マウスピース矯正(インビザライン)の症例が豊富なドクターをサイトで探す方法

マウスピース矯正(インビザライン)の症例が豊富なドクターをサイトで探す方法
インビザラインは世界100か国以上で行われているマウスピース型矯正です。
目立ちにくいマウスピースのため、見た目を気にせず美しい歯並びを目指すことができます。
しかし、高度な施術になるため歯科医にも経験や知識が求められます。

この記事ではインビザラインのメリットや施術の流れ、インビザドクターを探せるドクターサイトをまとめました。

マウスピース矯正(インビザライン)とは

マウスピース矯正(インビザライン)とは
歯科矯正といえばワイヤーやブラケットを使うものをイメージする人は多いでしょう。
しかし、インビザラインのマウスピース矯正は全く違います。

インビザラインの特徴

マウスピース矯正はプラスチック製で透明素材のマウスピースを付けて歯を動かす歯科矯正です。
マウスピース矯正にはいくつかの種類がありますが、その中でも症例が多く世界100カ国以上で取り入れられているのがインビザラインです。

インビザラインはアメリカ、ヨーロッパなどでは医療機器として取り扱われ、2020年1月までに世界で800万人以上が治療を受けました。

インビザライン治療のメリット

インビザラインのメリットの一つが、治療のゴールを3Ⅾコンピューターで事前に確認できる点です。
シミュレーションしながらゴールを明確化して医師と共有し、矯正していくことができます。

インビザラインの装置は透明で卵パックほどの厚さで、口を開けても気づかれにくい矯正器具です。
圧迫感や痛みが少なく自分で取り外すことができるので、食事や歯を磨くときは取り外して普段の状態で行うことができます。
また、金属不使用なので金属アレルギーの人でも安心して治療することができます。

インビザライン治療のデメリット

インビザラインのデメリットは1日20時間の装着が必要という点です。
つまり食事や歯を磨く時以外はずっとマウスピースを付けていることになります。
設定された時間を守らないと計画通りに歯が動かず、治療が長期化することもあります。

また、口内の状態によってはインビザラインが適さないケースもあります。
前後左右にあごがずれている、重度の不正咬合などの場合はワイヤー矯正を併用することもあります。
インビザラインで矯正できるかどうかは医師の正確な見極めが必要です。

治療の流れ

インビザラインは治療のはじめに一度歯型を取ります。
それをコンピューターで3Ⅾにして理想の歯並びまでの動きをシミュレーションします。
そのシミュレーション結果から、動きに対応させたマウスピースを20~25個作り、順番通りに装着して歯を動かしていきます。
1つのマウスピースを装着するのは2週間ほどです。

マウスピースを初めて受け取るときには、使用方法や注意点などの指導があります。
マウスピースを装着し始めてからは、1~2か月に1度の通院で経過観察することになるでしょう。
治療期間は2年程度といわれています。
治療後にはリテーナーという保定装置を使って、歯が元の場所に戻らないようにします。

マウスピース矯正(インビザライン)で失敗すること

インビザラインは治療のゴールをシミュレーションして行うため、失敗がないように感じられるかもしれません。
しかし、インビザライン矯正にも失敗の可能性はあります。

どういった失敗があるのでしょうか。

患者側の原因

取り外しできることはインビザラインの大きなメリットです。
しかし、自由に外すことができるというのは、患者自身の自己管理が重要ということでもあります。
1日20時間以上の装着や指導によるゴムかけを怠った場合、シミュレーションしていた治療結果が得られないことがあります。
インビザラインは決められた期間ごとに新しいマウスピースに交換しますが、これもきちんと守らないと計画通りに治療が進まなくなってしまいます。

歯科医師側の原因

インビザラインは3Ⅾシミュレーションで治療計画を立てます。
しかし、これはあくまでコンピューター上のものなので、治療が思うように進まないこともあります。
そのような場合は医師の判断によって治療計画を修正しなくてはなりません。

治療計画の変更には、歯科矯正の高度な知識や経験が必要です。
歯科医師の判断次第で、思ったような結果にならないこともあり得ます。

実績や経験の豊富な歯科医を選択することが非常に重要

インビザラインの施術はどの歯科医師が担当しても同じとは限りません。
シミュレーションをする際には、歯科医師の経験による判断も重要になります。

インビザラインの歯科医院選びをするときにはインビザドクターが在籍しているか、症例が多いかどうかを確認してから決めるようにしましょう。

インビザラインの症例数が多いインビザドクターとは

インビザラインは世界100カ国以上の国々で2020年1月までに800万人以上の患者が治療を受けている最先端の治療です。

インビザラインを取り入れている歯科医院選びをするときに注目したいのが、インビザライン認定医です。
インビザドクターの基準はインビザラインの治療経験数が50症例以上となっています。
症例が多く治療計画や途中経過なども想定通りに進められる、高い結果を導くことができるインビザラインのエキスパートです。
さらにインビザドクターの中にもランク付けがあります。

インビザスーパードクター

インビザライン治療経験数が50症例以上。
インビザライン矯正において、確実な治療計画を立てるために必要な経験値数を満たしていることが基準です。

インビザゴールドドクター

インビザライン治療経験数が100症例以上。
より的確な治療が行える経験値数の基準を満たしています。

インビザプラチナドクター

インビザライン治療経験数500症例以上。
よりプロフェッショナルな治療が行える経験数を満たしているとされています。
インビザラインは審美性が高く、患者それぞれのニーズをどれだけ忠実にかなえられるかという点がポイントです。

インビザプラチナドクターはプロとして高いクオリティの施術が可能と考えられます。

インビザドクターを探せるサイト

インビザラインでは治療計画を立て、事前に歯の動きを確認することができることがメリットです。
しかし、治療計画を間違えてしまうと、思ったような結果にならないことがあります。
インビザラインを受けるときには、インビザラインの経験が豊富でレベルが高い施術を提供している歯科医院を選ぶことをおすすめします。

インビザライン専門医紹介サイト「インビザドクター」http://www.invisa-doctor.jp/では専門知識があるインビザドクターを探すことが可能です。

「インビザドクター」では50症例以上の歯科医師・医院情報のみを掲載しています。
地域から探すことができるうえ、インビザドクターとしてのランクも紹介しています。
インビザラインを受ける人が増えている一方で、インビザラインで失敗したケースも増加しています。
このような現状を踏まえ、しっかりと情報を収集してインビザラインの知識と経験が豊富な歯科医院を選ぶようにしましょう。

まとめ

1. マウスピース矯正(インビザライン)とは

インビザラインとは取り外し可能な透明のマウスピースを使った歯科矯正です。

2.マウスピース矯正(インビザライン)で失敗すること

インビザラインは患者側自身の自己管理が重要です。
また、確かな治療計画が立てられる歯科医師でないとミュレーション通りの結果にならないことがあります。

3.インビザラインの症例数が多いインビザドクターとは

インビザドクターとはインビザラインの治療数が50症例を超えるドクターです。
インビザドクターの中でも、知識経験に応じてインビザスーパードクター、インビザゴールドドクター、インビザプラチナドクターがいます。

4.インビザドクターを探せるサイト

「インビザドクター」では全国のインビザドクターとそのランクを調べることができます。
インビザラインでの失敗を避けるためにも、高い知識や経験を持つ医師を探すようにしましょう。

98
Return Top