前歯のレジンが取れたらどう対処すればいい?

前歯のレジンが取れたら、はめ直さずにクリニックを受診するのがベターです


食事をしている時や歯を磨いているときなどに、突然前歯のレジンが取れたというケースは少なくありません。

詰め物が取れることで不安に思う気持ちは分かりますが、取れたレジンをはめ直すことはやめましょう。

取れたレジンをきちんと保管しておき、クリニックを受診することをおすすめします。

また、受診するクリニックは詰め物をしてもらった所でなくても問題はありません。

前歯のレジンが取れても無理に入れ直さないようにしましょう

堅いものを食べたときや歯ブラシを当てたときなどに、突然前歯のレジンが取れてしまうことがあります。

治療で詰め物をしたはずなのに、歯と歯の隙間に空間ができてしまうことで違和感を覚えたり、不安になったりする方もいるでしょう。

しかし、そんなときに慌てて取れたレジンを無理やりはめ直すようなことはしない方が良いです。

医師の技術を用いずにレジンを入れることは難しく、自分ではめ直すことでレジンを変形させてしまう、歯や歯茎を傷めてしまうなどの恐れがあるからです。

また、一時的にレジンをはめ直すことができたとしても、なにかの拍子で再び取れてしまう可能性が高いです。

最悪の場合、レジンを誤飲してしまう可能性もあります。

治療で詰め物をした箇所のレジンが取れた後、長期間放置しておくと虫歯になりやすくなると考えられます。

そのため、レジンが取れたときは速やかにクリニックを受診することをおすすめします。

受診するクリニックは詰め物をしてもらったところでないといけないというわけではありません。

ご自身の都合に合った信頼できるクリニックを選びましょう。

取れたレジンは捨ててしまわず、大切に保管しておきます。

状態が良ければ、そのまま入れ直してもらうことが可能です。

前歯のレジンが取れたときの対処法はさまざまです


「前歯のレジンが取れたけど、すぐにクリニックを受診することができない」という方もいることでしょう。

前歯のレジンが取れてからクリニックの受診までに日にちが空いてしまう場合、歯を傷めないような対処を行う必要があります。

ここでは、前歯のレジンが取れた後に行うべき対処法についてご紹介します。

歯磨きを丁寧に行う

レジンが取れたからといって、歯磨きをしていけないわけではありません。

むしろ、レジンが取れた箇所は普段よりも丁寧に歯磨きを行った方がよいと考えられています。

詰め物がない状態の歯は虫歯にもなりやすいため、食べカスなどが残らないよう気を付けましょう。

かたい食べ物を避ける

レジンが取れた箇所の歯はほかの歯に比べて弱くなっているといえます。

そのため、レジンが取れた歯に負担がかかるようなかたい食べ物は避けましょう。

最悪の場合、歯が欠けたり割れたりすることもあります。

冷たいものや熱いものに注意する

レジンが取れた部分の歯は削られていることが大半です。

そのため、象牙質がむき出しになっており、普段より刺激に弱いといえます。

冷たいものや熱いものに触れると痛みを感じるため、温度に注意しましょう。

歯の詰め物にもさまざまな種類があります

レジンというのは、歯の治療を行ったときに使用する詰め物のことを指し、虫歯の治療では「コンポットレジン」と呼ばれるプラスチック素材が用いられることが多いです。

そしてもう一つ、「セラミックインレー」と呼ばれるセラミック素材の詰め物も歯の治療で用いられることが増えてきています。

ここでは、それぞれのメリットや特徴についてご説明します。

コンポットレジンは費用を抑えることができる

英語でコンポジット=混合の、レジン=樹脂(プラスチック)を表しているのがコンポットレジンです。

プラスチックのほかにフィラーという成分が混同されてつくられているといいます。

光を当てることで固まり、歯を削る量も少なく済むという特徴があります。

また、保険適用となることが多く、白い色の詰め物でありながら費用を抑えられるというメリットがあります。

セラミックインレーは審美性が高い

陶材でつくられているセラミックインレーは、コンポットレジンに比べ強度が高く長持ちするという特徴があります。

自然の歯に近く、透明感が表現できるため、審美性に優れているというメリットがあります。

さらに、歯との接着度が高いため、虫歯になりにくくなると考えられています。

(まとめ)前歯のレジンが取れたらどう対処すればいい?

1.前歯のレジンが取れたら、はめ直さずにクリニックを受診するのがベターです

突然、前歯のレジンが取れてしまったときは、取れたレジンを自分ではめ直すことはしない方が良いです。

取れたレジンを保管し、ご自身の都合に合ったクリニックを速やかに受診しましょう。

2.前歯のレジンが取れても無理に入れ直さないようにしましょう

前歯のレジンが取れたからといって、慌てて自分ではめ直すことはしないでください。

レジンの変形や歯や歯茎を傷める原因になることがあります。

取れたレジンを失くさないよう保管し、速やかにクリニックを受診しましょう。

3.前歯のレジンが取れたときの対処法はさまざまです

前歯のレジンが取れてからクリニックの受診までに日数が空く場合、歯を傷めないような対処法を実践するようにしましょう。

普段よりも丁寧に歯磨きを行うこと、かたい食べ物を避けること、冷たいものや熱いものに注意することなどが挙げられます。

4.歯の詰め物にもさまざまな種類があります

コンポットレジンに代表されるレジンのほかにも、セラミックインレーと呼ばれる詰め物が用いられることがあります。

コンポットレジンには費用を抑えられるというメリットがあり、セラミックインレーには審美性が高いというメリットがあります。

6727
Return Top