歯茎が見えるガミースマイルの矯正費用|治すための手術や治療にかかる金額

歯茎が見えるガミースマイルの矯正費用|治すための手術や治療にかかる金額
笑った時や話をしている時など、口を開いた状態で歯茎が見えすぎてしまう「ガミースマイル」の改善には、歯列矯正が効果的です。

前歯を正しい位置に矯正することで歯茎が見える範囲も狭くなり、ガミースマイルの改善が期待できます。

しかし、重症のケースやより美しい口元を求める場合には、歯茎を切除する歯肉整形や歯肉整形、セラミック治療を行う必要があるでしょう。

ガミースマイルの治療費用についてみていきましょう。

ガミースマイルの改善にかかる費用

ガミースマイルの改善にかかる費用
ガミースマイルの改善にかかる費用はおよそ数万円から100万円ほどです。
治療は保険適用外の自由診療にあたるため、どうしても高額になってしまいます。

費用は治療法によって異なり、セラミックによる「見た目の美しさ」や元どおりの状態になりにくい「長持ちのしやすさ」など、審美性にこだわると高額になりやすい傾向があります。
もちろん、一人ひとりの口元の状態によっておすすめできる治療法は異なります。
治療法を判断する際は、担当の審美歯科医の診断を受けるようにしましょう。

また、自由診療のため審美歯科医院によって治療費用にバラつきがあるのもガミースマイル治療の特徴です。
技術や導入機器などの口コミをチェックすることはもちろん、自分の予算に合う審美歯科医院を探すことをおすすめします。

ガミースマイルの治療をする時は予算や目指す口元の姿などを考慮しながら審美歯科医院を決めましょう。

ガミースマイルを治すための治療方法別の費用

ガミースマイルを改善する治療法は歯列矯正と歯肉整形の2つの方法があり、それぞれ必要な費用や治療期間が異なります。

また、歯茎の露出具合や口元の状態によって適切な施術内容が異なりますので、担当の審美歯科医と相談しながら治療メニューを決めることをおすすめします。

症状が軽い場合は歯列矯正

ガミースマイルの症状が比較的軽い場合は、歯列矯正で改善する可能性があります。
歯列矯正は施術内容によって種類があり、それぞれ費用が異なります。

多くの歯科で採用されている主な3つの歯列矯正の施術と目安の費用を紹介します。

1. ワイヤーによる歯列矯正
ワイヤーによる歯列矯正とは、従来からある歯列矯正の治療法です。
上下の歯をブラケットと金属製ワイヤーによって引っ張り、正しい形に整える施術です。
費用は平均で60万円から100万円ほど必要で、治療費の他にワイヤーの調整費用(月に1回)などがかかります。

2. セラミックによる歯列矯正
セラミックによる歯列矯正とは、歯並びを治したい歯と場合によっては隣の歯を削り、セラミック製の被せ物をして歯並びを美しく整える施術です。

費用は4本セットの場合は約30万円からで、数か月で治療が完了します。

ワイヤーによる矯正が自分の歯を使うのに対し、セラミックの矯正は審美性の高いセラミック歯を使用します。

3. マウスピースによる歯列矯正
マウスピースによる歯列矯正は、ワイヤーなどを使用しない目立ちにくい治療法です。
湘南美容外科ではインビザラインGoとインビザラインフルの2種類のマウスピースが選べます。

費用は平均で25万円から100万円ほどかかり、他に歯牙の位置を安定させるリテーナー(保定装置)の処置費用などが必要です。

症状が重い場合は歯肉整形

歯列矯正では症状の改善が難しい重症のケースや、より美しい口元を求める場合には、歯茎を切除する歯肉整形で改善できる可能性があります。

歯肉整形には大きく分けて以下の3つの治療法があります。

1. 歯冠長延長術
2. 粘膜切除術
3. 歯冠長延長術 + セラミック治療

治療法の組み合わせや施術する歯の部位や切除する範囲などにより値段は異なります。
ガミースマイルを改善したい場合は、必ず担当の審美歯科医と相談して最適な治療を選択しましょう。

歯冠長延長術

歯冠長延長術とは、歯茎に埋もれてしまった歯を露出させることでガミースマイルを改善する治療法です。
治療期間が他の治療法より短く、元の状態に戻りにくいことが特徴です。

歯のサイズが小さいためにガミースマイルになっているケースや、歯茎が歯に覆いかぶさったためにガミースマイルになっている場合などに採用されます。

歯冠長延長術は自由診療のため、審美歯科によって治療費用が異なります。
4万円から40万円まで審美歯科医院によってバラつきがあるので、予算や通いやすさなどから審美歯科医院を選ぶことをおすすめします。

粘膜切除術

粘膜切除術とは、上唇と歯肉の間の粘膜を一度切除した後に、上唇が上がらないよう調整し縫合する外科手術です。
粘膜切除術によって上唇が上がりにくくなるように整えることで、ガミースマイルを目立ちにくくします。

粘膜切除術の治療費用は保険適用外の自由診療のため、審美歯科によって異なります。
費用は4万円から30万円までで状態や審美歯科医院によって異なるので、予算や通いやすさなどから選ぶことをおすすめします。

歯冠長延長術 + セラミック治療

歯茎に埋もれてしまった歯を露出させる歯冠長延長術とセラミック治療を同時に行うことでガミースマイルの改善を行う方法です。
元の状態に戻りにくい歯冠長延長術と美しい歯が手に入るセラミック治療を平行して行うことにより、理想的な美しい口元をより長期間キープできます。

ガミースマイルと合わせて整った歯並びと白く美しい歯を手に入れたい人に選ばれている治療法です。

歯冠長延長術とセラミックの併用治療の治療費用は、保険適用外の自由診療にあたるため、クリニックによって異なります。
費用は35万円から90万円まで幅広く、予算や通いやすさなどから審美歯科医院を選ぶことをおすすめします。

ガミースマイルの原因とは

ガミースマイルの原因は人によって異なるため、原因に合わせた治療が必要です。
ここではガミースマイルを引き起こしてしまう主な原因を3つ紹介します。

歯並びや歯の大きさに問題がある

歯の生え方や大きさ、歯並びや歯茎そのものにガミースマイルになる原因が考えられます。

顎の骨が原因

前に出てしまった上顎の骨や通常より大きくなった上顎の骨がガミースマイルの原因というケースです。

上の唇を引き上げる筋肉に問題がある

上唇の筋肉が通常より大きく働くことでガミースマイルになることがあります。

(まとめ) 歯茎が見えるガミースマイルの矯正費用|治すための手術や治療にかかる金額

1. ガミースマイルの改善にかかる費用

ガミースマイルの改善にかかる費用はおよそ数万円から100万円ほどです。
口元の状態や選択する治療法、審美歯科医院によって金額にバラつきがあります。

ガミースマイルの治療をする時は、予算や目指す口元の姿などを考慮しながら審美歯科医院を決めましょう。

2.ガミースマイルを治すための治療方法別の費用

ガミースマイルを改善する治療法は歯列矯正と歯肉整形の2つの方法があり、それぞれ費用や期間が異なります。

症状が比較的軽い場合は歯列矯正で改善する可能性がありますが、選択する施術方法によって、それぞれ費用が異なります。
歯列矯正で改善が難しい重症のケースでは、歯肉を切除する歯肉整形によって改善が見込まれます。

担当の審美歯科医と一緒に、自分の口元の状態にあった治療を選ぶようにしましょう。

3. ガミースマイルの原因とは

ガミースマイルの原因は人それぞれで、原因に合わせた適切な治療が必要です。

主な原因には「歯並びや歯の大きさに問題があるケース」と、「顎の骨が原因のケース」、「上の唇を引き上げる筋肉に問題があるケース」があります。

原因によって適切な治療方法も異なるため、ガミースマイルを治したい場合は必ず審美歯科医の診察を受けましょう。

1109
Return Top