前歯が1本だけ出てるのをきれいな歯並びにできる?

前歯が1本だけ出てる場合には歯並びを矯正することで改善が期待できます


奥歯の噛み合わせに問題はないのに前歯が1本だけ出てるような、前歯の一部分だけ歯並びに問題が生じていることがあります。

歯並びが悪い場合には、頭痛や肩こり、全身の歪みの原因になるなど、さまざまな問題が生じる場合もあるのです。

このような歯並びの改善には、歯科矯正やセラミック矯正などの施術が適しているといえます。

前歯が1本だけ出るように歯並びが悪くなる原因には遺伝や癖などがあげられます

歯並びが悪くなる原因にはさまざまなものがありますが、主な原因には、生まれつき歯や顎の大きさ、形などが原因となる場合や小さい頃から歯並びに悪い影響を及ぼす癖があることなどがあげられます。

顎が小さい場合には、顎に歯が並ぶスペースが少ないため生えてくる歯がきれいに並ぶことができなくなって、後から生えてくる歯が歯列から外れて生えてしまうという可能性があります。

顎が小さくなる原因には、親からの遺伝が原因の場合や、食事のときによく噛む習慣がなかったためあごが未発達で小さいままになっている場合などがあります。

よく噛む必要のない食べ物を多く食べている方は、よい歯並びのためにもよく噛んで食事をする習慣を身につけるようにするといいでしょう。

ほかにも爪を噛む癖や頬杖をつく癖がある、つい前歯を内側から舌で押してしまうなどさまざまな歯によくない習慣を行っていることで徐々に全体の歯並びが悪くなる可能性があります。

歯並びの悪さには歯科矯正の施術が適していますが、全体的に歯並びが悪いわけではなく、歯が1本だけ出ているように部分的に歯並びが悪いときには、一部分だけを矯正する施術が適する場合もあります。

前歯が1本出ている歯並びでは審美的な問題などが生じます


歯並びが悪いために歯が全体的にでこぼこになっているという状態ではなくても、前歯は目立つ場所なので出ている前歯があるととても気になります。

前歯の歯並びが悪いと、笑ったときに歯並びが周りにみえてしまうため、それが気になって自然な笑顔になることができなくなる場合などもあります。

八重歯も前歯が1本だけ前に出ている歯なのですが、日本では八重歯は可愛いといわれることもありそれほど審美的には気にならないかもしれません。

ただし、見た目が気にならないこともある八重歯のような場合でも、歯と歯の間に隙間ができたり歯が重なっている場所は、歯磨きがしづらいために虫歯や歯周病になりやすいという問題が生じたり、他の歯のよりも出ている歯があるために口の中を傷つけて口内炎ができやすくなるということもあります。

歯並びが悪い場合には、通常の働きができない歯があることで他の歯に負担がかかりすぎる可能性があったり、噛み合わせが悪いためにだんだんと顔や身体全体にゆがみが生じてきたりするという場合もあるので、一度歯科医で噛み合わせをみてもらったほうがいいでしょう。

前歯の歯並びだけが問題のときには部分的な矯正で改善される場合があります

前歯の歯並びの問題は、歯科矯正や部分矯正、セラミック矯正などでの改善が期待できます。

全部の歯並びを改善する矯正は余分な歯を抜いてから全ての歯をワイヤーで固定します。

対して、奥歯の歯並びに問題がない場合に可能なときもある部分矯正では、余分な歯をけずってから必要な部分だけにブラケットをつけてワイヤーで固定することになります。

歯科矯正は数年かかり、部分矯正は個人差はありますが1年程度で終了して全体の矯正よりも費用が安くすむ施術です。

ただし、歯列に八重歯が入る場所がほとんどないような場合や全体的な噛み合わせに問題があるときなどには部分矯正はできません。

ほかにも問題がある部分の歯を削り、セラミッククラウンを被せて歯の大きさや向きを改善する、セラミック矯正も適した施術といえます。

セラミッククラウンはさまざまな歯並びの状態に対応できる施術といえます。

施術は数ヶ月の短期間で終了し、施術中は仮歯で通常通りの生活を送ることができるので周りの目が気になることもありません。

歯を削らなければならないというデメリットはありますが、歯の色や大きさまで希望に近づけられるという多くのメリットがある施術です。

(まとめ)前歯が1本だけ出てるのをきれいな歯並びにできる?

1.前歯が1本だけ出てる場合には歯並びを矯正することで改善が期待できます

奥歯の噛み合わせが合っていても前歯の一部分の歯並びに問題が生じている場合があり、歯並びからさまざまな問題が生じる心配もあります。

歯並びの問題は矯正などの施術で改善が期待できます。

2.前歯が1本だけ出るように歯並びが悪くなる原因には遺伝や癖などがあげられます

親からの遺伝により歯や顎の大きさに問題がある場合、食べ物をよく噛む習慣がないために顎が未発達な場合などに歯が並ぶスペースがなくなり、歯列から外れて歯が生えることがあります。

3.前歯が1本出ている歯並びでは審美的な問題などが生じます

前歯は目立つ場所なので出ている前歯があると気になる場合があります。

見た目が気にならない場合でも、歯の間に隙間があるなどの理由から虫歯や歯周病になりやすく、口の中に傷がつきやすいという問題が生じます。

4.前歯の歯並びだけが問題のときには部分的な矯正で改善される場合があります

前歯の歯並びの改善には歯科矯正や部分矯正、セラミック矯正などの施術が適しているといえます。

歯科矯正は全体の歯並びの改善に、部分矯正は前歯のみの歯並びの改善、セラミッククラウンはさまざまな状態の歯並びの改善に適している施術といえます。

13336
Return Top