笑うと歯茎が見えるガミースマイルの矯正治療|原因や治す方法について紹介

笑うと歯茎が見えるガミースマイルの矯正治療|原因や治す方法について紹介笑った時に歯茎が見えてしまうガミースマイルをコンプレックスに感じる人は少なくありません。
特に見た目が気になって、思うように笑えない人もいるようです。

ここでは、ガミースマイルと呼ばれる症状の原因と、改善策についてまとめました。

同じような症状で笑顔にコンプレックスがある人は、検討してみてはいかがでしょうか。

笑うと歯茎が見えるガミースマイルとは

歯を見せた屈託のない笑顔は、人を魅力的に見せてくれるものです。

しかし、笑った時に歯茎が見えすぎてしまうことがあります。
このような状態のことを、ガミースマイルといいます。

ガミースマイルの原因

ガミースマイルは、自然に笑っているにもかかわらず、歯茎が必要以上に見えてしまうことを指します。
この場合、歯茎や顎など、本来の骨格等に問題がある可能性が高いと考えられます。

次にガミースマイルを引き起こす原因となる4つの問題についてまとめてみました。

顎の骨や歯に問題がある

一般的な歯並びの問題の一つに、出っ歯があります。
この出っ歯は、上顎前突と呼ばれる症状で、上顎の骨が通常よりも前に出過ぎてしまっていることが原因で起こります。

通常、上顎前突は見た目の問題が起こりやすい歯並びですが、単純に歯が出ているというだけでなく、ガミースマイルの原因にもなり得ます。

つまり、上顎前突の人は、上の顎が前に出る分、歯茎も見えやすくなってしまいます。
そうなると、笑った時に上側の歯茎が露出してしまう、ガミースマイルが引き起こされるでしょう。

歯茎に問題がある

ガミースマイルは歯茎が長すぎるせいで起きる場合があります。

歯茎が通常よりも長くなると、その分歯の露出部分が少なくなるでしょう。
そのため笑う時に歯茎が多く見えてしまいます。

歯茎が長いということは、それだけ歯が短いということでもあります。
このような状態だと、見た目の問題も感じやすくなってしまうでしょう。

唇に問題がある

上唇の厚みや長さは、人によって異なります。
そのため唇が薄く短い人はほかの人と比べて歯茎が多く見え、ガミースマイルになってしまうことがあります。

上の唇を引き上げる筋肉に問題がある

歯を見せて笑う時は、自然と上唇が上に持ち上げられます。
この働きが強すぎるせいで、上唇が大きく上に持ち上がってしまい、歯茎が見えてしまうこともあります。

また、筋肉が強いというだけでなく、緊張することで唇が持ち上げられすぎてしまうこともあります。

ガミースマイルを治すための治療方法

ガミースマイルを治すための治療方法ガミースマイルは、治らないものではありません。
いくつかの治療法の中から、自分の状態や希望に合わせた治療を受けることで、自然な笑顔を手に入れることができるでしょう。

ここではガミースマイルを治す方法についてまとめました。

骨や歯の突出が軽度の時は「歯列矯正」

ガミースマイルの原因が、骨や歯の突出である上顎前突などの場合は、歯列矯正が効果的です。

歯列矯正とは、歯を動かして歯並びを改善させる方法です。
矯正を行うことで、前歯の位置を奥側にずらすことができます。
すると、歯で唇が押し上げられて歯茎が見えやすくなってしまう状態を改善できるでしょう。

歯列矯正には、ワイヤー矯正(ブラケット矯正)や、マウスピース矯正、インプラント矯正があげられます。

見た目や治療期間などに応じて治療法を選択することができるので、気になった方は歯科医師へ相談してみてください。

骨を切る治療法の「上顎骨切り術」

上顎骨切り術とは、上顎の骨を切ることで全体を後ろにずらす外科手術のことです。

この手術は、重度の上顎前突の治療でも用いられるものです。
顎を切るというと、不安を感じる人もいるかもしれませんが、口の内側から手術を行うので、顔に傷が残るようなことはありません。

抜歯なども伴う大がかりな手術ですが、手術時間自体は3時間ほどで、日帰り入院で施術を受けることも可能です。

さらに顔の輪郭全体を整えることができるため、歯列矯正だけでは対応しきれないガミースマイルも改善することができます。

歯の生え方による場合には「セラミック法」や「歯冠延長術」

歯の生え方が問題であれば歯の形やサイズを大きくできるセラミック法を利用が用いられます。

セラミック法によって、今ある歯にセラミックの被せ物をすることで、歯のサイズを長くすることが可能です。
一方歯冠延長術は、歯茎を切って歯が見えている部分を延長する治療法です。
両方を組み合わせることで、より確実なガミースマイルの改善が見込めます。

また歯冠延長術を行うことで、歯茎が歯に被りすぎている状態を改善させることができます。
これに加えて、セラミック法で歯の長さを調整することで、歯茎の見え方を少なくさせることが可能です。

歯茎が原因の時は「粘膜切除法」や「歯茎部切除法」

歯茎が原因でガミースマイルになっている場合は、唇と歯と歯茎の境目の間部分を切除して縫合する、粘膜切除法が効果的です。

この部分の粘膜を切除することで、上唇が上がりにくくなり、歯茎が露出する面積を軽減させるのが、粘膜切除法です。

また、歯に重なっている歯茎を切除して、歯が見える部分を多くする歯茎部切除法という方法もあります。

上唇を持ち上げる筋肉の問題には「ボトックス注射」

プチ整形でも使われるボトックス注射は、筋肉の動きをやわらげる働きを持つものです。
そのため、上唇を持ち上げる力が強すぎる時は、ボトックス注射で改善できる場合があります。

ボトックス注射は、副作用も少なく、手軽にできるガミースマイルの改善方法です。
ただし、効果は一時的で時間の経過によって戻ることがあります。

インプラント矯正で改善できることもある

インプラント矯正とは、ねじ状のインプラントの矯正具を歯茎に埋め込むことで、少しずつ歯を動かしていく矯正方法です。

歯茎にねじを埋め込むというと痛みが強いのではと感じるかもしれませんが、麻酔をかけて施術を行うため、痛みは感じにくいでしょう。
またインプラントを外した後も歯茎に跡が残ることはほとんどありません。

インプラント矯正は、ワイヤー矯正とは異なり動かしたくない歯まで動くリスクが少ない矯正方法です。
そのため、より効果的に前歯の位置を移動させることが可能です。

審美歯科で使用されるインプラントと、インプラント矯正はまったく別の方法です。
健康な歯を抜歯してインプラントにすることは、基本的にインプラント矯正では行われません。

(まとめ)笑うと歯茎が見えるガミースマイルの矯正治療|原因や治す方法について紹介

1.笑うと歯茎が見えるガミースマイルとは

ガミースマイルは、歯を見せて笑った時に歯茎が通常よりも余計に見えてしまう状態を指す言葉です。

ガミースマイルの原因には、歯茎が歯に重なりすぎてしまっていることや出っ歯、唇が持ち上がりすぎてしまうことなどがあげられます。

また、唇の長さが短い場合もその分歯茎が見えやすくなり、ガミースマイルになることがあります。

2.ガミースマイルを治すための治療方法

ガミースマイルを治すための治療方法はさまざまで人によって異なります。

たとえば出っ歯が問題の場合は、歯列矯正や上顎骨切り術、インプラント矯正等で改善することができるでしょう。

また、歯茎と歯のバランスが問題であれば、セラミック法や歯冠延長術、粘膜切除法などを組み合わせて改善を目指すことが可能です。
整形に使われるボトックス注射も、唇が原因のガミースマイルの改善に活用できる場合があります。

ガミースマイルが気になっている人は、自分に適した治療法を歯科医で相談してみましょう。

1634
Return Top