湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

歯茎の色が白いのはどんな問題があるの?

歯茎の色が白いのは血行不良や歯周病の可能性があります


歯茎の色が黒ではなく白い場合は、血行不良や歯周病が原因として考えられています。

歯茎の変色を改善したいなら歯茎のホワイトニングがあります。

外科的な施術ではなく、特殊な薬剤を使用して、歯茎を正常な色にします。

歯茎に白い膜ができて、剥がれると歯茎が正常のピンク色になっているというものです。

歯茎のホワイトニングは、セラミッククラウンを使用した場合、差し歯などの金属が原因となった変色にも有効です。

さらに、歯を白くできるというメリットもあります。

歯茎の変色を改善したいなら歯茎のホワイトニングが有効といえます

歯茎の変色を改善したいなら、歯茎のホワイトニングという施術があります。

歯肉整形と言った外科的な施術ではなく、特殊な薬剤を歯茎に塗布するだけであるため非常に手軽です。

薬剤を塗った後は、歯茎に白い膜が作られ、1週間程度を経過すればそれが剥がれます。

その白い膜が剥がれた後の歯茎は、本来の歯茎の色になっているのです。

このような点で、歯茎のホワイトニングは、とにかく早く改善をしたい人に有効と言えるでしょう。

なぜ歯茎が変色するのかについてですが、例えばメラニン色素の影響が考えられています。

歯茎がメラニン色素の影響を受けるのは、多くの場合、喫煙です。

タバコを吸う人の歯茎は、メラニン色素が沈着しやすい状態であるため、歯茎が黒ずんでしまいます。

そのためホワイトニングをしても、すぐに歯茎の変色があるのでしたら、禁煙を考えてみるのも良いでしょう。

すぐにたばこをきっぱり止めるのが難しいという人は、徐々に吸う数を減らすのも良いです。

喫煙の場合、歯茎だけではなく、歯の白さも失わせてしまいますから、審美的な面を考えている人は注意してください。

血行不良になると歯茎が白くなるケースがあります


歯茎の色が変わる原因として血行不良が挙げられます。

歯茎の変色では、黒ずみや、紫色ばかりではありません。

歯茎が血行不良になった場合、全体的に歯茎が白くなるケースもあるのです。

原因としては、やはりタバコに含まれた有害物質の影響により、白くなることが考えられます。

血行不良が原因の場合でしたら、歯ブラシで歯茎をマッサージすることで血行を促すことが期待できます。

ただ、他にも歯周病が原因となっている可能性も指摘されています。

特に歯と歯茎の間が白くなるケースでは、歯周病が多く見られます。

しかし歯茎が白くても、実は特に問題がないというケースもあります。

歯の付け根部分の歯茎が白身がかっているケースです。

ただ、歯の付け根部分の歯茎は非常に硬いため、通常はピンク色をしています。

同時に歯茎部分が薄いため、単純に歯の色が見えている場合もあります。

それでも、同時に白く腫れているのでしたら、また違う原因が考えられるといえます。

しかし歯の付け根部分が黒いのでしたら、それは、歯周病によって歯茎が下がっている、あるいは、メタルタトゥーという、差し歯や被せ物の素材が原因として考えられます。

その場合も、歯のホワイトニングを行ってみても良いでしょう。

オールセラミックなら歯茎の変色対策以外に歯を白くすることもできます

歯茎の変色が気になるなら歯も白く見せられるオールセラミックを利用しても良いでしょう。

差し歯や被せ物の素材、良くあるのは銀歯なのですが、その影響によって歯茎が黒ずむケースがあります。

その場合、歯茎のホワイトニングも良いのですが、根本から原因を取り除かなければ、同じ問題が繰り返されるかもしれません。

セラミッククラウンは、セラミック素材で作られています。

特に良いのはオールセラミックのような、ベースにもセラミックが使われているものです。

メリットとしては、金属アレルギーやメタルタトゥーのリスクも回避することができます。

歯茎だけではなく、白い歯にもこだわっている人にも良いでしょう。

なぜかと言うと、オールセラミックの場合、美しい天然歯のように白く、透明度があるからです。

そのため歯茎の変色だけではなく、歯の審美面に対しても改善が期待できます。

さらに強度についても天然歯のような強さがありますから、長期間にわたって使用することが可能なのです。

歯茎の変色が気になるのでしたら、まずは原因の特定が必要でしょう。

そして原因に対して有効なのはホワイトニングか、それともオールセラミックなのか、医師としっかり相談することが大切です。

(まとめ)歯茎の色が白いのはどんな問題があるの?

1.歯茎の色が白いのは血行不良や歯周病の可能性があります

歯茎の変色を改善するなら歯茎のホワイトニングが有効です。

タバコを吸うと血行不良で歯茎が白くなるケースがあります。

このようなケースにも、ホワイトニングならば薬剤の塗布だけで改善が期待できます。

2.歯茎の変色を改善したいなら歯茎のホワイトニングが有効といえます

歯茎の変色は歯茎のホワイトニングで改善を期待できます。

ホワイトニングは薬剤を塗って白い膜を作り、膜が剥がれると、歯茎が正常な色になっている仕組みです。

タバコが変色の原因の場合は禁煙が有効な方法といえます。

3.血行不良になると歯茎が白くなるケースがあります

歯茎が血行不良になると、黒ずみだけではなく歯茎が白くなるケースもあるといえます。

喫煙している場合は、タバコに含まれた有害物質の影響で引き起こされます。

他にも歯周病が原因となっている可能性もあるといえます。

4.オールセラミックなら歯茎の変色対策以外に歯を白くすることもできます

歯茎の変色が気になるならセラミッククラウンも有効です。

特に使っている差し歯などの素材が原因である変色に適しているでしょう。

他にも白い歯にすることができるのも、大きなメリットです。

32188
Return Top