまう可能性があると考えられています。

遺伝や生まれつき

歯茎の黒ずみは病気や虫歯などで起こるとは限りません。

例えば、もともと歯茎にメラニン色素が沈着している遺伝や生まれつきの場合もあります。

歯周病

虫歯同様、歯周病が進行することでも歯茎の黒ずみが起こると考えられています。

初期の段階では赤く腫れることが多いですが、黒い歯石が溜まっていくと徐々に紫色、黒色へと歯茎を変色させてしまう恐れがあります。

タバコやコーヒーの着色

喫煙の習慣がある人や、コーヒーや紅茶などを飲む機会の多い人は、その色素が歯茎に着色してしまうことがあります。

特に、タバコに含まれる有害物質は歯茎を変色させてしまう大きな原因と考えられています。

歯周病はさまざまな病気の原因となります

健康的な人の歯茎がどうなっているのかはご存知でしょうか。

健康な人の歯茎は、歯と歯茎の境目に腫れなどがなく、色は淡いピンク色をしているのが特徴的です。

歯茎が赤く腫れていたり、赤黒くなっていたりする場合は、歯周病にかかっている可能性があるでしょう。

歯周病は、40歳以上の日本人の内、約80%以上がかかっているといわれている深刻な病気です。

さらに、最悪の場合脳梗塞や認知症などの病気をも引き起こすことがあるとも言われており、軽く見逃すことができる病気ではありません。

歯周病はプラークにより進行していくと考えられています。

プラークは虫歯菌と歯周病菌が共存した菌で、歯茎の炎症を起こすといわれています。

直接的に歯茎に影響を与えるのは歯周病菌の方であるため、歯茎の黒ずみの原因の多くを占めているといっても良いでしょう。

歯周病は、毎日、食事の後に歯のブラッシングを丁寧に行うことである程度予防できるといいます。

もし、歯茎の黒ずみでお悩みの方は、歯茎のホワイトニングと同時に、虫歯や歯周病の治療も検討しましょう。

(まとめ)虫歯が原因で歯茎の色が黒くなることがある?

1.虫歯が原因で歯茎の色が黒くなることがあるのは本当です

歯茎の変色が起こる原因は、被せもの、詰め物、歯周病、喫煙の習慣、そして虫歯だといわれています。

虫歯が進行し神経が死ぬと、歯の根元が黒ずむ可能性があります。

歯の根元が透けて見えることで歯茎の色も黒ずんで見えることがあるのです。

2.虫歯が進行すると歯茎が変色することがあります

歯茎は笑ったときに目立つ場所のため、黒ずみがある場合、相手に与える印象を大きなく左右するでしょう。

歯茎の変色を起こす原因の一つに虫歯が挙げられますが、これは歯の神経が死ぬことで歯の根元が黒ずみ、透けて見えるからだと考えられています。

3.歯茎の黒ずみを起こす原因にはさまざまなものがあります

歯茎の黒ずみは虫歯以外にもさまざまなことが原因で起こると考えられています。

例えば、被せものや詰め物の金属、遺伝や生まれつき、歯周病、タバコやコーヒーの着色などが挙げられます。

4.歯周病はさまざまな病気の原因となります

40歳以上の日本人の8割以上がかかっているという歯周病は、プラークにより進行していき、歯茎の炎症を起こすと考えられています。

歯茎が腫れている場合や赤黒く変色している場合、歯周病である可能性が高いです。

1430
Return Top