ガミースマイルはマウスピース矯正で改善できる?

ガミースマイルの原因にはさまざまな理由があり、マウスピース矯正で改善が期待できる場合と難しい場合があります


ガミースマイルには歯茎が発達している、上唇の筋肉が強い、歯並びや骨格のために歯茎が見えすぎるなどの原因があります。

歯並びが原因のガミースマイルの場合には、歯科矯正を用いた施術が適している場合が多いです。

その中でもマウスピース矯正の場合には適したガミースマイルの症状が限られますが、改善が期待できる場合もあります。

歯並びが原因のガミースマイルはマウスピース矯正で改善できる場合もあります

ガミースマイルとは笑顔になったときに上の歯の歯茎が見えている口元のことをいいます。

一般的には歯茎が3mm以上見えている場合にガミースマイルと呼ばれるとされています。

歯並びのためにガミースマイルになっている場合には、歯が前に出すぎているために歯茎が見えやすくなっている、歯の位置が下がりすぎているなどの場合があります。

歯が通常より下から生えている場合には歯を持ち上げるためのインプラント矯正が適しているといえますが、歯が前に出ていることで歯茎が余分に見えている場合にはマウスピース矯正での改善が可能な場合もあります。

マウスピース矯正の場合にはワイヤー矯正よりも矯正する力が弱いため、歯並びの状態によってはマウスピース矯正では改善が望めない場合もあります。

また、歯並びを矯正できたとしてもまだ歯茎の幅が広いなどの理由から歯茎が見えている場合には、マウスピース矯正だけでの改善は難しいといえます。

マウスピース矯正で歯並びがきれいになった後でまだガミースマイルが残ってしまっているときでも、見えている歯茎の幅が数mm程度の場合なら、歯肉整形を合わせて行うことで歯茎が気にならない笑顔への改善が期待できます。

上唇や歯茎、顎の骨格が原因でガミースマイルになる場合もあります


マウスピース矯正では歯並びが原因である一部のガミースマイルの矯正には適しているといえますが、ガミースマイルには他にも上唇や歯茎の厚み、顎の骨格などさまざまな原因があります。

例えば、上唇が原因のガミースマイルは、笑ったときに上唇を持ち上げるための筋肉が強すぎるために歯茎が見えている、上唇が薄いなどの場合があります。

歯茎が通常よりも厚みがあるため上の歯に歯茎が被っているような、歯茎が原因のガミースマイルもあります。

たった1、2mmの違いでも見た目の印象が大きく変わって見えるので、歯茎の厚みがなくても笑顔のときに歯茎が数mmほど長く見える状態だと軽度のガミースマイルといわれる場合もあります。

その他にも、歯1本1本が小さいなど、歯が原因となっているガミースマイルや、上顎が前に出ているなど、骨格に問題があるガミースマイルなどもあります。

これらのガミースマイルはマウスピース矯正での改善が難しく、それぞれに適した施術を受ける必要があるでしょう。

ガミースマイルは原因によって改善するための施術方法が異なります

ガミースマイルの原因にはさまざまなものがあるため、適切に改善するためには原因ごとに違う施術を受けることになります。

例えば、歯並びが原因のガミースマイルの場合、マウスピース矯正やワイヤー矯正などの歯科矯正が適しているといえますが、歯茎が歯に被りすぎているなど歯茎が原因のときには歯肉整形の施術での改善が適しています。

笑ったときに上唇が上がりすぎる上唇の筋肉が原因の場合には定期的なボトックス注射などの施術で改善が見込めます。

上顎が前に出ているなど骨格が原因の場合には、余分な骨を削って顎を後ろに動かすセットバック法の施術が効果的です。

セットバック法を用いた施術は、行う事でガミースマイルの改善だけでなく、肩こりや頭痛などの原因にもなる噛み合わせや、美容面での改善も期待できます。

ガミースマイルはさまざまな原因が重なって症状が現れている場合が多く、その場合には施術方法も適した方法を組み合わせることになるでしょう。

(まとめ)ガミースマイルはマウスピース矯正で改善できる?

1.ガミースマイルの原因にはさまざまな理由があり、マウスピース矯正で改善が期待できる場合と難しい場合があります

ガミースマイルは歯茎や上唇、歯並びや骨格などが原因でおきている症状です。

歯並びが原因のガミースマイルは歯列矯正での改善が適していますが、マウスピース矯正では改善できる症状がさらに限られます。

2.歯並びが原因のガミースマイルはマウスピース矯正で改善できる場合もあります

ガミースマイルとは笑顔のときに上の歯茎が見えている口元のことです。

歯並びが原因のガミースマイルでは、状態によってマウスピース矯正での改善が期待できます。

もし、矯正後も歯茎が見えているという場合は歯肉整形の施術が適しています。

3.上唇や歯茎、顎の骨格が原因でガミースマイルになる場合もあります

ガミースマイルの原因には、上唇や歯茎、顎の骨格などさまざまなものがあります。

上唇を持ち上げる筋肉が強すぎる、歯茎に厚みがある、歯茎が歯にかぶっているなどの原因や、上顎が前に出ているためにガミースマイルになっている場合もあります。

4.ガミースマイルは原因によって改善するための施術方法が異なります

ガミースマイルにはさまざまな原因があり、適した施術方法は原因によってそれぞれ異なります。

単純に歯茎が原因の場合には歯肉整形の施術方法が、上唇が原因の場合にはボトックス注射など、骨格が原因の場合にはセットバック法での改善が期待できます。

5590
Return Top