前歯がしみる原因とその対策とは?

前歯がしみるのは虫歯や知覚過敏などの原因が考えられます


前歯がしみる原因として主に虫歯や知覚過敏が考えられます。

虫歯は糖分を大量に摂取することで細菌が増加することが原因の一つとして考えられるのです。

また、知覚過敏はエナメル質が薄くなることが原因として考えられるでしょう。

しみないための対策としては、虫歯や知覚過敏の予防を意識して行うことと言えます。

ただ、もしすでに虫歯や知覚過敏になっているのであれば、セラミッククラウンなどで改善が期待できるのです。

前歯がしみるのは主に虫歯や知覚過敏が考えられます

前歯がしみる原因として主に虫歯や知覚過敏が考えられています。

まず虫歯ですが、口の中には三億もの細菌がいると言われていますが、その中でもミュータンス菌と言った虫歯菌が増えることで虫歯につながると考えられているのです。

また、虫歯になりやすい人として、生まれつきや病気によって歯がもろい、弱い人が挙げられるでしょう。

他にも糖分は虫歯菌のエサになると言われており、多く摂取すれば虫歯菌の増殖につながると言われています。

さらに、歯垢が長時間歯に付着をしていると虫歯になるリスクが高まると考えられているのです。

一方、知覚過敏も歯がしみる原因につながると言われています。

歯の表面はエナメル質であり、それが薄くなることで外部からの刺激に敏感となると考えられています。

エナメル質が薄くなる原因は複数あり、例えば日常的に歯を噛みしめることが多い、睡眠時の歯ぎしりによって歯が摩耗することなどが考えられます。

また、酸が含まれた飲食物も歯のエナメル質が溶ける原因につながります。

さらに歯周病によって歯茎が下がることや、固い歯ブラシを使って強く歯を磨くことなどが、エナメル質が摩耗する原因として考えられているのです。

しみないためには虫歯や知覚過敏を予防することが大切です


歯がしみないようにするためには、虫歯や知覚過敏を予防することが大事になってきます。

例えば虫歯でしたら、栄養分である糖分を控えることが挙げられるでしょう。

歯は、唾液の中のカルシウムなどで再石灰化をして、溶けた歯を修復する機能があります。

通常であれば、この機能のみで虫歯を予防できると言われているのですが、あまりにも糖分をしょっちゅう大量に取ってしまうと、修復より歯が溶けるスピードの方が早くなってしまい、結果、虫歯になってしまうのだと考えられているのです。

そのため日頃から糖分をたくさん取っているのであれば、少し控えた方が良いと言えるでしょう。

また、仕事中、力を入れるため歯をくいしばりがちな方も注意してください。

歯の根元が削れるリスクが高くなるので知覚過敏になりやすいと言われています。

その他の予防法としては、ガムなどを噛んで唾液を多く出してミネラル分を補う、知覚過敏用の歯磨き粉などで歯磨き時をすることなども効果が期待できるでしょう。

セラミッククラウンなどが審美的な面でも改善が期待できます

虫歯や知覚過敏の予防をしてもなかなか改善できないなら医療的な施術を検討してみてください。

特に虫歯など初期以上に進行しているなら、自然に回復する可能性はほとんどないと考えられます。

前歯だけではなく他の歯もぼろぼろになっている場合、審美的な問題も出てきます。

もし虫歯などで歯がしみるのでしたら、セラミッククラウンなどで改善が期待できるでしょう。

セラミッククラウンの場合、天然歯のような透明感がメリットですから施術をしていることがばれにくいことが挙げられるのです。

また、自然な歯と異なり、食べ物の色素や歯石がつきづらいので虫歯や歯周病予防にもつながると言われています。

さらに、歯並びの改善につながるのもメリットの一つでしょう。

ほかにも、コンポレットレジンという歯科用のプラスチックも改善が期待できると言われています。

もっと審美的な面でこだわりたいのでしたらセラミックインレーなども施術の一つとして挙げられます。

これはセラミックの詰め物で、変色も少なく天然歯レベルの硬さがあると言われています。

このように前歯がしみる場合の施術は複数あります。

医師にしっかりと相談し、自分に適した施術で改善を目指しましょう。

(まとめ)前歯がしみる原因とその対策とは?

1.前歯がしみるのは虫歯や知覚過敏などの原因が考えられます

前歯がしみる原因として虫歯や知覚過敏の可能性があります。

そのため、しみないための対策としては、これらを予防すること大切だと言えるでしょう。

もしすでになっているのなら、セラミッククラウンで改善が期待できます。

2.前歯がしみるのは主に虫歯や知覚過敏が考えられます

歯がしみる原因として虫歯や知覚過敏が考えられています。

例えば糖分を大量に摂取すると虫歯菌が増えて虫歯になりやすいと言われているのです。

また、知覚過敏はエナメル質が薄くなることで生じると考えられています。

3.しみないためには虫歯や知覚過敏を予防することが大切です

歯がしみることの対策として、虫歯や知覚過敏の予防があります。

糖分を摂取することを控える、歯のエナメル質が削れないように気をつけるなどが効果的でしょう。

ガムを噛んだり、知覚過敏用の歯磨き粉を利用したりするのもおすすめです。

4.セラミッククラウンなどが審美的な面でも改善が期待できます

虫歯や知覚過敏予防をしても改善できないなら医療的な施術が必要になる場合もあります。

その際、セラミッククラウンにより改善が期待できます。

またコンポレットレジンやセラミックインレーも有効と言われる施術です。

10730
Return Top