女性に多い印象があるガミースマイルの原因と矯正・治療方法

女性に多い印象があるガミースマイルの原因と矯正・治療方法
笑ったときに歯茎が目立ってしまう笑顔をガミースマイルと呼び、歯茎が見えることに対してコンプレックスに感じている人も少なくありません。

ガミースマイルはもともとの骨格や歯並び、唇の筋肉などの複合的な要因によって起こります。
ここではガミースマイルの治療法を詳しく解説します。

ガミースマイルは女性に多いのか

ガミースマイルは女性に多いのか
笑うと上の歯茎が見えてしまうガミースマイルは、一般人に限らず芸能人でも珍しくありません。

歯並びのよさを重視する欧米では、ガミースマイルが審美的にマイナスになるなどネガティブイメージがあるようですが、日本では特に気にならないという人も多いようです。

男性よりも女性の方が歯並びや見た目を気にしやすいという要因から、ガミースマイルを必要以上に気にしてコンプレックスに感じる女性もいるようです。

しかし、ガミースマイルのなりやすさに男女差があるという科学的根拠はありません。

ガミースマイルが女性に多い印象がある理由

ガミースマイルは、TVに出る芸能人などを見ていると、なんとなく女性に多いような印象を受けがちです。
しかし、男性芸能人やスポーツ選手などにも、歯茎の出たガミースマイルの持ち主はよく見かけます。

実際はガミースマイルに男女差がある根拠はなく、男性よりも女性の方が審美的なジャッジを受けやすいという風潮が関係しているかもしれません。

また、顔が痩せるとガミースマイルが目立ちやすくなるといわれているため、若い女性の過度なダイエットによってガミースマイルがより一層目立ってしまう可能性もあります。

ガミースマイルの原因

一般的には、笑顔になったときに歯茎が3mm以上外から見えている状態が、ガミースマイルといわれるものです。

このガミースマイルは骨格や歯並び、歯の大きさ、唇や口元の筋肉などの複合的な要因で起こります。
ガミースマイルを治療するには、歯科や口腔外科で検査を受け原因を確認することが必要です。

歯や骨格に問題がある

歯並びや顎の骨は、ガミースマイルと大きく関係しています。
歯茎に対して歯が小さすぎたり極端な出っ歯になっていたりする場合や顎の骨が変形しているといった要因がガミースマイルの原因となることがあります。

歯並びや顎の骨に異常がある症例では、ガミースマイルだけでなく虫歯や歯周病を引き起こしているケースもあります。

歯や骨格以外の問題

歯や骨格以外でも、笑ったときに必要以上に上唇を引き上げることで、歯茎が露出してしまう人もいます。
このようなガミースマイルでは、原因として上唇の筋肉の発達が関与している可能性があります。

ガミースマイルは遺伝するのか

ガミースマイルの原因にもなる顎変形症の一種である上顎前突症は、遺伝的な要因があると考えられています。
これは両親どちらかが上顎前突症である場合、子どもにも同じ症状が遺伝する可能性があるということです。

そのような骨格の遺伝からくるガミースマイルであれば、遺伝性のものだといえます。
ただし、すべてのガミースマイルの原因が親からの遺伝というわけではありません。

ガミースマイルであることのデメリット

ガミースマイルをひとつの個性として考える人や歯茎が見える笑顔がチャーミングだと思う人もいます。
しかし、歯茎の気になって笑顔を抑制する人も少なくありません。

芸能人の中にはガミースマイルを矯正した人もいるため、場合によってはデメリットと考える人がいるのも事実です。

また、欧米では歯並びのよさを重視するため、ガミースマイルに対して品がないと感じたり審美的にマイナスになると考えたりする人も多いようです。

ガミースマイルは治すことができる!

ガミースマイルは歯並びや骨格、口元の筋肉などの複合的な原因があります。
しかし、治療や矯正することで、ガミースマイルを改善できる場合があります。

また、噛み合わせや顎の骨に異常がある症例では、ガミースマイル以外にも虫歯や歯周病など口腔環境の悪化を引き起こしているケースもあります。
そのため症状によっては治療が必要な場合もあるでしょう。

ガミースマイルの原因治療法

ガミースマイルの治療は原因ごとに最適な方法が異なります。
もし、治療を検討するのであれば、専門の歯科医に相談して自分に合った治療法を提案してもらいましょう。

歯列矯正

出っ歯や顎に対して歯が大きすぎる人は、歯並びを矯正することでガミースマイルの改善に繋がる場合があります。

歯の表面を削り薄いセラミックを貼ることで歯を大きくし、人から見える歯茎部分を狭くするラミネートべニアは、ガミースマイルを改善する方法の一つです。

また、セラミック製の被せ物や差し歯によって歯並びをカバーするセラミッククラウンも、ガミースマイルの改善が期待できるでしょう。

歯肉整形

歯肉整形は、歯茎の形を整えてガミースマイルの改善に繋げる方法です。

歯が小さくて歯茎の方が目立っている人や歯茎が通常より厚みがあり上の前歯に歯茎が被っている人、左右差がある不揃いな歯茎の人はこの方法に適しています。

歯と歯茎の境目を切除して歯の面積を大きくすることで、人から見える歯茎の幅を狭めることが可能です。
麻酔を用いた短時間の施術なので痛みが少なく、極細の糸を使用するので傷跡も目立ちません。

ボトックス治療

上唇を引き上げる上唇挙上筋などの筋肉が強すぎる場合も、ガミースマイルが起きるといわれています。

以前から眼科・神経内科どの治療にも用いられてきたボトックスは、筋肉を弱める効果があるとされており、上唇挙上筋などの筋肉に注入することでガミースマイルの改善が期待できます。

ただし、ボトックス注射は一般的には4~6か月程度で薬剤の効果がなくなるといわれており、再度ボトックス注射を行わなければ、元のガミースマイルに戻ってしまうリスクがあります。

(まとめ) 女性に多い印象があるガミースマイルの原因と矯正・治療方法

1.ガミースマイルは女性に多いのか

ガミースマイルのなりやすさに男女差があるという科学的根拠はありません。
しかし、男性よりも女性の方が歯並びや容貌を気にする人が多く、ガミースマイルを必要以上にコンプレックスに感じる女性もいます。

2.ガミースマイルの原因

笑ったときに歯茎が3mmよりも多く見える場合は、一般的にガミースマイルといわれています。
ガミースマイルの原因は、骨格や歯の大きさ、歯並び、口元の筋肉などが関係しています。
治療には歯科や口腔外科で原因を確認することが必要です。

3.ガミースマイルであることのデメリット

ガミースマイルを気にしないという人もいますが、歯茎が見えることが審美的にコンプレックスになり、積極性が出せない人も少なくありません。

歯並びや顎の骨に異常がある場合では、ガミースマイルだけでなく虫歯や歯周病などを引き起こしていることもあるため、積極的な治療が必要といえるケースもあります。

4.ガミースマイルの原因治療法

ガミースマイルの治療法は原因ごとに最適な施術が変わります。
もし治療を検討しているのであれば、専門の歯科医に相談して原因に合った治療法を提案してもらいましょう。

2794
Return Top