ガミースマイルになる人の割合はどのくらい?

ガミースマイルには20代のうち10%の割合の人がなるといわれています


一般的には20代の10%の割合だけ、笑ったときに歯茎が見えるガミースマイルになるといわれています。

10人に1人の割合となるのでガミースマイルの口元になる人はけして少ない人数とはいえません。

ガミースマイルになる原因も先天的な理由と後天的な理由があるため、ガミースマイルになりやすい生活を送っていると後からガミースマイルになる可能性もあるといえます。

ガミースマイルはさまざまな原因によってなる可能性があります

笑ったときに上の歯の歯茎が見えてしまうガミースマイルですが、ガミースマイルが生じる主な原因には、歯に歯茎が被っている、上唇を引き上げる筋肉が強すぎる、歯が前に出ている、噛み合わせが悪い、上顎が大きすぎるなどがあげられます。

これらのガミースマイルになる原因は、先天的なものと後天的なものに分けられるため、生まれつきガミースマイルになる要素を持っていない場合でも日常生活での癖や習慣などからガミースマイルになる可能性があります。

先天的な問題が原因のガミースマイルは、歯や骨格の大きさなどが遺伝することで歯並びが悪くなったり、噛み合わせが悪くなったりしてガミースマイルになったなどの場合があげられます。

日本人の場合にはこのような顎の骨格が原因でガミースマイルになる人の割合が多いといわれていますが、生まれつきの原因だけでなく日常生活で顎の筋肉の無理な使い方をし続けていたり、抜けた歯をそのままにしていたりすることで歯並びや噛み合わせが悪くなってガミースマイルになることもあります。

ガミースマイルのデメリットやガミースマイルにならないための注意点に気をつけましょう


ガミースマイルは笑ったときに歯茎がでている口元のことですが、歯茎が1、2mm見えている程度の場合にはガミースマイルとまではいわれません。

3mm以上歯茎が見える状態になると表情に違和感が生じ始めるので、一般的には歯茎が3mm以上の場合にガミースマイルといわれます。

笑ったときに歯茎が見えるというのがガミースマイルの特徴で、歯茎が目立つ点が審美的に気になるというデメリットがあります。

歯並びや噛み合わせが原因のガミースマイルの場合には、食べ物が挟まりやすい口内になるので虫歯や歯周病になりやすく、頭痛や肩こりの心配もあります。

歯並びや唇の問題などで口を閉めづらい状態のときには口の中が乾燥しやすくなるため口臭の原因になるなどのデメリットがあります。

ガミースマイルの原因となる、歯が前に出ているなどの歯並びにならないために日常生活で注意をすることもできます。

小さい頃のおしゃぶりや指しゃぶり、前歯を舌で押すという癖、頬杖をする癖などは顔の歪みや歯並びが悪くなる原因になるのでできる限り行わないように気をつけましょう。

ガミースマイルには改善するための方法もあります

ガミースマイルの口元はさまざまな美容整形や歯科矯正などの施術で改善が期待できます。

ガミースマイルが生じている原因はさまざまなので、さまざまな施術の中から原因を取り除くために適した施術を受ける必要があります。

例えば、上唇が上がりすぎることが原因のガミースマイルには、強すぎる筋肉を弱めるためのボトックス注射や上唇の歯茎を切除する粘膜切除術などの施術が適していて、歯茎が原因のガミースマイルには歯茎の余分な部分を切除する歯肉整形の施術が適しているといえます。

歯並びが原因の場合には、その歯並びを改善するための歯科矯正やセラミックなどが適し、歯の大きさ自体が小さく歯茎が目立って見える場合もありますがその場合にはセラミックやラミネートベニアなどで歯の大きさを調整することでガミースマイルの改善が期待できます。

骨格が原因のガミースマイルでは、上の顎が大きすぎるなど上下の顎のバランスが悪くなっているので、大きすぎて前に出ている顎の骨を外科的な施術でバランス良く整えるセットバック法などの施術が適しているといえます。

(まとめ)ガミースマイルになる人の割合はどのくらい?

1.ガミースマイルには20代のうち10%の割合の人がなるといわれています

20代のうち10%の割合の人が笑ったときに歯茎が見えるガミースマイルといわれています。

ガミースマイルには先天的な原因だけでなく後天的な原因からもなることがあるので、普段の生活習慣で徐々にガミースマイルになる可能性もあります。

2.ガミースマイルはさまざまな原因によってなる可能性があります

ガミースマイルの主な原因には余分な歯茎があること、上唇が上がりすぎること、歯並びや骨格の問題などがあります。

遺伝によって歯並びや骨格などに問題が出るほかに、顎の筋肉の使い方が悪かったり、抜けた歯を放っておいたりするなどが原因になることもあります。

3.ガミースマイルのデメリットやガミースマイルにならないための注意点に気をつけましょう

ガミースマイルとは笑ったときに歯茎が3mm以上見える状態の口元のことをいいます。

歯茎が目立つことで美容的にも問題があり、歯並びや噛み合わせなどが原因のときには虫歯や歯周病、頭痛や肩こりなどが起きるというデメリットがあります。

4.ガミースマイルには改善するための方法もあります

ガミースマイルはさまざまな原因から発生しているので、その原因に適した施術を受ける必要があります。

上唇が原因の場合にはボトックス注射や粘膜切除術、歯並びや骨格が原因の場合には歯科矯正やセラミックなどのようにさまざまな施術で改善が期待できます。

17688
Return Top